もはや昔の牛ではない。死闘必至のビルズ戦

頭脳派QB vs 超天然QB
昨シーズン途中からビルズの先発に昇格したQB”フィッツ・パトリック”。
チームはPO進出に絶望的な状態にありながら彼の目は生きており、スクランブルも最後はスライディングせずに相手D#に体当たりしてまでヤードを稼ぐ。

「このヒゲオヤジの気迫はなんなんだ?」と、驚異を感じていましたがそれが見事に的中しました。
今シーズンのビルズは快進撃を続けて、パッツに8年ぶりに勝利し現在AFC東の首位。

一方、近年は2年連続チャンピオンシップに出場している我らがJETSは、ロード3連敗が響きましたが、なんとか首位に1勝差で食らいついております。

そしてBYE空け1発目にビルズとの直接対決を迎えました。今シーズンのターニングポイントとなる試合になるには間違いないでしょう。
負けられぬ戦いがここにある!!

[SPONSORED LINK] ▼インジャリーリスト

Name Position Injury Practice Status Game Status
NYJ
Plaxico Burress WR Low Back Limited Participation in Practice Questionable
Mike Devito DT Knee Limited Participation in Practice Questionable
Kenrick Ellis DT Ankle Limited Participation in Practice Questionable
Isaiah Trufant CB Hamstring Limited Participation in Practice Questionable
Marcus Dixon DT Knee Full Participation in Practice Probable
David Harris LB Ankle Full Participation in Practice Probable
Nick Mangold C Ankle Full Participation in Practice Probable
Calvin Pace LB Groin Full Participation in Practice Probable
Ropati Pitoitua DE Knee Full Participation in Practice Probable
BUF
Demetrius Bell T Shoulder Did Not Participate In Practice Out
Kyle Williams DT Foot Did Not Participate In Practice Out
Aaron Williams CB Chest Limited Participation in Practice Out
Chris Hairston T Ankle Limited Participation in Practice Questionable
Chris Kelsay LB Calf Limited Participation in Practice Questionable
Ryan Fitzpatrick QB Chest Full Participation in Practice Probable
Donald Jones WR Ankle Full Participation in Practice Probable
Johnny White RB Illness Full Participation in Practice Probable
Andy Levitre G Shoulder Limited Participation in Practice Probable

→前回爆発のバレスおよびDLが傷んでおります。フレッド・ジャクソンを何としても止めねばならんのに、これはイカン。
ビルズ側は、NT”Kyle Wiiliams”が前回に続いてOUTで、またもNTにドラ1”マーカス・ダレウス”を起用する9サック布陣できます。
LTが先発がOUTでバックアップも傷んでいます。ここがウィークポイントか。

▼どうなるビルズ戦
忙しいので、細かい情報は置いておいてザっと整理。
とにかく止めねばならないのがRB”フレッド・ジャクソン”。トータル721ydを走ってリーグ4位の獲得ヤードを記録しており、これはグリーンとトムリンソンのラン総数を足してもかないません。

ドルフィンズ戦、チャージャーズ戦と一時期よりはランD#がマシになっているとはいえ、まだランD#はリーグ25位。ビルズはランの強さを武器にスプレッドO#を展開してくるので、まずこやつを止めねば勝負になりません。

ランさえ止めりゃINT数の多い”フィッツ・パトリック”に対して、リーヴィスがエースをカバーしてプレッシャーをかけて、いつもどうり追い込みたいところですな。

WR”リー・エバンス”が抜けた後のエース”スティーブ・ジョンソン”にリーヴィスがつくと思いますが、スタッツを見ていてもRB”フレッド・ジャクソン”がレシーブでも上位に食い込みつつ、週替わりでいろんなレシーバーが活躍してるような雰囲気でレシーバーのコマが揃っている感じです。
加えて、昨シーズンドラ1のスピラーもレシーバーとして投入してくるので、パッツ並にカバーする相手を絞りにくいでしょうね。

だが、そのパスを投げるQBはブレイディでなくフィッツ・パトリック。
ハーバード大出身の超頭脳を持つQBですが、確実に理詰めな頭だからこそライアンのD#にハマリやすいかもしれません。

先週チャージャーズ戦もリバースに”ビンセント・ジャクソン”からリーヴィスのカバーが外れたと見せかけて、喜んでジャクソンに投げたところに罠をはって、見事に2INT奪いました。
とにかくランをとめて、パスを投げざるえない状況に持って行きハメる事に期待です。そしてプレッシャーをかけるには古巣ビルズで苦渋を舐めて、JETSで再起を図るメイビンの力がどうしても必要ですね。やったれメイビ~~ン!!

で、JETSのO#ですが先週同様にサンチェスが初っ端からOLに守られてリズムを作れればイケます。
しかし相手はレッドスキンズ相手に9サックを記録した血に飢えたパスラッシュ。とくにNT不在のためにNTに入ったドラ1”マーカス・ダレウス”が先週は2.5サックを記録し、NTの方が機能するんじゃなかと思うぐらいマルチな才能をみせております。

しかし、そんな若造にC”ニック・マンゴールド”が好き勝手させるワケがない。あとLT”ウェイン・ハンター”がドルフィンズ、チャージャーズ戦ともに素晴らしいブロックを見せて進化が見られます。
加えてLG”マット・スローソン”も進化中。この2つのポジションはかつて”アラン・ファニカ”と”ダミアン・ウッディ”というプロボウルかつSBリングをいっぱい持つ超ベテランが埋めていたポジションであり、それに追いつくまいという勢いで成長中です。

とにかく上り調子のランに乗っかって、サンチェスが序盤から落ち着いて投げれる環境を作ることが大事ですね。

サンチェスといえば今シーズンは1試合に1発は決めるロールアウトからの超ロングパス「サンチェス砲(勝手に命名)」が出ておりません。
やはりバレスはWR”ブレイロン・エドワーズ”ほどDBをちぎる足は無いのでしょう。つまり今シーズンはサンチェスの1発には期待できぬ状況です。とにかく1発が無い以上、リードしながらミスが無いように刻んで行って、時間を使う展開が望ましいです。

余談ですがサンチェスって成績悪いのに勝てるQBである理由の1つに、勝ち試合を壊さないという特徴があります。
“●ニー・ロモ”や”フィリップ・リ●ース”のように勝利1歩手前でファンブルしてブチ壊す事は確実に無いのが救いですな。

あと、新リターナーのマクナイト vs 旧リターナーのブラスミの対決も楽しみ。ブラスミは当然、古巣と初対戦であり、ビルズでのパフォーマンスにも注目です。

不利な事にビルズはホーム無敗、JETSは逆にロード全敗。しかも今シーズンは新CBAのおかげで4日連続の休暇を義務付けられており、BYEあけのチームが負ける傾向でデータ的にかなり敗戦濃厚です。
しかし、今までどんだけの逆境を覆してきたJETSです。ビルズ、パッツにスカッと連勝してAFC東の首位をGETしたいものです。

今週の勝利への金言
ハーバード大を卒業してアメフト選手になるなんて、私が親なら確実に止める
以上

  1. YM5 より:

    確かに、言われてみると●モやリ●ースって接戦になればなるほど最後にやってくれますよね。

    先週のMNFも、こりゃSD勝利かなと思った瞬間にやってくれましたし。

    でも、むしろリバ●スらしく不思議と驚きはありませんでしたw

    SDはHCが一番の補強ポイントというネタもあるくらいですが、こういう「持ってない」QBがいる事もそれを増長させているのかもしれませんね。

    でも、そんなリバースが大好きだけどね!(大笑)

    で、BUFのフィッツパトリックですが、去年のJETSさんとの試合を見て、完全に試合が終わった状況でも、一人だけ闘志が漲っていた事をよく覚えています。

    半ば無謀なスクランブルも(他チームのファンなのでハラハラする事なく)むしろ気持ちいいくらいでした。

    贔屓目に見ても7:3でBUF有利(でも、勝敗予想ゲームではJETSにBET)と予想しますが、全く勝つチャンスがない訳ではない……というか、PHI戦みたいに接戦になったら相手が勝手に自滅してる印象があるので、試合を壊すミスをしないサンチェスならやってくれるかも。

    1. JETS狂 より:

      数字に残らない強さってこういう部分かと思いますね。リバースは優秀には違いないですが、本当にツメが甘い印象があります。
      BYEあけが逆に不安要素となるシーズンになってしまいましたが、勝ってくれなきゃシーズンエンドにかなり近づくので、死んでも勝て!

  2. カゲ より:

    フィッツ・パトリックがハーバード大卒って知りませんでした。
    今回もサンチェスはやってくれますよ。
    はらはらさせられそうですが、、、

    1. JETS狂 より:

      フィッツはQBの知能を測るナントカテストでもほぼ満点の成績を収める筋金入りのかしこさです。
      日本の新聞の記事にもでるぐらいハーバードはブランドですな。
      試合の方は、心臓に悪い展開は毎度の事ながら、やはり僅差の勝負になると思いますね。
      とにかくD#です。波状ブリッツで、ハーバード卒の賢い脳みそをぐっちゃぐちゃにしてくれることに期待です。

  3. いよいよですね。Week9に初対戦なんて,最初はふざけたスケジュール組みやがってと恨み節でしたが,まさかこんな展開になっているとは思いませんでした。w

    何より,昨年まで箸にも棒にもかからなかった我がビルズが,まさかライバルとして対戦できるまでになっているとは。。。

    なんだか,予想ではうちが随分有利みたいに言われていますが,そんなことはないでしょう。どれだけ数字や理屈を並べられても,過去2シーズン,全ての試合で蹂躙されたという事実は脳裏から離れません。Fitz,FreddieもNYJ戦では全く結果を残せていませんので。

    まあ,この試合は今シーズンの数字やチーム状況,Bye明けなどのデータなんかは全く関係が無いような気がします。ライアンには,そういう数字やデータは通用しないでしょう。

    Fitz&チャンのオフェンスが通用するのか,ライアン率いるクラッチなディフェンスが未だ健在なのか,とにかく楽しみです。
    多分,どっちのファンでなくてもライブ観戦していたと思いますねえ。それだけに,GAORAにはライブ中継を期待していたナー。(G+には期待せず)

    まずは,お手柔らかにお願いします。_(._.)_

    1. JETS狂 より:

      本当にこの状況でビルズ、パッツと連戦とはなんちゅうスケジュールでしょうか。下手を打ったら、もうここでシーズンエンドが決まってしまうような状況です。
      昨シーズンは2戦とも圧勝、しかも前回の対戦はWeek17でJETSは主力ぬきで勝利でしたから、マジビルズとやるのが久しぶりで怖いです。

      とにかく好ゲームに期待です。試合が終われば互いにパッツを引きずり下ろすために頑張りましょう。

  4. takuya-ik より:

    昨シーズンの最終戦での対戦を現地で観ましたがビルズにすれば全く意味のない試合だとはいえ「なんてやる気のない弱いチームだ?」と思ってましたがあの時は完全に別のチームですね。
    この試合がシーズンの山場の試合になるとは思ってもみなかったですね。負ければ結構崖っぷちですよね。パッツが大崩れしない限り。今年のビルズは本物な気がしますが、ジェッツも前の試合は本物の予感?を感じさせてくれました。やっぱり期待はメイビンですね。彼が活躍して勝てば今後のチームの状況は好転してくると思うので楽しみです。仕事休みで生観戦できるので私も気合い入れて観ます。

    1. JETS狂 より:

      現地観戦に続いて、生観戦とはうらやましすぎる。さすがに夜中3時スタートは、ちょっと考えてしまいます。
      昨シーズンは2戦とも圧勝だっただけに、パッツを破った今シーズンのビルズは恐ろしいですね。
      だがシーズン序盤でなく、Week09で初対戦だったのが救いです。今のJETSならば応戦できる気がします。
      BYEの影響がどうでるか気になるところですが、絶対に勝ってもらいましょう。

コメントを残す