【マッデンの呪い?】ジゼル・ブンチェンがトム・ブレイディの脳震とう歴を暴露

ブレイディ ジゼル・ブンチェン 脳震とう
空前絶後の~大暴露~

遅れたニュースになりましたが、これは取り上げねばなりません。

“トム・ブレイディ”の妻であり、スーパーモデルである”ジゼル・ブンチェン”がインタビューにて「昨年(2016シーズン)にブレイディが脳震とうを患っていた」と発言したのです。

早くもマッデン呪い発動か!?

[SPONSORED LINK]

トム・ブレイディに脳震とう隠蔽容疑

詳しい話は生沢弘さんの素晴らしいコラム を参考にしてもらうとして、この話題を私なりに簡単に説明します。

現地5月17日のCBSテレビニュースにて”ジゼル・ブンチェン”が番組司会者に、過去に”トム・ブレイディ”が「ジゼル・ブンチェンから引退を勧められた」と発言していた件に関して質問されたところ、”ジゼル・ブンチェン”は ブレイディの健康を心配しすぎたためか、「去年、ブレイディは脳震とうを患っていた。」「これまでに何度も」と、ブレイディが近い過去に数回も脳震とうを患っていたことを発言したのです。

これの何が問題かと言いますと、近年のNFLは脳震とうに厳しく、脳震とうを患った場合は申告し公正な立場である第三者のドクターの診断を受けてOKが出るまで練習や試合に出れないルールがあるのです。

しかし、リーグは「ブレイディが過去17年間、脳震とうを起こした記録はない。」と発表。ブンチェンの発言が本当ならば、ブレイディは脳震とうを隠蔽し、NFLの規律を破る背任行為を行った事になります。

 

ブレイディや代理人はブンチェンの発言に対してコメントを拒否。過去の事で立証は難しいのですが、今後、リーグはドクターやチームメイトから情報収集し、ブレイディが脳震とうを患っていたことが事実であるかの捜査を行います。

脳震とうを隠していたことが事実の場合、現時点ではどのような罰則があるのかは分かりませんが、ブレイディはまたもキャリアに汚点を残すことになります。
(まぁ、どうせ今回も うやむや にするんでしょうけど)

 

かつてから このブログでは「スパイゲート事件」「デフレゲート事件」など数々のペイトリオッツとブレイディの不正疑惑を報告してきましたが、ここに来て新たな疑惑が浮上しワクワクしております。

しかも、カバープレイヤーになれば呪われるというMADDEN(マッデン) NFL 18 のカバーにブレイディが採用された事が先日発表されたばかりです。

加えて、ブレイディは『マッデンの呪い』に対して「呪いなんて迷信だ」と発言した動画をUPし、呪いに挑発的な態度をとりました。これが『マッデンの呪い』の怒りをかって、ジゼル・ブンチェンの口を滑らかにしたのでしょうか。

なんにせよ、NFLって いろんな意味で面白いですね~。

  1. YM5 より:

    ルール違反といえばルール違反ではありますが、これはブレイディのみならず他のチームでも恐らく行われている行為であり、JETSもファーブの負傷を隠していた過去がありましたよね。

    ペナルティがあるとして罰金で、出場停止はない、あっても処分の基準をはっきりさせる一例として1試合程度でしょう。

    証拠という意味では
    例えばブレイディが頭痛に悩まされていてチームドクターから薬を貰っていたなら分かりません(風邪を引いた、頭が痛いという理由で市販薬を自分で買って使うのは日本の柔道選手が国際大会で出場停止を食らったように完全NGです)が

    ブレイディorジゼルが薬を買ったりチームから処方されていたという証拠を探すために調査チームを作って、一人を処分するためだけに高いお金を使うのはさすがにバカだと思います。

    結局のところ全チームに医師を派遣して試合後、もしくは火曜の練習前に脳震盪検査を義務付けるのが現実的な落としどころですね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      たしかにケガの申告隠しに関しては、特に出場停止は無かった気がしますね。
      本人からしたら脳震とうで出場停止になるのは避けたいところですが、将来的に見たらそれが原因で廃人になる可能性が高いので、ジゼル・ブンチェンの気持ちも分かります。
      ひとつ確実なことは、これで今シーズンはブレイディがサックされた後、脳震とうの疑いを常にかけられるので、ブレイディはサックを避けるために無理なプレーは出来なくなるでしょう。
      これは大きなハンデになりますね。

  2. jelt より:

    ペイトリオッツ・ブレイディ叩きも執拗になりすぎるとうんざりしますよ
    任天堂のネガティブ記事ばかりアップしてるどこぞのゲハブログみたいなノリにならないでほしいです
    ジェッツの応援がしたいのか、ペイトリオッツ憎しなのか、分からなくなってきます

    1. JETS狂 より:

      jeltさん>
      JETS応援ブログだからこその方向性ですね。JETSがまともに勝てない敵に対するヒガミであり、怨敵の失態はまさにネタの宝庫です。
      JETSのダメなところも散々書いてますし、最終的には、JETSがやられるというオチになるのが恒例のパターンですよ。
      パッツファンは、その展開も既に分かっているでしょう。

      そして ここは個人ブログ。別に私は大衆に好かれようとは思ってません。個人意見や趣向が見えないと、NFL JAPAN や、最近出てきたニュースを端的に訳しただけで何もファン熱を感じるものが無いまとめサイトと同じですから。
      結局は「イヤなら読まない」という選択権を持ってるのは、読者さんなのです。

      1. OLのBUTT より:

        贔屓チームが悲惨な状況だと、そのフラストレーションを他所にぶつけるような内容が増えてくるといった傾向は他のブログでも見受けられますね。
        「自虐ネタだから、分かってやってるから」って言ってても明らかにイラつきを隠せてないという。
        個人ブログなので趣向や意見は自由ですが、不特定多数に公開してる以上は度が過ぎたりそれはどうなの?って事に対し反発があったとしても当然ですし、それも見る側の選択肢の一つかと。
        それこそ「嫌なら特定の人だけに見せるか、辞める」という選択権を持ってるのは主さんですから。

        自分としては呪いやジンクスってあるものだと思ってますが、この件を呪いに結び付けるのはどうかなと。
        ブレイディに対するプレー制限とかは期待しない方がいいと思いますが(これも自虐ネタですか?)

      2. jelt より:

        好きなブログだっただけに残念ですね

        1. JETS狂 より:

          jeltさん>
          はい。残念で結構です。二度と見なくていいですよ。
          一瞥もくれてやる必要は無いです。
          意見までは良いのですが「見る、見ないのは個人の自由」と言ってるのに、わざわざこんなコメントを残すところにあなたの ゆがみ 具合が見えますから。
          ありがとうございました。

          1. ねくすと より:

            私はペイトリオッツのファンですが、このブログを支持してます。

            確かに、ファンとしてブレイディやペイトリオッツの成功を祈ってますが、今回のスーパーボウルの後のように余りに賞賛が高まりすぎると、一気に下り坂に向かうのではないかと、逆に心配になってしまいます。ですので、JETS狂さん程度にディスってもらった方が、むしろホっとするというか、「今に見てろ!」と闘志が湧いてきます。

            #もちろん、闘うのはファンじゃなくて、選手やスタッフ達ですが。

            このブログに、JETSとNFLに対する愛があれば、何を語ってもいいんじゃないかと、私は思ってます。

            1. JETS狂 より:

              ねくすとさん>
              行き過ぎた侮辱であるかどうかは判断し、パッツとJETSの因縁と状況を考えてネタにして書いてますので、そこは理解してほしいですね。
              顔が見えないネット社会において、自分のストレスを晴らすためにささいな事で人を叩こうとする卑怯でしょーもない人間が、世界をつまらなくしているのは確かです。
              しかもマスコミでも何でもない個人の日記みたいなのを叩いて、どうしたいのか全く理解に苦しみます。
              まぁ、しょーもない人間を理解する気も無いですが、邪魔だけはするなと思います。

  3. NFL好きおじさん より:

    やはり呪い発動の兆候ですかね〜
    ジゼルには妖怪「バクロ婆」でも取り憑いてるのか?ブレイディの子供の超高級妖怪ウォッチで友達になってもらいましょう。
    しかし冗談でいれたコメントが本物っぽくなってびっくりしてます。ある意味ネタチームでもあるPatsですが本当に呪いが発動したら恐ろしいので乗り切って欲しいです。
    2008年シーズンみたいにシーズンエンドとなり「メットライフでレストインピース」にならないことを祈願しておきます。

    1. JETS狂 より:

      NFL好きおじさんさん>
      将来ブレイディが廃人になる恐怖を考えると、ジゼル・ブンチェンの気持ちも分かります。ブレイディがどれだけムリを隠しても、家族に悟られないワケがないですから。
      実際には「呪い」という非科学的なものでなく、偶然が重なっただけ。ジンクスとはそういうものでしょうね。
      しかし、それが自然と精神的なプレッシャーを与えるために、みな呪い(ジンクス)を避けているだけだと思います。

      呪い とか、妖怪とか、霊とか、スポーツブログを書いているハズがどうしてもモノノケ方向のネタを書いてしまうのも妖怪のせいでしょうか?

  4. ガストン より:

    おそらく、多くのチームで同様のことが行われているのではと思います。

    先日引退したQBカトラーが2010年ののNFCチャンピオンシップでケガのため途中退場した際には、
    現役選手たちから批判を受けており、怪我や痛みを隠しても戦い続ける事が美徳という部分もあるのかもしれません。

    YM5さんのおっしゃる通り、試合後の脳震盪検査義務付けなど対策を講じるのがよさそうですね。

    ジセル・ブンチェンは妻として、夫の健康を気遣っただけなのかもしれませんが、
    彼女自身がとても影響力のあるスーパーモデルですので、騒ぎが大きくなった気もします。

    何よりも「ペイトリオッツ」「ブレイディ」「ルール違反」の組み合わせですから、注目されるのもしかたがありません。

    オフシーズンもジェッツ狂さんの更新を楽しみにしてます。

    1. JETS狂 より:

      ガストンさん>
      ありましたね、カトラー事件。そのときの試合のレポートもブログにあります。
      リンク:http://jets94.com/1589/
      正直、このときカトラーが批判される意味が分かりませんでした。プレーオフまでこぎつけたベテランが決断して下がるほど状態が悪いのに、なぜ外野が続行を強要するのか?
      私も批判されるときが稀に(さっき)ありますが、そこは反省すべきものは反省し、別に問題ないと思えば何もしません。そこも自己判断ということで。

      で、話を戻して、おっしゃるとおり この話題がヒートアップする理由はパッツのこれまでの事件とブレイディ&ブンチェンというタレントによるところが大きいと思います。
      罰則が何も無くとも、ブレイディのプレーに制限をかける事は確かでしょう。

  5. Kazu より:

    最初の写真美男美女ですが、ジセルブンチェンは、男顔と思うのは私だけ?カッコいい
     時々ディスってますがそんなjets狂さん面白いです。 最近ゴルストンでてきませんがw

    1. JETS狂 より:

      Kazuさん>
      カワイイというか勇ましいですよね。「強い女性」というイメージが指示されてるのでしょうね。
      そして、あまり行きすぎた表現は問題ですけど、たかが個人ブログで、面白くするための表現の自由にアレコレ言うのは何なのでしょうね。不快なら本当に見なきゃいいのに。
      ネット社会って、ちょっとでも叩くスキがあれば好き放題に自分のフラストレーションの八つ当たりの場にするので困りますね。
      ある芸能人も言ってましたが、「テレビが面白くなくなったのでなく、SNSで叩くこういう輩がテレビを面白くなくした」という意見に賛同です。
      ゴルストンは、この間のドラフト関連の記事で大活躍したので、しばらくお休みしてもらいます。本当にトラウマですので。
      ・【JETS】ドラフトヒストリー、2000年以後のドラ1を見てみよう。

コメントを残す

CAPTCHA