コールズまたカット。S”エマニュエル・クック”と契約

れコールズ
S”ジム・レナード”がIR入りした空いた枠を使って、パッツ戦を前に獲得したWR”ラヴァニアス・コールズ”が即効カットされました。
そして、その枠を使ってS”エマニュエル・クック”と契約です。
コールズ獲得はなんだったのでしょう??

[SPONSORED LINK]
▼S”エマニュエル・クック”(Emanuel Cook)
クックは2009年にドラフト外でバッカニアーズと契約しますが開幕前にカット。今シーズンはバッカニアーズのプラクティス・スクワッドに入るものカットされ、その後JETSのキャンプに参加するも9月にカットされました。そしてこの度、Sの薄さを補強するために契約する運びとなりました。
この補強は直接に守備力UPには結びつかないでしょう。ドルフィンズ戦までにボロボロになった守備力がどのぐらい回復しているかが気になるところです。

Keith FitzHughはオファーを蹴る
クックの契約とともにKeith FitzHugh という選手にもオファーを出しましたが、彼は現在の仕事である車掌の方が大事との事で蹴りました。
NFLを夢見るものが数百万といるなか、安定した仕事を大事にする者もいます。

▼その他
DB “Isaiah Trufant“とLB” Brashton Satele“がプラクティス・スクワッド入り。

コメントを残す