JETS:”ジェイソン・テイラー”がJETSと交渉 & その他

イアンはサックに飢えている
レックス・ライアン体制がスタートした昨シーズン、JETSは変幻自在のブリッツを仕掛け相手QBのリズムをガタガタにする戦法で、リーグ1位のD#を築きました。

しかし、プレッシャーをかけるだけでサック数はイマイチ。チームでサック数1位の”カルビン・ペイス”で8サック。今世紀最大のドラフトのミスPIC”ヴァーノン・ゴルストン”は当然0サック。
サック数を増やして、さらに守備力に磨きをかけたいJETSはドルフィンズの”ジェイソン・テイラー”と交渉しました。

[SPONSORED LINK]

昨シーズン、チャンピオンシップまで進んだJETSはキャップレスイヤーの特殊ルール”ファイナルエイトプラン”により自由にUFAを獲得できません。しかし先日、K”ジェイ・フィーリー”がカーディナルスに移籍したので一人獲得できる権利があります。

そこでパスラッシュ強化のためDE”ジェイソン・テイラー”に目をつけて、交渉を持ちかけたようです。
DE”ジェイソン・テイラー”は現地7日にニューヨークに妻と訪れHC”レックス・ライアン”とGM”マイク・タネンバウム”と食事し、そのままマンハッタンで一泊しました。しかしテイラーは結論を急がず、考えるようです。

しかしJETS応援団長”ファイアーマン・エド”はこの話に「ばかげている」「実際のところ、彼はJETSを嫌い、JETSファンを何よりも嫌っている。」とコメントしています。
テイラーは数年前からライバルであるJETSへの口撃をしばしば行っており、その経緯があるためエドはテイラーを非難しています。

テイラーに関してはドルフィンズも流出を引き止める方向らしく、加えてペイトリオッツも彼を狙っているそうです。AFC東でテイラー争奪戦の幕開けとなりそうです。

▼K”クリント・Stitser”(Clint Stitser)と契約
フィーリーが抜けても事前に元カウボーイズのK”ニック・フォーク”を獲得済みなので、キッカー問題は片付いているのですが、やはり対抗馬をぶつけて先発争いをさせねばモチベーションが上がらないと考えたのでしょう。K”クリント・Stitser”を獲得しました。
彼は2003年から2007年までフレズノ州立大学のキッカーで、2008年と2009年はフットボールはやっておらず、この度NFLと初契約。本人が一番ビックリしているのではないでしょうか。

しっかし「Stitser」が読めないので、彼のカタカナ氏名づけは見事ロースターに入った時にご褒美にします。

コメントを残す