Conference Championships -NFC-

Conference Championships -NFC-

Conference Championships -NFC-さかの3人目
とうとう夢の舞台、スーパーボウルへの切符をかけたカンファレンス決勝がスタート。
一試合目はNFCのパッカーズvsベアーズです。

超人ロジャース vs 豪腕カトラーの己のプライドを賭けた戦いに全世界の注目が集まります。
・・・・って写真のあなたは誰!?

[SPONSORED LINK]


パッカーズが1stドライブからQB”アーロン・ロジャーズ”とWR”グレグ・ジェニングス”のパスで攻め立て、エンドゾーン1yd手前。
ここにD#である昨シーズンドラフト1巡のDE”B.J・ラジ”が参加し、強引なランで来るかと思いきや、ロジャースが外側へスクランブルしTD!
ラジはタダのおとりであった。

次のドライブはRB”ジェイムズ・スタークス”とRB”ブランドン・ジャクソン”のランで進み、最後はRB”ジェイムズ・スタークス”のTDランで14-0と突き放す。
対するベアーズは攻撃が乗らないどころか、QB”ジェイ・カトラー”がエンドゾーンへのパスをINTされ、無得点のまま前半終了。
14-0

後半、なんとQB”ジェイ・カトラー”は膝を痛めて、バックアップのQB”トッド・コリンズ”に交代。
これがダメダメでINTまで献上する始末。
だがパッカーズもロジャースが強烈なタックルを喰らったせいか、調子が落ち、エンドゾーン手前でアーラッカーにINTされるシーンも。

そしてベアーズは第3Q終盤にまたもQB交代。QB”カリブ・ヘイニー”が登場する。
第3QBとはロースター45人と別枠で登録するが、第4Qまでに出すと第1QB、第2QBを試合に復帰させる事が出来なくなるルールがあり、つまりベアーズは彼にSB進出を託す事となった。

第4Q、このベアーズ最終兵器QB”カリブ・ヘイニー”がなんと早々にパスを通しまくって、WR”ジョニー・ノックス”へエンドゾーン手前1ydまで進む33ydのパスを決める。
そしてRB”チェスター・テイラー”のTDランで14-7と試合が動く。

 

だがしかし、ベアーズは同点に追いつきたい焦りからか、パッカーズのゾーンブリッツにひっかかり、なんとNTであるDE”B.J・ラジ”が後ろに下がったスペースで見事にINT!そのままリターンTDで21-7と再び2ポゼッション差。

ベアーズQB”カリブ・ヘイニー”は予想以上に頑張り、WR”アール・ベネット”へTDパスを通して21-14。またも1ポゼッション差。
ラスト3分で再び、ベアーズ最後の攻撃が回ってくる。

ベアーズはRB”マット・フォーテ”の活躍でノーハドルでガンガン進み、4thDownギャンブルも成功させノリノリ。とうとう敵陣34ydに到達。だが、ここで不可解な事態が発生。
3rd-3ydでサイドラインに出て時計は止めてから、次のプレー開始って時にベアーズは貴重なタイムアウトをコール。なぜ、このようなもったいない事をするのか理解できない。

そしてタイムアウトあけのプレーはWR”アール・ベネット”へのリバースプレー!・・・はなんとロス!(´д`lll)
4th-5ydの4thDownギャンブル!これをCB”サム・シールズ”にINTされ試合終了。あの余計なタイムアウトが無かったらOTへ行ってたんじゃないのかい??

とにもかくにもパッカーズがスーパーボウル進出決定となりました。ヘ(゜∀゜*)ノ
21-14

  1. masumi より:

    確かカトラーは何か持病と折り合いをつけながらプレーしてる選手ですよね。(糖尿だっけ??)。表情にあまり気持ちが出ないタイプの人だからは誤解されて気の毒です。
    うちの(!)ブレイディはクールと言われながら結構激しいですが。
    いずれにせよ、来年またがんばってほしいと思います。

    ついでに、うちに勝ったのにPITに負けるってどゆこと!?それはそれで悔しいぞ!!

    1. JETS狂 より:

      たしかに持病持ちでしたね。加えて性格が悪いという話が誤解につながっているかもしれません。
      来シーズンはヘイニーと先発争いしてたりして。
      そして、本当にあと一歩だったのに残念でした。PITがまたSB制覇すると面白くないのでGBの応援に回ります。

コメントを残す