JETS:おデブ2選手が減量コンテストに参加

しみを分割か?
胃にバンドを装着してまで減量に挑むレックスライアン。すでに40ポンド(約18キロ)の減量に成功したらしいですが、体重はまだ311ポンド(141キロ)。ゴールは275ポンド(125キロ)との事です。

そしてライアンは「俺の苦しみをお前らも味わえ!」ってな感じで、おデブの2選手の減量コンテストへの参加をESPNのラジオとウェブサイトで発表しました。

[SPONSORED LINK]
▼JETSのデブ代表
その減量コンテストに参加する2名とはNT”クリス・ジェンキンス”とOT”ダミアン・ウッディ”です。
特にジェンキンスは昔の記事「JETS:DT”
クリス・ジェンキンス”の課題はダイエット

」でも書いたとおり、食べるのが大好きで、しばしば食事制限が入ります。

名簿上の体重はジェンキンスが360ポンド(163キロ)、ウッディが330ポンド(150キロ)ですが、現時点での体重は不明です。おそらくオフなのでもっとあるでしょう。
ちなみにこの2人は契約上で既定の体重を維持するとジェンキンスが25万ドル、ウッディが20万ドルをもらえる約款があるようです。

たしかにジェンキンスはNTというポジション上、巨漢とパワーを必要としますが、かなりの頻度で背中を痛め、昨シーズンは足を負傷してシーズンアウトするというデブで己を殺しているシーンが目立ちました。ジェンキンスがコンテストでスリムアップすれば今シーズンの守備力は間違いなくUPするでしょう。

ちなみにコンテストは7月30日まで。もし2人が賞金を獲得したら、ライアンがごひいきにしているチャリティーに寄付するとの事です。

コメントを残す