今週のAFC東:Week11

NFLイメージ
れぞ頂上決戦!!

またも奇跡で勝利した我らがJETS。
[参照:Week11:vs テキサンズ]

そして、その後の試合はペイトリオッツvsコルツというNFLトップクラスのQBが激突するビッグゲームでした。全米が注目する頂上対決の結果はいかに?

そして今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]
▼ペイトリオッツ 31-28 コルツ
この試合は当然、観戦。初っ端から兄者(マニング)はINTを献上。逆に好調ブレイディはウェルカーにTDパスを通して先制。第2Qにも2TD決めてパッツは21-7と突き放すが、兄者は第2終了直前にWR”レジー・ウェイン”にTDパスをヒットさせ1ポゼッション差で折り返す。

第3Qにパッツは元JETSのRB”ダニー・ウッドヘッド”が驚愕のカットで36ydTDランを決めて28-14、さらに第4QにFGも決めて31-14。
さすがに奇跡の逆転劇を演出してきた兄者でも、残り10分でパッツ相手にこの点差はムリだろうと思っていたら、必殺マニングモードが出る。
ノーハドルショットガンから連続でパスを通して、WR”ブレア・ホワイト”にTDパスをヒット!31-21。コルツD#もこれに答えるべく1stDownを更新させずにコルツに直ぐに攻撃が渡る。そして鬼のノーハドルショットガンがまたしても炸裂し、またもホワイトに18ydTDパスをヒットし、残り4:46で31-28!!

何としても時間を潰したいパッツだが、つまりそれは攻撃の幅を狭めるという事。ランを再三止められ、残り2:25でコルツに攻撃が渡る。これはもう逆転ドライブの完成か!?

とうとう敵陣24ydまで進みFGでも同点に出来る状況だが、兄者はあくまでTD狙いにいく。しかしWR”ピエール・ガーソン”への高めに浮いたパスをなんとSS”ジェイムス・サンダース”が華麗なキャッチでINT!!兄者怒りのドライブをギリギリで止めて、パッツが頂上決戦を制しました。

まさにNFLを代表するQB同士の投げあいは期待を裏切らぬ好ゲームでした。しかし兄者はこの試合4TD決めるも3INT。味方が誰もいない所に投げてルーキーCB”ケビン・マッコーティー”にINTされるシーンは明らかに疎通ミス。WR”オースティン・コリー”が戻ってきたもののRB”ジョセフ・アダイ”とTE”ダラス・クラーク”がいれば、もっと違う展開になっていたでしょう。

そしてドラフト外からJETSが拾って2年育てた”ダニー・ウッドヘッド”はパッツに移籍するや別人のようにチームを救う活躍。中央が埋まるや否やするどいカットで密集地帯の横を抜け、TDを決めるランには驚きました。Week13では恩を返せよ!Σ(・ω・ノ)ノ!

▼ドルフィンズ 0-16 ベアーズ
時間が戻って先週の現地木曜日に行われたドルフィンズ戦。
ドルフィンズは二人のQBを失い先発は”タイラー・シグペン”。シグペンはINTされるわ、アーラッカーにサックを食らうわ散々で無得点。
しかもWR”ブランドン・マーシャル”が負傷し、またも大事な主力に負傷者が。
結果、ベアーズに完封負けで、これでベアーズは7勝となりNFC北の強豪をおさえてトップに立ちました。これは予想外。

▼ビルズ 49-31 ベンガルズ
JETS戦の試合中に画面下のテロップに他の試合の途中経過が流れるのですが、ビルズ戦の途中経過は「いったい何が起こってるねん?」と思わせるような展開でした。
ベンガルズはオチョシンコとオーエンスがTDパスレシーブを決め、RB”セドリック・ベンソン”もTDランを決めて、前半で14-31とビルズが完敗コース。

・・かと思いきや、ここから猛牛大爆発。ビルズはWR”スティーブン・ジョンソン”にTDパスを決め、さらにCB”ドレイトン・フローレンス”がファンブルリカバーTD。ベンガルズも突き放しにかかるがTDパスがホールディングで無効になったり、エンドゾーンでINTを喫したりと、もはや流れなど一寸たりとも無い。
第4QにQB”ライアン・フィッツパトリック”はWR”スティーブン・ジョンソン”にまたもTDパスを通してとうとう21点差をひっくり返し逆転。
ベンガルズも逆転を狙うもFGは外れるは、FS”ジョージ・ウィルソン”にINTされ泣かず飛ばず。
ビルズが前半の大量失点をひっくり返す猛攻で2連勝です。

▼今週のAFC東
1位:ジェッツ 8勝
2位:ペイトリオッツ 8勝
3位:ドルフィンズ 5勝
4位:ビルズ 2勝
→両者とも譲らずAFCの首位を独走。そしてAFC南ではコルツとの直接対決に勝利しているジャガースが1位という驚愕の展開。
ちょっと前までは不振でギャラードが降ろされる騒ぎあったのにねぇ。これからの1試合1試合がプレーオフ進出に響くでしょう。

▼Week12
・ジェッツ vs ベンガルズ
サンクスギビングのため日本時間金曜日に対戦となるベンガルズ戦。不振とはいえ、どのチームともいい勝負となるジェッツなので、油断はできませんな。

・ペイトリオッツ vs ライオンズ
同じく金曜に対戦となる宿敵ペイトリオッツの相手も不振のライオンズ。このまま両者勝利してWeek13の直接対決で雌雄を決するのか!?

・ドルフィンズ vs レイダース
負傷者続出で悩むドルフィンズは、さらに西海岸に遠征と弱り目に祟り目。逆に1勝差でチーフスを追うレイダースにとっちゃ弱るイルカを狩るチャンス。この試練を乗り越えられるかドルフィンズ!?

・ビルズ vs スティーラーズ
2連勝と波にのるビルズの相手はスティーラーズ。勝てれば勢いは本物。

コメントを残す