リプレイスメント(Replacements)

NFLイメージ
気絶頂期のキアヌ映画
超久しぶりのこのコーナー。今回は大ヒット映画「マトリクス」から1年後のキアヌ人気絶頂期に公開された「リプレイスメント」です。

タイトルになっている”リプレイスメント”とは、”代理選手”の意味。
プレーオフ目前で主力選手がストに入り、チーム・オーナーに泣きつかれたかつての名監督は、残る4試合を戦うため、代理選手による即席チーム作りに着手する。
そして、代理選手のQBがかつてシュガーボウル(全米大学王座決定戦)で45点差という大敗を喫し、引退したファルコ(キアヌ・リーブス)だったという内容。

一芸に秀でるもののフットボールを諦めた個性ある選手達が人生2度目のチャンスにかけます。その運命は如何に?

[SPONSORED LINK]


▼感想
落ちこぼれ達の奮闘やチアリーダーとのラブなどスポコン映画お決まりのパターンで展開が読めてしまうので、これまでのアメフト映画の中では評価は低め。ハッピーかつバッドな微妙なエンディングも何かスッキリしませんでした。
ただ、どうしても以前に紹介した「プライド」と比較してしまうので、他の映画がどうしても見劣りするのですが、普通に娯楽映画として楽しめます。機会があれば見てみる事をオススメします。

あと終始ジョン・マッデンが出てきておなじみの解説をしてくれるのも見所の一つではないでしょうか。
しっかし全員代理選手で戦うNFLって、高いチケット買ったファンから暴動が起こるんじゃないですかね(=0=;)。

▼ストーリー(ネタバレあり)
フットボール・シーズンも終盤。あと3勝すればプレーオフ出場となるにもかかわらず、ワシントン・センティネルズの主力選手が年俸アップを求めてストに
入った。チーム・オーナーのオニール(ジャック・ウォーデン)に泣きつかれたかつての名監督ジミー・マクギンティー(ジーン・ハックマン)は、残る4試合
を戦うため、代理選手(リプレイスメント)を集めての即席チーム作りに着手する。
チームの司令塔となるクォーターバックとしてマクギンティーが目をつけたのは、かつてオハイオ大のクォーターバックとして活躍し、学生選抜チームに選ばれ
ながら、シュガーボウルで大敗して引退したシェイン・ファルコ(キアヌ・リーブス)。彼は今、船の側面に付着した貝殻をこすり取る仕事をしていた。マクギ
ンティはファルコから、プロ選手にはない心意気を感じ取る。この男なら、金のためではなく、フットボールへの純粋な愛情からプレーしてくれるに違いない。


初は迷っていたファルコだったが、もう一度フィールドに立つことを決意する。実力は一流でありながらプレッシャーに弱く、ここぞという時に精神的に逃げて
しまう自分への嫌悪から愛するフットボールに背を向けたファルコ。彼にとってリプレイスメント起用は、負けグセを返上し、逃げ続けてきたこれまでの生き方
を変える最後のチャンスだった。
そんなファルコに思いを寄せるチアリーダーのアナベル(ブルック・ラングトン)。ファルコも彼女に惹かれるが、自分自身への自信のなさゆえに、いま一歩踏み出すことができない。
 続いてスカウトされたのは、俊足だけが取り柄の短距離ランナー、フランクリン(オーランド・ジョーンズ)、熱血ポリスマンのベイトマン(ジョン・ファブ
ロー)、イギリス人のサッカー選手ナイジェ
ル・グラフ(リス・エヴァンス)、刑務所服役中の牧師ウィルキンソン(マイケル・ジェイス)、再生派のキリスト教徒ウォルター・コクラン(トロイ・ウィン
ブッシュ)、ミュージシャン付きボディガードのアンドレ&ジャマール(マイケル・”ベアー”・タリフェーロ、フェイゾン・ラブ)、日本人力士のジャンボ・
フミコ(エース・ヨナミネ)など。いずれも他人に負けない能力を持ちながら、不運や、あと一歩の勇気のなさが災いして”ダメな男”の烙印を押された落ちこ
ぼれたちだ。
 ファルコだけでなく、彼ら一人ひとりにとって、リプレイスメントとはいえ数万人の観衆の前でプレーすることは”負け組”から”勝ち組”へとシフトする最
後のチャンス。順風満帆とはいえない人生を歩み、それゆえに傷や優しさを抱えた男たちの、一発逆転を賭けた挑戦が始まった…!

▼スタッフ
監督:ハワード・ドイッチ
脚本:ビンス・マケウィン
製作:ディラン・セラーズ
製作総指揮:アーウィン・ストフ、ジェフリー・チャノーフ、スティーブン・ルーサー
撮影:タク・フジモト, A.S.C.
美術:ダン・ビショップ
編集:バド・スミス, A.C.E.、セス・フローム
衣装:ジル・オハネソン
音楽:ジョン・デブニー
セカンドユニット演出/スタント・フットボール コーディネーター:
アラン・グラフ

▼キャスト
シェイン・ファルコ:キアヌ・リーブス
ジミー・マクギンティー:ジーン・ハックマン
アナベル:ブルック・ラングトン
クリフォード・フランクリン:オーランド・ジョーンズ
ジャマール:フェイゾン・ラブ
アンドレ:マイケル・”ベアー”・タリフェーロ
ジャンボ・フミコ:エース・ヨナミネ
ウォルター・コクラン:トロイ・ウィンブッシュ
ブライアン・マーフィー:デイビッド・デンマン
ベイトマン:ジョン・ファブロー
ウィルキンソン:マイケル・ジェイス
ナイジェル・グラフ:リス・エヴァンス
エディー・マーテル:ブレット・カレン
ジョン・マデン:本人役
パット・サマーオール:本人役
オニール:ジャック・ウォーデン
パイロシャウスキー:ゲイラード・サーテイン
ベインズ:アート・ラフラー

コメントを残す