クレメンスに追い風?ショッテンハイマーがラムズOCに&その他

っちゃニュースを放置してます。
スーパーボウル目前。盛り上がってまりましたが、少々JETSのニュースを放置していますので、さらっとお伝えします。

[SPONSORED LINK] ▼”ブライアン・ショッテンハイマー”がラムズOCに就任
タイタンズを17シーズンも率いてきた”ジェフ・フィッシャー”がラムズの新HCに就任し、その周りを固める人事に注目が集まっておりましたが、DCはセインツのDC”グレッグ・ウィリアムス”が就任。そして、OCには元JETSのOC”ブライアン・ショッテンハイマー”が就任しました。

ショッテン・ハイマーとラムズとの縁は、1997年にラムズのオフェンスアシスタントコーチに就任し、コーチ人生をスタートしております。
その後は、チャージャーズのQBコーチに就き、その後JETSのOCに就き、この度ラムズに帰ってきたという経緯です。

さて、ラムズと言えば昨シーズン終盤にブラッドフォードとそのバックアップQBが倒れたため、ラムズで先発を掴んだ元JETSの”ケレン・クレメンス”がいます。

大きな活躍を見せたわけでもなく、来シーズンはラムズにいないと思ってましたが、ここにきてJETSでも一番付き合いが長かったショッテンハイマーが来た事が大きなアドバンテージになるのではないかと見ています。
ショッテンハイマーを誰よりも良く知っているクレメンスの存在は、ショッテンハイマーの大きな助けになると思います。
ブラッドフォードが当然先発でしょうが、とりあえず職には困らんか?

▼RG”ブランドン・ムーア”がプロボウルへ
さてJETSのニュースです。パッツのSB行きが決定したため、”ブライアン・ウォルター”の代役としてJETSのRG”ブランドン・ムーア”が9年のキャリアで初のプロボウル選出です。

以前に「目立たないけどスゴイ選手」という記事にも掲載されたムーア。たしかに長いことJETS狂の宴をやっておりますが、彼の名前を書く事はあまり記憶にありません。逆にいうならば欠場しないしパフォーマンスが安定しすぎなんです。
代役ですが、やはり見る人は見ているようで次点として選ばれました。

JETSのプロボウルはCB”ダレル・リービス”、C”ニック・マンゴールド”、LT”ドブリカショー・ファーガソン”に続き4人目。特のOLから3人とは立派です。
それゆえにスローソンとハンターが弱点となって、そこを徹底的に責められてる気がします。

▼トムリンソン、ジェッツのロッカールームを語る
1週間前のニュースになりますが、トムリンソンが「JETSのロッカールームは私が見てきた中で最悪だ」と語っています。これはロッカールームがめっちゃ汚いという意味ではございません。 ∑(゜ Д゜)

その意味はシーズン中のサンチェスとホームズの亀裂がロッカールームに最悪の空気をしていたということです。
トムリンソンいわく、二人の確執はWeek3,4から発生。3連敗の後でホームズは手に負えない状態になっていたとの事です。
だが「この状況を作ったのは組織で、彼らが望んでいるフットボールチームのスタイルだ(ライアンやタネンバウムも強気で自信家であるスタイル)」とも言っておりチーム批判とも捉えれますが、彼はライアンの元でプレーすることに関しては好きだと言っております。

ただライアンの「必ずSBを制覇する」的な大口は開幕時にはいいが、毎回言っていると対戦相手にやる気を出させるだけで逆効果である事を指摘。これに関してライアンは来シーズンは大口を控えるようにすると、コメントしております。

匿名の選手からサンチェスが怠惰であるコメントをしているとニューヨーク・デイリーで報じられた事に関して、トムリンソンはそれを否定。サンチェスは今の厳しい状況を打開できる力があると擁護しております。ただ、先発争いをしていない事で甘やかされている事を指摘しております。

今シーズンで契約が切れるトムリンソンの去就に関しては不透明な状況ですが、今シーズンの反省を糧に来シーズンは心機一転で、今度こそスーパーボウルに進出して欲しいものです。

  1. カゲ より:

    2ndで残れるのでは?
    一応 追い風ですな~

    1. JETS狂 より:

      もとよりバックアップがいますから、まずそれと争わねば。しかしショッテンハイマーのO#を普及させるのに、クレメンスは大きな助けになるでしょうし、有利には違いないですね。
      消えそうで消えないクレメンス。完全にネタQBですw。

コメントを残す