ドイツ破れる。俺のW杯終了。

我らがドイツは昨年イタリアに敗れた鬼門のBEST4にまたも到達。
今回の相手はバルサ7人を要し、ユーロ2008の決勝で苦しくも敗れたスペインという因縁の相手。
しかし相手は1-0とかギリギリで勝ち上がってきたが、ドイツは4得点した試合が3試合あるという今大会屈指の攻撃力を持ちます。さてさて戦いの結果は!?(って、タイトルみりゃ分かりますが。)

[SPONSORED LINK]
▼スペイン 1-0 ドイツ
爆発的攻撃力で強豪を倒してきたドイツが1点も取れず敗北。当然クローゼの大会ゴール記録も達成なりませんでした。4年後にまだ代表にいる可能性は限りなく低いでしょう。
しかも、またタコのポールの占いが的中。恐るべしタコですが、ドイツでやってる企画なだけに皮肉なものです。こいつはタコ焼きにでもしちゃいましょ。

ワタシは3時起きでリアルタイムで観戦しましたが、ちょっとドイツが引きすぎて、スペインのパス回しを調子づかせてしまった感があります。前半のボール試合率は圧倒的にスペインでした。
とはいってもスペインの連携がこれまで以上に好調で、それを1失点で抑えれたのは、ドイツの最終ラインが致命的なパスを全てカットする素晴らしい守備を見せたからです。

なので、勝負は1チャンスをものにした方が勝つというのは序盤から予想できる展開でした。
そして後半28分にとうとうスペインがコーナーキックから、プジョルが後方から猛ダッシュで密集地帯に飛び込みヘディングでボールを押し込みゴール。そのままスペインが逃げ切り勝利となりました。

スペインの連携に攻撃力を裂かれたドイツ。惜しいシーンは何度かありましたが、やはり攻め手がこれまでより少なく、精細を欠いたのが敗因でしょう。加えて欠場のミュラーがいれば、もっと違った展開だったと思います。
あと気になったのが、ちょっと審判がスペインよりだった気がします。(ドイツファンだからそういう見方しますが)エジルがペナルティエリア前で倒されたシーンは確実にファウルだったと思いますよ。

▼サッカーとNFL
ということで1ヶ月近く集中してサッカーを真剣に観戦しましたが、どうしてもNFLと比較しまいますね。個人的に思った事を羅列します。(個人の雑感ですので、キツイツッコミはやめてね)

●サッカーって終了時間が決まってていいね
当たり前ですが、サッカーは延長にならなきゃほぼ終了時間は同じです。
NFLはパス失敗や反則が多ければ試合時間がかなり延びるケースがあるのがネックですな。
(野球やテニスみたいにエンドレスにならない事は救いですが)

●サッカーの審判の力が大きすぎ
⇒今大会で大きな問題となったのが誤審問題。ドイツvsイングランドの幻のゴール、オフサイドの判定など、その他いろいろ不満がありました。今試合を含めて個人的に納得のいかない試合も多くあります。

NFLの場合はご存知のとおり、複数の審判が何方向からも確認し、あやしい判定にはビデオを使って再審ができるチャレンジシステムがあります。
加えて全試合をニューヨークのNFL本部の審判ルームで審判長以下数名のスタッフがリアルタイムで監視。問題がある場合はそこから審判長が各会場に指示をだしたり、反省会を開いて常に改善を行っています。

このためワタシはJETSが負けても相手が上だったとスッキリ認めれます。
FIFAは世界を相手に取り仕切きらなければならないので、そう簡単に思い切った改善は難しいと思いますが、明らかな誤審を再審できるシステムを導入して、試合後のモヤモヤをなくして欲しいです。

●NFLのが感情移入しやすい
⇒サッカーは前後半動きっぱなしで、決定的なシーンを見逃す可能性が非常に大きいスポーツです。なので45分間ほとんど目の離せない状態。ツィッターしながら見るのも命がけ(?)です。

NFLは野球に近く、1プレイ毎にセットして開始。緩むところと集中して見る所の緩急がハッキリしていて個人的にはこっちの方が見やすいです。あと1プレイ毎のスーパースローは超カッコいいですね。そしてシュチュエーションによって戦略を変える必要があるので、観戦しながら「ここはランだろ」「ここでギャンブルかい!」など、こちらも戦略を考えながら見れる余裕がある分、感情移入ができます。

●NFLのよく出来た点数方式
サッカーはどんなに頑張っても1ゴール1点。得点する難しさもあり、終盤に2点差開くと絶望的な気持ちになります。
サッカーに無く、NFLにある魅力は7点差以内なら残り1秒でも逆転可能の得点システム
タッチダウン+エクストラポイントで7点、フィールドゴー
ルは3点というこの微妙な点数が、最後まで目が離せない試合を展開させます。
そしてファンブルやインターセプトなど致命的な「やってもた!」がこれまたドラマチックな展開を演出します。
サッカーもコーナーから直接入れたら3点とかにならんかな(ならんわな)

▼W杯の次はNFLシーズンです
ってなことでNFLは8月からプレシーズン、9月からレギュラーシーズンがスタート。W杯と時期が被らなくて本当に良かったです。
ドイツがまたもBEST4で敗退してしまったのは非常に残念ですが、この雪辱はJETSのスーパーボウル制覇で晴らしてもらいましょう。(晴れるのか?)

  1. takaz より:

    スカパー!以外の放送がないため、すっかり忘れられてますが、まだ三位決定戦がありますよ!
    ミロのロナウド越えに期待しましょう!

  2. JETS狂 より:

    !!!!敗退=終了の構図が焼きついてしまって、3位決定戦というものを忘れてました!!!!
    ここで2点とりゃ一応、大会記録ロナウド越えですな!これは盲点でした!
    まるでアイシールド21のような展開。対戦相手はウルグアイとこれまたヤッカイな相手ですが、ここは空気を読んでもらいましょう。
    死ぬ気でガンバレ!クロ~~~ゼ!!!!

  3. ぷんじん より:

    残念でしたね、序盤からもう少し攻撃的にやってたら違った展開に…ならなかったかな…。
    次大会はブラジル開催らしいので難しいかもしれませんが、何とか4回目の優勝でブラジルに迫ってもらいたいですねえ(気が早すぎますか、笑い)
    審判の話ですが、サッカー、ラグビー、ゴルフなんて言うイギリス生まれのスポーツは性善説で出来てるみたいなところがありますね。
    何でも昔は両チームのキャプテンが話し合って判定していたとか、話し合いがつかない時に調停者としてレフリーが登場したんだとか。
    フットボール、野球、バスケットボール、などと言うアメリカ生まれのスポーツと比較すると両国の特徴が出てるのかも

  4. JETS狂 より:

    大きな特徴として、ヨーロッパよりは伝統を重んじる+紳士という感じですが、米国はエンターテイメント+激しい って感じがしますね。
    サッカーは負傷者が出たら敵がボールを外に蹴りだすという暗黙の了解に、紳士のスポーツである事を感じます。
    アメフトなんて勝利してナンボ。ファンはクラウドノイズでオーディブルを妨害し、守備が選手交代にもたつきゃ、速攻ノーハドルでセットして5ydゲットです。相手を騙すプレーも多々あり、ルールでOKなら勝利のために全力を尽くしますね。私はそっちの方が驚きがあり、人間くさくて好きです。

コメントを残す