JETS:さようならゴルストン。その他数名カット。

ンバインサギの代表格
正式発表ではないのですが、匿名で情報がよせられ、あらゆるメディアで取り上げているので、ほぼ確定でしょう。

JETSは2008年ドラ1のDE/LB”ヴァーノン・ゴルストン”、DT”クリス・ジェンキンス”、OL”ダミアン・ウッディ”、LB”ジェイソン・テイラー”の計4名をカットする模様です。

ゴルストンはコンバインで超絶のパフォーマンスを見せたものの、結果は3年間0サックの世に言うBUST。
ゴルストン以外はプロボウル級のビッグネームのベテランが揃います。
[SPONSORED LINK]
▼ヴァーノン・ゴルストン(Vernon Gholston)
2008年のコンバインにてパワー・スピード(40yd4.58秒)ともにトップクラスの成績をおさめ、ドラフト1巡6位でJETSが獲得。
5年契約で4000万ドル(保障2000万ドル)という大型契約を結び、サックを量産してくれる事に大きな期待がかかった。
しかし、シーズンが始まるとタックルミスするわ、OLに簡単に弾かれるわで、大きく期待を裏切り、その結果3年で0サック。

ファーブと並びニューヨーク最悪の選手にノミネートされ、2010シーズンのプレーオフではとうとうインアクティブ(試合に出れない)扱いとなりました。このまま残るとロースターボーナスが発生するので、予想どうりサヨナラです。金返せコノヤロ~~。

▼クリス・ジェンキンス(Kris Jenkins)
パンサーズにてプロボウル3度選出を誇る破壊王。当時HC”エリック・マンジーニ”は2007シーズンのボロボロのラン守備の建て直しと3-4体系へシフトするために、2008シーズンにドラフト3巡と5巡をパンサーズに渡して獲得。
そして5年総額3,500万ドル(保障2,000万ドル)の大型契約を結びました。

2008シーズンは週間AFC守備MVPを獲得するなどの活躍を見せるが、2009シーズンはWeek06で左ひざのじん帯断裂でシーズンエンド。
復活を期待した2010シーズンは開幕戦6分30秒という速さで、またも左ひざじん帯をヤッてしまって、速攻シーズンエンド。
ダメだこりゃ。(´д`lll)

▼ダミアン・ウッディ(Damien Woody)
1999年にペイトリオッツ入団しほとんどセンターとして76ゲーム出場。ペイトリオッツのスーパーボウル制覇に2回貢献する実力者。
パッツ時代に当時HC”エリック・マンジーニ”と仲が良かったので、マンジーニは2008年にライオンズにいるウッディに契約中にも関わらず声をかけ、ウッディも罰金を払ってでもJETSに移籍した。
近年はパスラッシュを漏らすシーンが目立ち、膝の負傷の間に代役として入ったOL”ウェイン・ハンター”に活躍されてしまい、影が薄くなった。

▼ジェイソン・テイラー(Jason Taylor)
ご存知、現役最多サック記録を持つサック王。
1997年ドラフトで3巡目(全体73位)でドルフィンズが獲得。以降ドルフィンズに12年、レッドスキンズに1年所属した大ベテラン。
プロボウル6回、年間守備MVPとタイトルを総なめにしてきたものの、2009年にレッドスキンズからドルフィンズに戻ってきたものの振るわず。
2010年にJETSと2年総額1375万ドルで契約したものの、思ったより活躍はできなかった。

▼今後の4人
・ゴルストンはまだ23歳なので、オオバケする可能性を秘めているかもしれません。拾うチームはあるでしょう。
もしウッドヘッドみたいにがパッツが拾って、バンバン活躍したら、悪夢ですな。(´д`lll)

・ジェンキンスとウッディは金額を抑えて、再契約の可能性があります。ケガさえなんとかなれば、イケそうです。

・テイラーは引退する可能性が高いようです。

  1. ダイスケ より:

    あやうくテイラーのジャージを購入するところでした。実物をみると均整のとれた体格で抜群にカッコいいんですけどね。残念。情報提供有難う御座います。

    1. JETS狂 より:

      私も過去にあやうく、ファーブの緑ジャージを購入するところでした。ベテランとオチョシンコのジャージは購入に気をつけねばなりません。

  2. ダイスケ より:

    すみません、小生はフィーバーに乗ってファーブジャージを購入してしまった輩でございます・・・。翌年のサンチェスジャージに買いなおしましたが。

    1. JETS狂 より:

      いやいや、リアルタイムに追いかけるこそ真のファンです。ファーブジャージを購入したお金がサンチェスの契約金の一部になった事を信じましょう。
      ヤフオク見ながら、「サンチェス安くなんねぇかな~」と思いつつ、兄者の安売りジャージに手を出してしまった 私が恥ずかしい (´д`lll)

  3. LTD より:

    結局ゴルストンは3-4のOLBだったんですか?それともDEで使われてたんでしょうか?

    システムにマッチしなかったのかどうかが気になるところです。

    1. JETS狂 より:

      両方ですね。2年DEで、ラスト1年に賭けてOLBにコンバートしました。でもダメでした。(´・ω・`)

  4. takuya-ik より:

    決定ではないにしても、ゴルストンは誰がどう見てもこういう話になりますよね。
    3年爆発を期待して不発だったので、もう潮時でしょうけど、他チームでウッドヘッドばりに覚醒したらバストどころかFワードものですね。
    ジェンキンスは2年棒に振った事を考えるとそうなりそうだと思ってましたし、テイラーも引退の噂が前からありましたし。ウッディはこの中では一番試合には出てたので、少し意外でした。ベテラン勢はリストラの対象になりやすいのはどの世界でも同じということでしょうか。
    スーパーボウルを目指す中でベテランがいてくれたら心強いとは思うのですが、そう簡単にはいかないですよね。ジェンキンスとウッディには残ってほしいような気がしますが、契約内容次第でしょうし、はっきりするまではまだまだ時間かかりそうですね。
    ベテランと言えば、リチャードソンの去就(引退?)も気になるところですね。

    1. JETS狂 より:

      カットは公式発表になったようですね。正直ジェンキンスはもう一度シーズン通して使うチャンスが欲しい。不在の間に成長したパウアと並んだら、驚異的な破壊力が生まれるハズ。
      そしてリチャードソン。昨年1度カットして再契約もありました。おっしゃるとおり今シーズンも恒例の1年契約するのか気になるところです。

  5. ドワイト より:

    それでもゴルちゃん、すでに16~17億もらってるんだもんな~~~!!

    とにかく最近は、ドラフト1巡10位以内に入ったもん勝ちだなこりゃ。ボロカス言われても金は入るんやから・・・。

    スーパーアスリートとしてもう一度生まれ変わりたいな~~。

    1. JETS狂 より:

      当時のレートだと日本円で20億を超えてるでしょう。同期のマット・ライアンやジェイク・ロングはもっともらっていたと思います。(まぁ彼らは活躍してますから)
      入っただけで、活躍してないのに大金持ち。本当にこの変な契約を何とかしてほしいですよ。
      せめて私に何ぼか よこせ。(屮゜Д゜)屮

コメントを残す