コッチェリーはスティーラーズへ

先日、本人の要望によりJETSからリリースされたWR”ジェリコ・コッチェリー”の新天地がスティーラズに決定しました。
なんかコールズと同じような運命をたどりそうで、イヤですねぇ。

[SPONSORED LINK] ▼コッチェリーはスティーラーズと1年契約
コッチェリーは最初に訪問したスティーラーズを1度は断ったようですが、レイブンズとの契約が上手くいかないため、再びスティーラーズと話をして1年契約にこぎつけたようです。

スティーラーズではWR”マイク・ウォレス”とWR”ハインズ・ウォード”に次ぐ3番手を争う形になります。
そして結果的にホームズとコッチェリーという、かつての両エースWRを交換という形になりました。

果たして長年JETSに慣れ親しんだコッチェリーがスティーラーズの厳しい環境に対応できるのか?
そこにチアはいないぞ!コッチェリー!!(・ω・)/

  1. ぷんじん より:

    1年契約で3番手なら出てかなくても良かったように思うのですが…。自分を試してみたかったんでしょうか。
    活躍して欲しいような、欲しくないような…複雑な心境ですねえ。
    JETS戦以外、特にNE線などでは大活躍して欲しいですね。

    1. JETS狂 より:

      コールズがカットされ、ベンガルズに移籍した時も「JETS戦以外で頑張れ」と、同じような事を願いました。
      しかしそれもかなわず、JETSに戻ってきてもロースターの空きを作るために即カットという悲しい結末でした。

      愛着がある選手には、他のチーム(ライバル以外)でも活躍して欲しいのですが、SBリングをゲットしたビルマ以外はパッとしませんね。
      やはり才能があってもチームとマッチしなければ実力は出ない。各ポジションの役目がはっきりしているアメフトだからこそ、それがハッキリでます。
      レギュラーシーズンはスティーラーズと対戦がないので、コッチェリーを存分に応援しましょう。

コメントを残す