FA解禁!さてJETSは?

10583900-large

かな滑り出し
とうとうFA解禁!!1番大きな動きを見せたのはベアーズ。
カトラーのデンバー時代の相棒,、WR”ブランドン・マーシャル”をドルフィンズから3巡×2という、お得なトレードでGET。
さらに、昨シーズン前半でレイダースを引っ張ったが、負傷でシーズンアウトしたQB”ジェイソン・キャンベル”をバックアップに引き入れました。

昨シーズンは初っ端からパッカーズ、ライオンズに大きく差を付けられたベアーズの逆襲に注目ですね。
で、JETSはどうなのよ?

[SPONSORED LINK]
▼NT”サイオン・パウア”と3年契約
FA解禁前にNT”サイオン・パウア”が、JETSとの3年15Mの契約に同意しました。
現在33歳で、NFL歴7年のベテランですが長い間、芽が出ませんでした。しかし、2009、2010シーズンに”クリス・ジェンキンス”のシーズンアウトの穴を見事に埋めて先発昇格。

今では、ランストップになくてはならぬ人材です。この契約にJETSファンは一安心。
( ̄▽ ̄)=3

▼OLB”ブライアン・トーマス”と1年契約
JETS一筋で10シーズン所属してきたOLB”ブライアン・トーマス”と1年契約です。
2002年ドラフト1巡のトーマスももはや老朽化の進むLBの代表格。キャリアの最後はJETSで終えたいと言っておりましたが、その願いは叶える事となるようです。
いやいや、最後はSBリング取るんだぜ!!

▼C”クリス・オダウ”(Kris O’Dowd)を獲得
誰?って思うのは当然。彼は2011年ドラフトにて、どこにもPICされなかった可哀想な人。その後、カーディナルスにドラフト外で入りましたが、直ぐにカットされました。
この度、JETSが獲得した理由は、RTハンターの代役争い候補のためだと思います。

しかしながら、このオダウ君。出身はUSCでサンチェスにスナップしていた経験もあります。
昨シーズン、マンゴールドが負傷した時の代役”コリン・バクスター”がパフォーマンスが悪いのみならずスナップミスを犯しやがったので、サンチェスと連携が出来てるCのバックアップという意味も含めてるんでしょうね。

・・・・以上!FA初日は地味に終わりました。 ∑(゜ Д゜)

▼オーナー”ウッディ・ジョンソン”が兄者レース終了を宣言
サンチェスと契約延長した時点で分かってることですが、オーナー”ウッディ・ジョンソン”自ら、“We passed on him,”とマニング獲得レースから撤退宣言をしました。

取材によると実際にマニング獲得には、多少動いたことを認めましたが、結局はサンチェスを選択し、信頼を置くために契約延長という運びになったようです。
新OC”トニー・スパラノ&サンチェスの新O#にも期待しており、サンチェスと彼を中心とするチームを愛していると公言。

こうなったらサンチェス。やるしかない!! +  ( ・`Д・´)+キリッ

▼兄者はタイタンズへも訪問
ツィッターでちょっとつぶやいたのですが、都合のいいことマイアミとインディアナの間にテネシーがあります。
兄者はマイアミに寄った後、現地14日にタイタンズへも訪れるということです。

兄者獲得レースへの参加を一番遅く手を挙げたタイタンズですが、兄者の出身校テネシー大があり、古巣コルツと同じ慣れたAFC南。SB制覇するにも環境的にもキャリアを終えるにも、丁度いいチームでは無いのでしょうか。

昨年のドラフトで獲得したQB”ジェイク・ロッカー”もいますし、タイタンズ的にも超一流QBの元で彼を教育させれば、第二のロジャースも夢ではない。ハセルベックを切ってでも獲得したいでしょう。
CB”コートランド・フィネガン”と再契約しなかったのも、兄者獲得の資金のためでしょうか。

こりゃ結局はAFC南にとどまるのか。コルツのQBになるであろう”アンドリュー・ラック”との対決も楽しみですね。

コメントを残す