2014年スーパーボウルはニューヨークに決定!!

NFLイメージ 界初のこころみ
以前のニュース「JETS:2014
年スーパーボウル開催地に立候補

」でお伝えしたとおり、JETSとジャイアンツは新スタジアムでのスーパーボウル開催に立候補し、5月25日のオーナー会議にて結果が出ました。

2014年のスーパーボウルは初のニューヨークに決定です!!

[SPONSORED LINK]
▼初の極寒スーパーボウル
NFLはこれまでスーパーボウルの開催地を原則、開催時期の平均気温が華氏50度(摂氏8度)以上、もしくは屋根つきのスタジアムに限定してきました。頂上決戦なので、やはりベストのフィールドコンディションで行うべきだというのは納得できる理由です。しかし、これは慣例的なもので絶対条件ではありません。
ニューヨークで開催するメリットは新スタジアムであることに加えて、アメリカ一の大都市であり、かつNFLの本部があるお膝元での開催という事です。

他の候補にはタンパ(過去10回)と南フロリダ(過去4回)などが上がっておりましたが、4回の投票の末にニューヨークに決定いたしました。
コミッショナーの”ロジャー・グッデル”は「NFLの歴史に新たな一歩を踏み出します」「ファンとNFLのために素晴らしい経験となるだろう」とコメントしております。

確実に寒くなるので観客にハンドウォーマーを配ったり、雪かき用シャベルを大量に用意したりと、雪対策を計画中。JETSのオーナー”ウッディ・ジョンソン”は「ワタシは初じめての事が好きだ。雪が降ってくれることを願っている」とコメントし、天候に対して心配無用のようです。

ニューヨークの新スタジアムで開催する経済効果は実に5億5000万ドルとの事。さらに昨シーズンのスーパーボウル直前にドルフィンスタジアムの命名権が売れたように、この新スタジアムの命名権も売れる可能性があり、スーパーボウルはニューヨークに巨額のマネーをもたらします。

さらに極寒の地でスーパーボウルを開催した前例を作ると、当然ランボーフィールドやジレットスタジアム、シーホークスの本拠地のシアトル(これはメリット無さすぎだろ)でも開催できるということで、ニューヨークでの開催はまさにNFLの歴史に新たな一歩を踏み出します。

  1. Let's Go Pats! より:

    スーパーボウル決まりましたね。2014年といえばサンチェスもかなりいい感じの時じゃないでしょうか?史上初の地元スーパー制覇なるかの期待がかかりますね。(先にマニングがしなければですが)。パッツとしてはそうはさせじと2014は特に力が入りそうです。

  2. 滑稽本 より:

    ここ最近、バナーが常にセインツなのが誇らしい(笑
    天候が荒れた方が試合は面白いかも知れませんね。
    予想外の事が平然と起こるから

  3. JETS狂 より:

    >Let’s Go Pats! さん
    カウボーイズ、コルツと有力チームのホーム開催が続くので、NFL最大のジンクスを破る可能性が出てきそうですね。2014年のサンチェスやJETSはどうなっているのか検討もつきませんが、ニューヨーク開催は非常に楽しみです。
    >滑稽本さん
    フェアな環境で行われてきたSBにおいて、荒れた天候が勝敗を分けると、新たな物議をかもしだしそうです。そして敗者は「雪じゃなかったらファンブルしてねーよ」とか負けたイイワケもしやすそうですね。

  4. ぷんじん より:

    私ニューヨークには行ったことないのですが(…日本から出たのは中国だけです)寒そうですね。
    選手もですけど、見る方も気合がいりそうですな。
    私は現地へ行くことはないでしょうから無責任なこと言えば、雪が降った方が面白そうな気もしますが。

  5. JETS狂 より:

    ワタシは3月のロスにいきましたが、通行人は半そで短パンの人と全身スェットの人が混ざった中途半端な気候でしたw。
    確かにせっかくやるならホワイトスーパーボウルを見たい気もしますが、テレビでもよく見えないぐらいの吹雪はカンベンほしいです。
    そうなったら最初で最後の寒冷地開催になりそうですから、天候にはめぐまれてほしいです。

コメントを残す