JETS:WR”ブレイロン・エドワーズ”出場停止を回避!

NFLイメージ
悪の事態は免れた
昨年の10月にナイトクラブで、暴行事件を起こしたWR”ブレイロン・エドワーズ”

今年1月にクリーブランドの裁判所で行われた審議で、180日間の禁固刑、1000ドル(約9万円)の罰金に対する執行猶予という処分となりましたが、これを受けてNFLの彼に対する処分が決定しました。

エドワーズの出場停止は見事に免れました。

[SPONSORED LINK]
▼出場停止なら序盤は飛車角抜き
事の発端は、まだブラウンズに所属していた時にナイトクラブでNBAクリーブランド・キャバリアーズに在籍するレブロン・ジェームスの友人を殴ったという事件です。
今年1月の裁判でエドワーズ自身もこれを認め、裁判所から処分を言い渡され個人的な処分は決まりましたが、問題はNFLの上での彼の処分です。

もしエドワーズが4試合の出場停止となった場合、スティーラーズから獲得したWR”サントニオ・ホームズ”の4試合出場停止がすでに決まっているために、先発クラスのWRが”ジェリコ・コッチェリー”1人だけというパス攻撃がままならない状況になります。
しかも開幕4試合の間にパッツ、ドルフィンズ、ビルズのライバルとの対戦が全て組まれているため、スタートからいきなり取り返しのつかない連敗をする可能性が高くなるでしょう。

しかし、NFLからの処分は罰金のみでエドワーズの出場停止の危機は免れました。落球男とはいえ、いないと非常に困るワケです。 ( ̄▽ ̄)=3

[引用:NFL JAPAN]
昨季にクリーブランドのナイトクラブで暴行事件を起こしたニューヨーク・ジェッツのワイドレシーバー(WR)ブレイロン・エドワーズが、リーグ規定違反で
科されると見られていた出場停止処分を回避する可能性があることが分かった。ある関係者が米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』に明かした。

 エドワーズは、クリーブランド・ブラウンズに所属していた昨年10月、ナイトクラブでNBAクリーブランド・キャバリアーズに在籍するレブロン・ジェー
ムスの友人を殴ったとして、FBIなどが調査に乗り出していた。そして今年1月、罪を認めたエドワーズは、クリーブランドの裁判所で行われた審議で、
180日間の禁固刑、1000ドル(約9万円)の罰金に対する執行猶予を与えられた。それを受け、エドワーズはリーグ側に出場停止処分の回避を求めてい
た。

 同サイトによると、エドワーズは出場停止処分の代わりに、リーグ側から金額は不明ながらも、罰金が科されると見られている。

  1. 滑稽本 より:

    ごり押しランオフェンスで何とかせい(爆

  2. JETS狂 より:

    ジョーンズとファニカがいないので、前年ほどゴリ押しはなくなりますね。追う展開になると結局パスに頼らざるえないし。加えて早くて高いWRがいる事で、注意を裂いてランを出やすくする効果もあるので、けん制の意味でもエドワーズは必要です。たとえ落球男でもw

コメントを残す