JETS:ドラフト外と10人契約

き残れこれ♪
JETSはこの度、ドラフト外選手10人と契約をいたしました。
ドラフト外といえど、あなどるなかれ。トニー・ロモしかり、中にはダイヤの原石が混ざっている可能性があります。
まぁ大体は開幕前にカットされるんですけどね。

[SPONSORED LINK]
▼Sは本当に大丈夫か?
以下が一覧です。

CB”Donovan Warren”(Michigan)
CB”Brian Jackson” (Oklahoma)
LB”Broderick Stewart” (Vanderbilt)
LB”Kevin Basped” (Nevada)
G”Charlie Tanner” (Texas)
G”Keith Buckman” (North Dakota State)
TE”Jeff Cumberland” (Illinois)
DE”Jason Lamb” (Baylor)
OT”Matt Stommes” (Minnesota)
DT”Ernest Williams” (Pittsburgh)

→ドラフトでも補強ポイントだと思っていたSをドラフト外でも採りません。
まぁドラフト外なので生き残る可能性は低いのですが、本当にSは今のメンツでいいのか疑問が残ります。
ファニカをカットしたので、ファニカをヨソのチームが契約すれば、またFAを獲得できる権利を得ます。そこで狙っているのでしょうかね。

この中で注目すべきはCB”Donovan Warren”です。彼は2009年に4インターセプトを記録して、ドラフトでも上位で獲得されるだろうと、言われてました。
しかし、コンバインの40yd走で4.59という記録を出してしまい、ドラフトから外されたカワイソウな人です。

現在のJETSのCBは”ダレル・リーヴィス”、”アントニオ・クロマティ”、”ドリュー・コールマン”、”マーキス・コール”、そしてドラフト1巡の”カイル・ウィルソン”の5名に今回の2人を加えて計7名。
切磋琢磨してシーズンまでに鉄壁のセカンダリーを築いてくれる事に期待してます。

コメントを残す