【2017年ドラフト】ドラフトまとめ

NFLドラフト2017年
やだ、トレード多すぎ!

白熱の3日間、NFLドラフトが無事(?)終了。では、まとめてみましょう。

[SPONSORED LINK]

過去最多の入場者数とトレード数

今回はドラフトは フィラデルフィア美術館前広場で開催され、観客数はなんと25万人。これはドラフト史上最高の観客動員数を記録したのとの事です。

2017年 NFL ドラフト フィアデルフィア美術館前広場

 

そして、ドラフトを見ていて「トレード多いなぁ」と思った人も少なくなかったでしょう。今回のドラフトで発生したトレード37回は過去最多記録なのです。
(前の記録は2008年の34回)

 JETSのトレードも後半はダウンとアップが入り混じってグシャグシャで、いつの間にか7巡目が無くなっていました。

JETSのPICKまとめ

ドラフトのPICKは日ごとに記事にしてきましたが、まとめて見てみましょう。

参考リンク:

 

ニューヨーク・ジェッツ2017年ドラフトの収穫

1(全体6)S”ジャマール・アダムス(Jamal Adams)

2(全体39)S”マーカス・メイ(Marcus Maye)

3(全体79)WR”アーデアリウス・ステュワート(ArDarius Stewart)

4(全体141)WR”チャド・ハンセン(Chad Hansen)

5(全体150)TE”ジョーダン・レジェッツ(Jordan Leggett)

5(全体181)DL/OLBディラン・ドナヒュー(Dylan Donahue)

6巡目(全体188)RB”イライジャ・マグワイア(Elijah McGuire)

6巡目(全体197)CB”ジェレミー・クラーク(Jeremy Clark)

6巡目(全体204)CB”デリック・ジョーンズ(Derrick Jones)

 

→本来は7回のPICKが9回に増えました。

3巡が1つ無くなった代わりに存在しなかった4巡が現れ、5巡1回と6巡2回が増加。そして7巡目1回が消滅。

7が9に増えるなんて、まさに現代の錬金術。何がどうなったか、追いかけるのが面倒なので、この事実だけ受け止めましょう。
(手抜き)

 

まず特徴的なのが見てのとおり1・2巡でS、3・4巡目でWRという上位、中位は同じポジションを連続PICK。

さらに最後にCBを連続PICKという同ポジションを集中的に狙いました。

しかもSに関しては、2015年ドラ1のSS”カルビン・プライアー”と、チャージャーズが2011年ドラ2で獲得し、2015年にJETSと4年契約したS”マーカス・ギルクライスト”がいるにも関わらず、SSとFSの両方の先発を埋めるが如くのPICKです。

 WRに関しては、現在の先発WR”エリック・デッカー”とWR”クインシー・エヌンワ”がともにJETSに来たのが2014年。

最重要ニーズでもないポジションを上位で固めてPICKするところを見ると、以前にも言いましたが、現GM”マイク・マッカグナン”は前GM”ジョン・イジク”の遺産「イジクチルドレン(勝手に命名)」の排除に乗り出したとも見えます。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 

QBは獲得しませんでしたが、この傾向を見ると先発は2016年ドラ2で獲得した”クリスチャン・ハッケンバーグ”であり、2015年ドラ3で獲得した「イジクチルドレン」である、QB”ブライス・ペティ”も排除されるように思えます。
(まぁ、ペティは昨シーズンの結果や負傷の多さからも信用はできないですし)

そして噂では、S”カルビン・プライアー”、DE”シェルドン・リチャードソン”、QB”ブライス・ペティ”はトレード候補だとか。

HC”トッド・ボウルズ”のクビが賭かっている今シーズン、容赦のない本気が見られます。

 

蛇足ですが、OLは取りませんでした。昨シーズンの中盤戦から継続しているLT”ライアン・クレディ”とC”ニック・マンゴールド”を負傷で欠いたユニットで十分戦えると判断したのでしょう。

長いJETSファンとしては、ファーガソンとマンゴールドが抜けたOLなんて、トータス松本とジョンBが抜けたウルフルズみたいなものだと 心配していましたが、既に世代交代は完了していたようです。
(例えがおかしい)

ドラフト外から5人と契約

ドラフトが終われば、次はドラフトにかからなかったお宝の奪い合いになります。

NJ.com より現時点でのドラフト外獲得選手を、そのままコピペいたします。

ニューヨーク・ジェッツ2017年ドラフト外の収穫(2017/5/2現在)

QUARTERBACKS

RUNNING BACKS

RECEIVERS AND TIGHT ENDS

OFFENSIVE LINEMEN

DEFENSIVE LINEMEN

LINEBACKERS

DEFENSIVE BACKS

 

→ドラフト外でQB獲りましたね。JETSではあまり見ない傾向です。

ドラフト外をバカにしてはいけません。”トニー・ロモ”だって”カート・ワーナー”だって元はドラフト外。しかも、JETSのカスカスのQB陣において成り上がるチャンスは十分にあります。

頑張れ!

保存

保存

  1. 緑の飛行機 より:

    次の日が日曜で休みったので3日目、全部見るという挑戦してみました!
    4巡目でも盛り上がっているのはやはりNFLの凄さと改めて感じました。
    各チームの地元でやったいたり面白かったです!
    レイダースはラスベガスから。ジャガーズはイギリスからも発表してました。

    フィラデルフィアの会場ではまぁ、ブーイングが凄い凄い(笑)
    ダラス・ワシントン・ジャイアンツの時のブーイングは凄いのは分かりますが(いや、ファンがファンにブーイングすんなよって思いましたけどね。)

    他のチームにもブーイングの嵐。

    アメリカのドラフトもレヴェェェルの違いに驚かされた。そんな3日目でした(^o^)

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      最終日を全部見るというのは、なかなかタフですね。
      各チームのスカウト陣もその間は休めないわけで、いかにキツイ仕事だと分かります。
      さらに下位で指名を待ってる選手たちも気持ちが休まらないでしょうね。

      ブーイングに関しては深い意味なくアメリカ人は好きですね。オーランドにプロレス見に行ってましたが、何かとつけてブーイング。とにかく騒いで盛り上がりたい人種なのです。
      だとしても、ドラフトなのに25万人も見に来る意味が分かりませんね。

  2. 北ボストン宰相 より:

    パーマーは全体一位のQBでっせ。
    たぶん、言いたかったのは
    カートワーナーですね。

    1. JETS狂 より:

      北ボストン宰相さん>
      あ。カーディナルスの過去QBがめちゃくちゃに。そうですワーナーです。
      最近、間違いが多い!!

  3. 緑の飛行機 より:

    午前1時から始まってMr.irrnlevantの発表が午前7時45分頃でした。ハードでしたね。

    トレードアップ・ダウンがありますからね。球団関係者も凄い大変だと思います。

    もちろん、NFLNetworkの解説してる人たちも大変だと思いました。

    確かに25万は凄いです。日本のドラフトでは考えられませんね

    1. JETS狂 より:

      緑の飛行機さん>
      長丁場の上にトレードが頻繁だと分けわからなくなりますね。
      寝ぼけてたら時間切れになったり、指名したら既に獲得されていたとかになりそうです。
      それにしても25万ですよ。普通にフェスレベル。とにかく集まって盛り上がりたいのでしょうね。

      1. 緑の飛行機 より:

        ipadで映像をiphoneでNFL公式アプリでpick欄見てたのですが、一瞬にしてトレードされてるので驚きますよ。
        ジェッツは確かに結構してたように思います。

        1. JETS狂 より:

          緑の飛行機さん>
          記事のとおり何がどうPICKが移動したか全く迷子になり、PICKの動きを追いかけるのはやめました。
          PICKの経緯より結果が全てです!

  4. ツヨシ より:

    UDFAから成り上がってほしいですね!

    1. JETS狂 より:

      ツヨシさん>
      もうドラフト外が化けるシンデレラストーリーに賭けたくなります。
      ポジションはどこでもいいから、ダイヤの原石であってくれ!!

コメントを残す

CAPTCHA