QB受難の年

NFLイメージ JETSがお休みのWeek07で続々と緊急事態が発生しているようです。
まぁご存知かと思いますが、カウボーイズQB”トニー・ロモ”が対ジャイアンツ戦にて、LB”マイケル・ボリー”のハードヒットを喰らい、左鎖骨を骨折し全治8~10週というシーズンアウト同然の大ケガを負いました。
[その映像は→こちら]

カウボーイズはスーパーボウルの開催地がホームであるチームは、スーパーボウルに出場できない「スーパーボウルあるある」を破る事に意欲的であったシーズンでしたが、不振の上に司令塔を失い、弱り目に祟り目状態です。

そして緊急事態はこれだけではありませんでした。

 

[SPONSORED LINK] ▼”ブレット・ファーブ”に赤信号
先日500TD、パス70000yd獲得という前人未到の記録を打ち立て、現在も先発連続出場記録291回を更新中の鉄人”ブレット・ファーブ”の左足首が疲労骨折し、かかとも剥離骨折している事が判明しました。
JETS職員へのセクハラという不名誉な事件で、連続出場記録が途絶える危機を回避したと思ったのですが、今回ばかりは本当にヤバイそう。300という大台に届いて欲しいのですが、ファーブ自身は「記録のためだけにフィールドに立つなどアリエナイ」としています。

しかしながらMRI 検査の結果、手術の必要はないらしく、チルドレスHCはまだ来週のペイトリオッツ戦のロースターにファーブを残しております。ボロボロでも可能な限りフィールドに立ち続けて、あわよくばパッツを撃破して欲しいところです。

▼そういえば・・・・
ロモとファーブ以外にも振り返ればQB受難のシーズンですね。
・タイタンズ:
→”ビンス・ヤング”が負傷して”ケリー・コリンズ”が活躍(2年前のデジャブのようだ)
・カーディナルス:
→ライナート放出、代わりのアンダーソンも不振でドラフト外”マックス・ホール”先発(今週は脳震とうになったが次戦には出場予定)
・イーグルス:
→”マイケル・ヴィック”負傷で”ケビン・コルブ”が活躍
・ジャガース:
→ギャラードが負傷し、ビルズから仕入れた”トレント・エドワーズ”まで負傷。QBはベテラン”トッド・ボウマン”
・ブラウンズ:
→”ジェイク・デローム”、”セネカ・ウォレス”ともに足を負傷。新人”コルト・マッコイ”に出番がまわる。

・・・荒れてますなぁ。とにかくこれらのチームはバックアップのデキが明暗を分けています。
そして、我々はまだQBに災いが降りかかる可能性を忘れてないだろうか?

そうマッデンの呪いである!!
セインツQB”ドリュー・ブリーズ”にはゲームの表紙になったら災いが確実にふりかかるマッデンの呪いがかけられています。
今のところピンピンしておりますが、いつ災いがふりかかるか分かりません。

JETSもサンチェスが倒れると、バックアップの”マーク・ブルネル”は全く期待できないので、今シーズンのQB受難の傾向にビビってます。(;´Д`)ノ

  1. YM5 より:

    スーパーボウルのジンクスで一言
    自分の記憶が正しければ、僕が本格的に見るようになった2002年以降スーパーボウル開催地のチームのスーパー進出は勿論、プレーオフにすら出ていません。
    という事は、来年はINDに何かが起こる?

  2. JETS狂 より:

    おお!言われてみれば、そんな気がします。今シーズンはカウボーイズ、そしてコルツ、セインツ、ジェッツ・・・、将来は暗いですな(´д`lll)

コメントを残す