今週のAFC東:Week12

09000d5d8247002a_gallery_600-rs

リームチーム(死語?)に夢を見る
いよいよ2011シーズンも佳境に入ってきました。
我らがJETSはなんとかライバルビルズを撃破し、PO出場に首の皮一枚つながったエディションです。

これで首位のパッツが負けれくれればバンザイなのですが、その相手はヴィック欠場で代役がヴィンス・ヤングというイーグルス。
しかしヤングは先週の試合で勝利しているので、パッツ撃破に期待できます。

今週のAFC東はどない?

[SPONSORED LINK]
▼ドルフィンズ 19-20 カウボーイズ
感謝祭で現地木曜に行われた試合は、連勝ノリノリのドルフィンズ vs NFC東の首位のカウボーイズ。
ドルフィンズはQB”マット・ムーア”のファンブルロストを起点にTDを奪われる最悪な展開だが、D#が奮闘しロモから2INTを奪う。

第4Qに19-17と、ドルフィンズがリードするも最後はカウボーイズにO#を渡してしまい、ラスト3数秒で敵陣10yまで進まれ、最後はカウボーイズK”ダン・ベイリー”が逆転サヨナラFGを決めて試合終了。ドルフィンズは惜しくも敗れました。

カウボーイズは序盤、勝てる試合を逃す展開でしたが最近は勝ち運がついて絶好調。
ドルフィンズも負けはしたものの、シーズン序盤は全敗コースと見られていた時とうってかわって地区首位と競り合うチームになりました。

ドルフィンズとはWeek17で再戦ですが、当初の予定より厳しい戦いとなりそうです。

▼ペイトリオッツ 38-20 イーグルス
イーグルスは初っ端からヤングのロングパス&マッコイのランで先制しリードする。
だが第2Qに入るとパッツが本領を発揮し、ブランチとウェルカーへバンバンTDパスをヒットさせ一気に突き放す。

後半も終始パッツのペースで点差は広がり続け、パッツの圧勝に終わりました。
パッツはブレイディが361yd獲得3TD0INTと爆発。そして不振のハズのDBが活躍しイーグルスのO#を封じました。

本当にパッツは沈まない。お願いだから誰か止めてくれ。(´д`lll)

▼今週のAFC東
1位:ペイトリオッツ 8勝
2位:JETS 6勝
3位:ビルズ 5勝
4位:ドルフィンズ 3勝
→ビルズとの重要な直接対決を制して、パッツに2勝差で喰らいつきます。
残り5試合でパッツを抜くにはかなり難しい状況です。とにかく勝ち続けるしかありません。

▼Week13
・JETS vs レッドスキンズ
→終盤は比較的ゆるいスケジュールですが、油断大敵。
グロスマンが出るかワロスマンが出るかで勝敗が大きく左右されるでしょう。

・ペイトリオッツ vs コルツ
→開幕前はパッツの黒星を計算できるカードと思ってましたが、ご存知のとおり今シーズンは1勝も出来ないコルツ。もはやここはボーナスステージです。
いやいや、QBがペインターからオーロフスキーに代わり、さらにDCが交代するので大波乱に期待しましょう。

・ビルズ vs タイタンズ
まだまだ希望はあるビルズの相手は、クリス・ジョンソンが復調ぎみのタイタンズ。
タイタンズは現在地区2位。QBに迷走する首位テキサンズに追いつくチャンスなので、負けられません。

・ドルフィンズ vs レイダース
負けたとはいえ力を見せたドルフィンズの相手は、AFC西単独首位に立ったレイダース。
レイダースは恐るべき神通力で連勝を重ねるブロンコスが、直ぐ後ろに迫ってきているので必死でしょう。
個人的に注目の試合の一つです。

コメントを残す