WWE:エッジ引退!ショーの裏のリアル。

o0686038411162181710-rs

NFLと関係ありませんが、愛するアメリカンスポーツ業界というくくりであえてPOST。

アメリカンプロレス団体WWEにて長年、活躍を続けてきた”エッジ”が突如、引退を表明しました。
ネット上では既に周知の事実だったのですが、私はあえて日本放送までその詳細を封印してきました。
そして日本放送にて引退表明を見たのですが、その事情と彼のスピーチが涙なくしては見れないものでしたので、ログとしてこのブログに残しておくことにしました。

[SPONSORED LINK]

▼プロレス業界のリアル
WWEを知らないNFLファンに説明すると、WWEでは既に「これはショーである」と公言しています。昔のプロレスファンに「脚本がある」とか言ったら、怒ってましたがここでは当然です。

100%の全力で戦力と戦略をぶつけ合うNFLが好きな私が、なぜショー(ギミック)と公言しているWWEも好きなのかというと、ショーだからこそリアルより厳しい現実があり、ウソと真実の境目が分からない混沌とした世界に魅力があるからです。

ショーだと言っても、100Kg以上ある相手を持ち上げて投げたり、トップロープ(コーナーポストの最上段)から飛んで頭から相手に突っ込んだりしているのは、CGでもなく紛れも無い真実。実際にやったら全て大ケガです。それを非日常と感じさせないぐらい徹底してトレーニングをしています。

あと「兄弟コンビ」といいつつ実は兄弟じゃなかったり、本当の兄弟だったり、「お前はクビだ!」と言われてウソだと思っていたら本当にクビになっていたり。
特にWWEの裏番組をぶつけてきたライバル団体の”WCW”との抗争の終盤は、本当にどこからどこまでがショーかリアルか分からなくなり、奇妙な気分になりました。

 

NFLなら負傷したらフィールドから出ますが、WWEでは試合途中に負傷しても、観客にはそれを悟られず試合を続行しているケースがあります。
たとえば看板スターのHHH(トリプルエイチ)は、試合開始まもなくのニードロップで、呼吸器系をやられて呼吸困難の状態になりながらも、それを隠して1時間近く試合を行いました。
試合を見ている最中は負傷しているなど全然分からなかったので、試合後に緊急入院をした時は驚きました。

他に週2回のTV生放送と全米各地で行うハウスショーと呼ばれる試合をこなし、さらに世界を巡業。慰問のためにイラクで試合をやって3日後にはアメリカで生放送という過酷なスケジュールで、飛行機の中ですごす時間は年に1ヶ月以上。

筋肉増強剤を使いすぎて薬漬けになったレスラーもいれば、試合中の負傷で半身不随になる者もいます。加えて、リング上で演じるキャラクターで歓声を受ける事に中毒となり、引退後は自分を見失い酒びたりになるなど、華やかな舞台の裏は地獄です。

キャラクターを作って振る舞い、ハデに痛めつけあう事を見せる。
「なぜこのような事をするのか?」という疑問を追ったドキュメンタリー「ビヨンド・ザ・マット」という映画があり、これを見ればショーの裏のリアルがよく分かります。
(私は映画館で見て、さらにDVDを持ってます。そのぐらい名作)

 

▼ファンに近い位置のWWEレスラー達
各レスラーにキャラクターがあり、週2回のメインの番組で抗争を演じます。何気なく見てるつもりが、いつのまにか彼らが心に住みつきます。

”エディ・ゲレロ”というレスラーが数年前に急死しました。ラテン系の明るいキャラで、そしてファンを楽しませるためにレスリングに全力を尽くしていました。
彼が死んだニュースは当時、日本のYahoo Japanのトップにも表示されました。それは、あまりにも突然の事でウソだと思わざるえませんでした。

だが、彼が死んだ事が事実だと知ると、マジで涙が出て自分自身でも驚きました。
だって知り合いでも無い、見ず知らずの外人ですよ。
その夜は遅くまで、酒を飲みながら彼の試合のDVDを見てました。

言葉だけや格好だけの「追悼」ではなく、自然にそんな行動に出た自分に驚きましたよ。もう彼のレスリングや笑顔が見れないと思うと涙が止まらない。
自分にそんな感情があったという、何か新たな発見というか、言葉に表せない気持ちでした。

NFLではテレビ観戦なのにマジで手足が震えるほどのギリギリの緊迫感をもらいますが、WWEでは虚構とリアルの間の不思議な世界と、ファンに命を捧げるレスラー達に感動をもらいます。

 

▼エッジ引退の理由
で、このWWE王座を獲得している人気スターの”エッジ”が突如、引退を発表した理由。簡潔に言うとドクターストップです。
ファンの前で自ら引退を発表する彼の顔からは、「自分は続けたいのに止む得ない」悔しさが伝わります。

先ほど説明したショーの裏側を念頭に置いて読むと理解できる、引退スピーチの日本語全文を掲載します。
ファンの前かつ生放送でのスピーチにも関わらず、事情や思い出、感謝を分かりやすく簡潔にまとめた素晴らしい内容です。

エッジリングイン。
「俺の説明は分かりにくいと思うが、ガマンして聞いてくれ」
「WWEの試合は安全だと言われている。過激なプレーには裏があると思うんだろうな。」
「だがリングで闘ったことのあるものなら、それはデマだと知っている。」
「実際のところ約8年前、俺も試合で首の骨を折った。」
「その時はノドを切って、骨を金属で固定するという大手術を受けた。」
「おかげでレスラー生命は少しばかり延びたよ。」
「だがこのところ、体に強い痛みを感じるようになったんだ。」
「そして、腕の感覚がマヒしてきた」
「だから、医者の了承を得た上でレッスルマニアの試合へ臨んだ。」
「だが、レッスルマニア後、団体から精密検査を求められた。」
「その結果、下されたのは、引退宣告だった」

困惑するファンの顔が映し出される

「俺自身は不本意だが、それしか道はないそうだ。」
「逆らえば車イス生活になっちまう」

涙目で次の言葉に詰まるエッジ。ファンから拍手。

「ヤバイ、困ったな。」
「まぁ、なんと言うか・・・、みんなありがとうな」

会場のファンから「ありがとうエッジ」コール

「この1週間、俺の中でいろんな感情が渦巻いた。」
「自分の不幸を嘆きもした」
「だがクリスチャン(レスラー名)と話をして覚悟が決まった。」
「念のため伝えておくが俺たちは27年来の親友だ」
「引退宣告を受けた後、俺は自分の憤りを感じた」
「俺を頼ってくれる連中を裏切る結果となったからな、みんなを悲しませちまう」

「それに何よりも、引退の時期ぐらい自分で決めたかった」
「だがクリスチャンの言葉で幕を引く決心がついた」

「今でも みんなと同じようにWWEの大ファンだ」
「ガキのころクリスチャンとWWEの試合を観戦した。LODやデモリッションのな」
「彼らの試合に大興奮したよ。レッスルマニアのホーガンvsウォーリアー戦を見たとき、俺もレッスルマニアに出ると誓った。」
「そして時は過ぎ、俺は2008年のレッスルマニアでメインを張った」
「まさか実現するとは夢にも思わなかった。」
「WWEで活躍する自分を11歳の俺が想像できたか?できるわけがない」

「偶然にも俺の引退試合はレッスルマニアのメインである世界王座戦だ」(※最後の試合でなく、1試合目だった)
「そして王者として引退。こんな素晴らしい幕引きはないぜ」

「俺はWWEに入団した時、まだ23歳だった。19年間のキャリアのうち、14年間をここで過ごした。」
「WWEで初めて闘ったのは96年5月だった。」「だが、当時を振り返ると俺もガキだったな。」
「みんなの前で随分と失態も犯した。だが、それらを教訓に一人前になれた」

「俺はもともと、ダサい格好で物静かに街を歩いているような男だ」
「それが入団後、吸血鬼キャラを演じた。そしてクリスチャンとマヌケ面でポーズをキメていた。」「その後史上随一の嫌われ者になり、番組内で海に投げられもした」
「リタとの公開セックスも良かったぜ」
「そんな俺のレスラー人生を団体の奴らに認めてもらえたら嬉しい。みんなも認めてくれるよな」

会場から拍手

「俺はいつでも、リングに上がれば、みんなのために全力を尽くした。みんなも全力でこたえてくれた」
「だけど、寂しくなるぜ。入場する時のみんなの歓声も聞けなくなるな」
「アドレナリンがわき上がり、最高の気分を味わえた。」

「だが明日から衣装は必要ない。甘い物もたらふく食える。」

「もしJR(団体の実況からスカウトまで行う重役)と出会ったWWE入団時に戻れたら・・・」
「飛行機で巡業する生活を喜んで繰り返すだろう。不眠、ケガ、手術。歯が抜けることも構わねぇ。」
「戻れるなら・・すぐに戻るぜ」

「今までありがとな」

ファンが総立ちになり握手。
やりきれない表情でゲートに迎い、天に指を指して退場。

▼おまけ:エッジのデビュー

  1. あかお より:

    ショーの裏のリアル。ぼくもプロレスの魅力はそこにあると思います。

    昨年、ショーン・マイケルズが引退したときのスピーチもすごかったです。レッスルマニアでのアンダーテイカーとの試合に敗れたから引退、というギミックなのに、レッスルマニア翌日の引退スピーチでは「もう体力が限界なんだ」と静かに言ったことには驚きました。そして様々な人に謝辞を述べる中、映像制作のスタッフの名前をあげ、「彼のおかげでおれはスターらしく見えた」と言ったところで、はじめてぼくはマイケルズの人間性を知りました。

    ただ、DX復活、テイカーとのWM再戦など、半年以上かけて引退の花道を盛り上げてもらったマイケルズと違って、エッジの引退は唐突でした。たぶん、クリスチャンとのコンビ復活は引退の花道を演出するためだったと思いますが、引退が予定より早まったせいで尻切れトンボになってしまいました。残念です。

    会社側の急な判断の裏には、日本の三沢の事故も影響していると思います。

    1. JETS狂 より:

      マイケルズは一度腰を負傷して引退したのに、復活してからずいぶん長い間活躍し、ムチャをいっぱいしてきましたね。
      殿堂入りを果たしたのは良かったのですが、もう二度と復帰しないことを実感し、これも悲しかったです。
      私がマイケルズを初めて見たのは、1度目の引退後でロックvsHHHの審判役のスポット参戦でした。そう振り返るとマイケルズは本当に超人でした。

      正直、エッジがこんな幕引きならば、WM27でロックが絡むシナvsミズはセミファイナルで、エッジの試合を真のメインにしてほしかったです。

  2. HITMAN より:

    エッジが引退ですか、残念です。
    WWEはあまり詳しくない僕でも、大好きだったエディ・ゲレロやミステリオ、アンダーテイカーやこのエッジは本当にレスラーとしてもエンターテイナーとしても最高の存在だと思っています。
    僕はアメリカのプロレスこそが、真のプロレスだと思っています。
    日本のプロレスラーも見習うべきものが沢山あるような気がするんですけどね・・・。

    エッジお疲れ様!!とにかくゆっくり休んで欲しいです。

    1. JETS狂 より:

      どんどん好きなレスラーがいなくなっていって寂しいですが、これが時代の流れというやつなんですね。
      エッジを始め、ロック、ストンコ、エディ、ベノワ、マイケルズ、カート、レスナー、ハーディーズ、ダッドリーズ、トゥークール、RVD、ビリーガン、キッドマン、DDP、・・・・・などなどが毎週試合をしていた豪華なあの頃に戻れるなら、私も戻りたいです。

      脱線しましたが、誰しも不本意な幕切れなのですが、こればかりはしょうがないです。
      エッジ&クリスチャンの「長いものには巻かれろ」的なマヌケな策略を企てるバカ兄弟や、激写ポーズのコーナーで毎週笑わせてくれたことから始まり、そして最後には感動をもらいました。
      (次回のスマックダウンはもっと泣きが入りそうです)
      本当に長い間、お疲れ様でした。

  3. ちゅる より:

    JETS狂さんのセリフ起こしを読んだ後だから泣けないだろう、と思ったんですが、実際RAW見たらやっぱり涙が。感動的なスピーチでした。

    エジクリは「何だよ、このバカ兄弟はwww」って感じで最初見てたんですが、ハーディーズ達との一連のTLCマッチでの凄さを見て、違う意味で「コイツらホントにバカだぜ!!」って感心したもんでした。

    ロス・コンキスタドーアズでしたっけ?金色の覆面かぶってるのにバレバレ、という。エジクリ復活してアレが見たかったなあ。

    1. JETS狂 より:

      ありました!!エジクリだとバレバレのナゾの仮面タッグ「コンキスタ・ドアーズ」!!。
      すんごいうる覚えですが、”コンキスタ・ドアーズ”が試合した後は、なぜかエジクリの二人が息切れしてるって、古典的なネタでしたっけ。

      懐かしいなぁ。今のWWEってグローバル化するにしたがって、昔みたいなおバカが殆ど無くなって、寂しい限りです。

  4. Real Edge head より:

    僕はあの時突然の引退が本当に信じられなくてビックリ
    しました。一番最初に好きになったのはクリスチャンでその次にエッジが好きになりました、その時はあの二人が27年来の親友とは知らなかったのでそれを知った時はなんだか変な運命みたいのを感じました。僕はエッジが一番プロレスラーの中で好きでした。プロレスもできトークも上手い、人を大切に思い対戦相手を敬いファンに親切で人間性も好きでした!でもWWEを見始めたのが遅いかったためにエッジを一度も生で見たことがなかったんですよ。そればあまりに唐突すぎた引退にもう全てのレスラーが来年はもう引退しているかもしれないと思うようになりそれから毎年日本公演に行くようになりました。
    プロレスラーというのは自分の体を壊してまでファンを喜ばせたいものだと強く思いましたし、いつも体を張っているレスラー達には尊敬しかありません。昨日エッジのDVDを見たのですがやはり最初のTLC戦に始まり最初のマネーインザバンク戦と数々のラダーマッチ セル戦
    炎上するテーブルへのスピアーどれも過酷な試合ばかりでずっとエッジのレスラー復帰はわずかながら望んでいましたが、僕の大好きなには体を休ませてゆっくりと健康に過ごしていって欲しいと思いました!
    長くなってすいません。
    とにかくリスペクトしかありません無名のレスラーの道を開いたエッジに感謝です

    1. JETS狂 より:

      Real Edge headさん>
      ウチはNFLのサイトなんですけど、この記事は未だにアクセスがあり、自分のその時の気持ちを率直が記録されて、書いて本当に良かったと思います。
      私は2000年ごろからWWE(WWF)見出して、その頃はエッジはクリスチャンとコンビでバカ兄弟をやってんたんですけど、毎回腹がよじれるぐらい笑わせつつ、WM2000やWM17の体を張った試合に感動させてもらいました。
      それだけに引退のセリフ中の「WWE入団時に戻れたら・・」のくだりは涙が出ます。
      エディ、ベノワ、HBK、エッジと感動をくれたレスラーが次々といなくなりますが、なかなか次世代にスターが生まれずシナに頼る現状が歯がゆいですね。
      といいつつ、新世紀の始まりとなるWM30には期待しています。

      1. Real Edge head より:

        返信ありがとうございます。エッジ&クリスチャンを放送で見ていたのは羨ましいです(≧∇≦)
        WM30ではストンコールドが帰ってくるかも知れないらしいですよ!
        なんだか最近は技術がある選手のプッシュが多くなって良かったですアクセルやウッソーズなど、さらにはRVDも帰って来たので今年のレッスルマニアはめちゃくちゃ期待してます!

  5. 匿名 より:

    素晴らしいまとめ記事に感謝します。
    ありがとう

    1. JETS狂 より:

      匿名さん>
      コメントありがとうございます。
      エッジのセリフは涙なしには聞けないですよ。彼の本音とプロレス愛が分かるだけに非常に悔しい思いでしたでしょうね。

コメントを残す