JETS:テイラーの正式契約は2年総額1375万ドル

SB制覇のために
スケジュールも発表され、いよいよドラフト前日ですが、またもテイラーのニュース。
JETSに移籍したドルフィンズ”ジェイソン・テイラー”の契約が正式に発表されました。
2年総額1375万ドル(約13億円)との事です。

メディアじゃ「JETSはスーパーボウル制覇するために悪魔とすら契約する」とか書かれてますw。

[SPONSORED LINK]

この契約は1年目は250万ドル(約2億3000万円)の保証となり、最大で375万ドル(約3億5000万円)になるとのこと。

JETSファンはテイラーのJETS入りをよく思ってないのですが、NT”クリス・ジェンキンス”は「彼の運動能力と経験と頭脳は大きなプラスになる」と好意的のようです。

しかしかつてはオールプロ6回と年間守備MVPを受賞した大ベテランも現在35歳。加えて2月に右肩の手術を受けたばかり。全盛期ほどのパワーは無いと思うので、ワタシはそんなに期待してません。
むしろ現役最多サック数127.5回を誇るそのパスラッシュ経験でゴルストンを指導してくれるほうに期待してます。。
ゴルストンもコンバインではトップクラスの身体能力を見せ素材としては十分なので、何かをきっかけに覚醒してくれればいいのですが、今シーズンで3年目。そろそろ結果を出さなきゃヤバイ。

RB”ラダニアン・トムリンソン”、CB”アントニオ・クロマティ”、WR”サントニオ・ホームズ”、そして”ジェイソン・テイラー”とAFCの各ポジションの有名人が続々とJETSに終結し、ほとんどの補強箇所を埋めてドラフトへ突入する事ができました。
テイラーは昨年はLBでしたが元はDE。しかしJETSも3-4なのでOLBになるかと思われます。やっぱりドラフトはDE狙いかと予想しています。

  1. B.C. より:

    パッシングダウンにJT、それ以外はBトーマスという使い方じゃないでしょうか。
    いずれにせよ、懸案のパスラッシャーも一応補強できたので、ドラフトはBPAでよさそうです。
    ただし、ファネカのトレードの噂が万一事実なら、イウパチかパウンシーあたりが濃厚な気が・・・
    エリスもトレードの噂が出てるので踊リックもありかと思いますが、ゴルス㌧をDEに戻す説もあるらしく、読めませんな。

  2. JETS狂 より:

    ワタシはDEと読むのですが、JETSのすることは正直読めません。
    ゴルをカレッジ時代のポジションに戻して見るのもありかもしれませんね。そしてトレード説もあり、JETSがおとなしく29位に甘んじている事もなさそうです。どうせなら劇的トレードアップをみせて出勤時間前にPICKしてくれる事を願っております。

コメントを残す