ビルズ戦は魔のピンクリボンデーです。

ンクリボンを見ると思い出す
AFC東3連戦の最後はビルズ。ライバルに3連勝すればこの上ないアドバンテージを得る事になります。
「ビルズは一番ラクに見れるなぁ」と思っていましたが、ただいまパッツvsビルズの録画を見て、楽には勝てない気がしてきました。

[SPONSORED LINK]
▼Week04はピンクリボンデーだった (´д`lll)
不安要素の一つはピンクリボンデー。昨シーズン、JETSは選手が靴やリストバンドをピンク色にしてセインツと戦ったのですが、この試合でサンチェスがINTされまくられ、ボコボコにやられます。

そして開幕3連勝の勢いが止まり、この日を境にINT地獄と、勝てる試合に勝てず衰退の一途をたどる事になります。
なので、またピンクリボンデーでライバル2連勝の勢いが止まるんじゃないかという、非科学的な不安がよぎります。
[参照:Week4:vsセインツ]

不安要素2つ目はパッツと互角に渡り合った攻撃力。QB”ライアン・フィッツパトリック”に交代しましたが、彼が結構やりよります。
肩が強いし、落ち着きもあり、ビルズの弱いOLながらもレシーバーを見極め投げ分ける。そしてスクランブルのシメはスライディングせずLBに体当たりする気迫。こういう司令塔の存在がチームを活気づけます。そして、これまで不発のスピラーが初TDレシーブに加えて、キック・オフ・リターンTDを決めて、パフォーマンスがのぼり調子。

パッツには負けましたが、互角にやりあった内容はチームに自信を持たせてしまったのではないでしょうか。

▼インジャリーリスト


 
New York Jets
 at 
Buffalo Bills
 
Name Position Injury Practice Status Game Status
NYJ
Wayne Hunter T Shin Did Not Participate In Practice Out
Darrelle Revis CB Hamstring Did Not Participate In Practice Out
Jamaal Westerman LB Ankle Did Not Participate In Practice Out
Nick Mangold C Shoulder Limited Participation in Practice Questionable
Calvin Pace LB Foot Limited Participation in Practice Questionable
Damien Woody T Not Injury Related Full Participation in Practice Probable
Jason Taylor LB Elbow Limited Participation in Practice Probable
BUF
Andra Davis LB Shoulder Did Not Participate In Practice Out
Terrence McGee CB Knee Did Not Participate In Practice Out
Marcus Stroud DE Ankle Did Not Participate In Practice Out
Paul Posluszny LB Knee Full Participation in Practice Probable
Jonathan Stupar TE Foot Full Participation in Practice Probable

⇒リーヴィスはまたも欠場。ビルズのエースWR”リー・エヴァンス”を抑える役目はまたもクロちゃんです。マーシャルよりはまだ抑えれるかなと期待。
そしてプレシーズンに負傷したLB”カルビン・ペイス”が出場確立50%の「Questionable」まで回復。復活は近いですな。
しかしC”ニック・マンゴールド”にまで「Questionable」がついています。おまけに”ダミアン・ウッディ”と”ジェイソン・テイラー”も負傷しており、回復力が劣るベテラン勢に負傷が相次ぐのが不安。

▼どうなるビルズ戦
昨シーズンは4時間やった挙句に惜敗する苦い思い出のあるビルズ戦1回目。
昨シーズンの負けた原因はサンチェスが0TD5INTという最悪なパフォーマンスで攻撃陣が総崩れしたためでした。
サンチェスが崩れた原因が、なんとサンチェスはその試合まで寒いところでプレーした事が無いというフットボーラーとして致命的な弱点があった事と、強風の悪天候に苦戦したためでした。しかし、今は1年間経験を十分に積んでいるので、攻撃が総崩れする事はまず無いでしょう。ミスしなけりゃコンスタントに得点はかせげると見ます。

パッツvsビルズの感想からブレイディに投げる余裕を十分に与えているパスラッシュの弱さがウィークポイントでしょうな。
終盤でDT”カイル・ウィリアムス”がブレイディにサックを決めたり、パスをブロックをする好プレーを見せますが、終始ブレイディにレシーバーを余裕で探すスキを与えてます。

OLもQB”ライアン・フィッツパトリック”を守れず。フィッツパトリックはレシーバーをすばやく見極め、パスラッシュをかわし続けましたが、INTされたシーンもプレッシャーに負けて投げ急いだ事が原因に見えます。

しかし、あのパフォーマンスで投げられるとリーヴィスのいないJETSセカンダリーでは止められないかもしれません。そのためにもパスラッシュをかけて、フィッツパトリックをいかに封じるかが鍵です。
スピラーが上り調子とはいえ、好調なランディフェンスに問題はなし。STもリターンTDなど許しませんよ。

・本日の勝利への金言
ビルズにはラインで勝て!!
以上 (°∀°)b

  1. proau pair より:

    Hi I love your article and it was so fabulous and I am gonna save it. One thing to say the Superb analysis this article has is greatly remarkable.Who goes that extra mile these days? Well Done! Just one more suggestion you canget a Translator Application for your Global Readers !!

    1. JETS狂 より:

      I glad for your comment.
      But I’m not good at English.
      because I’ll effort studying English.
      Thank you.

コメントを残す