タイタンズを忘れない

タイタンズを忘れない
アメフト映画の王道

おそらく1番有名なアメフト映画かと思います。
なんせ製作が”パイレーツ・オブ・カリビアン”シリーズなどを手がけたハリウッドNo1ヒットメーカーの”ジェリー・ブラッカイマー”
人種差別問題を題材とした1971年のバージニア州アレキサンドリアを舞台とする実話に基づく感動作です。

[SPONSORED LINK]


▼1971年、露骨な人種差別が激しい時代にアメリカ国内では公民権運動が盛り上がり、ヴァージニア州の田舎町”アレキサンドリア”でも白人学校と黒人学校が統合された学校が設立。フットボールチームも統合され当時では珍しい白人と黒人が入り混じるチーム”タイタンズ”が誕生するが、住民達は統合に大反対。
そのさなか、これまでヘッドコーチを勤めていた白人”ビル・ヨースト(ウィル・パットン)”は敏腕黒人コーチ、ハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)にヘッドコーチの座を奪われる。選手、コーチ陣ともに相手と戦う以前にチーム内で人種差別の偏見による争いが勃発。どうなるタイタンズ??

さすが”ジェリー・ブラッカイマー”。試合シーンでは壮大なBGMと大味な映像で盛り上げます。そして、徐々にお互いを認め合い人種差別の垣根を取っ払いチームが一丸となる感動。アメフトを知らなくても万人に楽しめます。

好きなシーンは最後の対戦チームがショットガン・フォーメーションを組んだ時に「ショットガン?まるでニューヨーク・ジェッツ気取りだな」ってセリフですな。(@_@;)

[ストーリー](ネタバレあり)
――この物語は、1971年ヴァージニア州アレキサンドリアで起こった実話である。

1971年、ヴァージニア州の田舎町アレキサンドリア。アメリカ国内では公民権運動が盛り上がり、この保守的な小さな町にも変化の波が押し寄せてきた。白
人学校と黒人学校が統合され、T・C・ウイリアムズ高校が開校。フットボール・チームも統合され、《タイタンズ》が結成される。統合に反対する住民たちの
デモが起こる中、ヘッドコーチとしてやってきたのが、数々の栄光に輝く黒人コーチ、ハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)だった。これまでヘッドコー
チを勤めていたビル・ヨースト(ウィル・パットン)は自分の地位が黒人に奪われたことにショックを受ける。反動的な町の人々もヨーストを支持するが、これ
まで育ててきた選手たちのために、彼はアシスタント・コーチを引き受ける決意をする。
 チームが一丸となるため、ゲティズバーグ大学で合宿が行われることになり、生徒たちはバスで出発する。だが、偏見はなかなか消えず、ことあるたびに激し
い対立が起きる。白人のチーム・リーダー、デリー(ライアン・アースト)と黒人のチーム・リーダー、ジュリアス(ウッド・ハリス)は、さっそく殴り合いの
ケンカ。しかし、ブーンは「怒りを抑え、そのエネルギーを勝負にぶつけろ!」と訴え、軍隊のように厳しいトレーニンゲを強いる。
 ある朝、ブーンは生徒たちをたたき起こし、ゲティスバーゲの決戦場までランニングさせる。そこは、南北戦争で多くの若者の命が失われた歴史的な場所だっ
た。「5万の人間がここで死んだ。同じ戦いを、我々はまだ続けている。ひとつになる事ができなければ、我々も彼らのように終わりだ」。ブーンの言葉は若者
たちの心に深く響く。
 その日を境に、チームは確実に変わり始めた。やがて、ひとりの転校生が現れる。カリフォルニアから引っ越してきたロニー(キップ・パルデュー)。ヒッ
ピーのように長髪で、明るく自由な雰囲気を持つロニーは”サンシャイン”というニックネームをもらう。彼は茶目っけある黒人のエース・プレイヤー、ピー
ティ(ドナルド・フェゾン)のルームメイトとなった。ロニーの参加で、さらにチームは活気づく。
 町の大人たちの心の壁は消えなかったが、チームは順調にトレーニングを重ね、遂に最初の試合が行われた。相手は全員が白人のヘイフィールド校。途中でミ
スをしたピーティが試合をはずされかけたが、ヨーストの指示で配置換えが行われ、見事にウイリアムズ校の勝利。興奮にわくサンシャインはピーティを連れ
て、白人専門のパブに入るが、入店を拒否される。人種の壁はまだまだ根強かった。第2戦のハーンドン校との試合では、同点から見事に点を奪い取り、勝利。
ただ、同僚たちの活躍を見ながら、出番のまわってこないロニーは複雑な気持ちだった。早くフィールドで活躍したい!そんな彼の夢が、遂に現実となったの
は、ゲローブトン校と行われた第3戦。途中でメンバーのひとりが骨折し、彼が代理でクオーターバックとなった。”サンシャイン”の大活躍でチームは見事に
勝利。いよいよ地区大会の決勝へと進出する。
 混成チームの大躍進は、一方で偏見を拭い去れない人々の反感も買った。北ヴァーニジア地区決勝では、町の有力者の指示で審判がわざと不利なジャッジを下
す。殿堂入りが目前のヨーストは不正を見逃すように圧力をかけられていたが、純粋にフットボールを愛する娘のシェリルのためにも毅然として不正を正す。
チームは勝利を手にするが、ヨーストは殿堂入りの資格を失う。チームはいよいよ州大会へと進出し、破竹の快進撃を続ける。若者たちのひたむきな情熱に、町
の人々もいつしか心からの拍手と喝采をタイタンズにおくっていた。だが、大事な決勝戦を目前に控えた夜、誰もが予期しなかった悲劇が起ころうとしてい
た…。

[スタッフ]
監督:ポアズ・イエ一キン
脚本:グレゴリー・アレン・ハワード
製作:ジェリー・ブラッカイマー&チャド・オーメン
製作総指揮:マイク・ステンソン&マイケル・フリン
撮影監督:フィリップ・ルースロ
美術監督:デボラ・エヴァンス
編集:マイケル・卜ロニック
衣装デザイナー:ジュディ・ラスキン・ハウエル
音楽:トレバー・ラビン

[キャスト]
ハーマン・ブーン:デンゼル・ワシントン
ビル・ヨースト:ウイル・パットン
ジュリアス・キャンベル:ウッド・ハリス
ゲリー・バーティア:ライアン・ハースト
ロニー”サンシャイン”バス:キップ・パルデュー
ピーティ・ジョーンズ:ドナルド・フェゾン
エマ:ケイト・ボスワース

保存

コメントを残す