MLBはNFLより深刻だな

スティーラーズvsバッカニアーズという2連勝同士のカードがブラックアウトになるのが濃厚となっており、未だリーマンショックから波及した不況の波がスポーツビジネス界に暗い影を落としております。

しかしながらNFLの視聴率は絶好調。チケットが売れない理由はNFLファンが減ったのでは無く、大型液晶テレビの普及が大きく影響しています。家でのんびり見たほうがお金を使わず、細かいプレーも見れて快適ですから。

しかしイチローが10年連続200本安打を達成したことで話題のメジャーリーグ(MLB)は、客がスタジアムに来ない事に加えて、視聴率の低迷と状況は最悪なようです。

[SPONSORED LINK]
▼先週の視聴率
http://www.sportsmediawatch.net/2010/09/weekend-overnights_21.html
NFLの1位はジェッツvsパッツの16.7(同時間帯に地区によってテキサンズvsレッドスキンズ、チャージャーズvsジャガースを放送)。
2位はマニング対決で15.2。アメリカの視聴率は日本より国土が数倍デカイので、日本の視聴率と異なります。

昔聞いた話なので、間違ってたらゴメンナサイなのですが、アメリカの視聴率8%が日本の20%弱ぐらいにあたるとか。
仮にそれを当てはめると16.7という数値は日本の視聴率40%台というバケモノぶりがわかります。

しかしNFLのジェッツとジャイアンツの試合が高視聴率を叩き出す一方で同じニューヨークのメッツを中心としたMLB中継の視聴率が1.5とNFLの10分の1という視聴率なのです。

たしかにイチロー偉業の瞬間も日本には盛り上がっているように報道しても、スタンドを見ればガラガラ。MLBの深刻な状況はその光景から伝わってきますね。
[元ネタ:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1285266807/-100]

▼イチロー10年連続200本安打

  1. LTD より:

    売れてないのはバッカニアーズだからじゃ、、、?タンパ辺りは隠居生活のお年寄りも多いし、スポーツを盛んに見る土地柄じゃ無いのかもですね。PITに勝てばチケットも売れるでしょうかね。そもそもフランチャイズを背負うこれと言った選手が居ないのも影響しているでしょうね。正直言ってスターが居ない地味な印象しかないですし。

  2. JETS狂 より:

    たしかにバッカニアーズは補強に関してはそんなに力を入れたワケでないので、地味な印象です。
    好調なので連勝し続けて、力でお客を呼ぶしかないですな。
    NFL JAPANのコラムでもあったとおり不況と高画質テレビの影響で、家で見たほうが快適なのはわかりますが、ガラガラのスタジアムは寂しいし、テレビで見てるほうもテンションも下がりますので、新たなアイデアでスタジアムにお客を呼び込んで欲しい限りです。
    (チケットが売れなければ、ブラックアウト+ホームチームはファウルすると通常+5yd罰退とか・・・・)

  3. NFL&MLBファン より:

    確かにMLBよりNFLの方が人気があるのは事実だと思います
    ですがそれを図る為にNFLの視聴率とMLBの視聴率を比べるのは不公平のような気が・・
    なにぶんMLBはNFLに比べて試合数が多いですから
    MLBレギュラーシーズン(162試合)NFLレギュラーシズン(16試合)
    NFLの試合数はMLBに比べておよそ10分の1しかありません
    ならばその内の一つの試合に対する注目度がMLBの一つの試合に対する注目度に比べ10倍の差があるのは当たり前では?
    それにイチローが200本安打を達成した試合の相手チームトロントブルージェイズのホームタウンはカナダのトロントです。
    カナダですからアメリカに比べもちろんあまりMLB人気はありません
    ブルージェイズも東地区4位でプレーオフ出場は絶望的
    そして相手が西地区4位のマリナーズですから
    はっきり言ってこのカードはあまり見る価値の無い消化試合です。
    現地のブルージェイズファンが球場に足を運ばないのも必定です。
    現地にいたのはほとんどイチローファンでしたから。

  4. JETS狂 より:

    正論中の正論です。試合数が10倍なら視聴率が10分の1。
    不人気カードで、スタジアムに人がいないのは当然。全て納得です。これは浅はかでした。スミマセン。
    しかし試合数が多いとはいえ、その週の最高視聴率が視聴率が10分の1って、言うのはMLBに素人でも低すぎるような気がしますねぇ。スポンサーがこれでつくのか心配です。

コメントを残す