神の子、ニューヨークに降臨

ンバーから出されてもめげないぜ
なぜか、大事なニュースがあるのにドラフトの記事を先にUPしちゃいました。

大事なニュースとはティーボウが正式のJETSの一員となった事をお披露目する記者会見。
通常、記者会見に使用する部屋が、200名以上のマスコミが押し寄せ入らないために、屋内練習場にて30分ほどの記者会見となりました。

たかがバックアップQBの移籍に、これだけのマスコミが集まる記者会見って、かつて無かったのではないでしょうか。

[SPONSORED LINK] ▼サンチェスとはメル友
とにかく40回以上「興奮している」という言葉を言い放つぐらい、ティーボウは興奮して記者会見に臨んでおりました。
これから先発を争う事になるサンチェスに関しては「3年前のスーパーボウルのイベントで出会い、それ以来メールの交換をしている仲」だとコメントしております。
バックアップという位置づけに関しては、「自分はフットボール選手であり、チームに貢献できるなら、ポジションにこだわらない」とのコメント。

なぜJETSを選んだか?という事に関しては、JETSとジャガースから同じような条件でオファーがあった事を告白し、慎重に考えた結果、故郷のジャガースよりもJETSに移籍する方がBESTだと決断したとの事です。

しかし、後にティーボウは「エージェント”ジミー・セクストン”はHC”レックス・ライアン”のエージェントでもあり、先日のインディアナ・ポリスでのスーパーボウルのさいにも一緒にいた」と言っております。
まぁJETSに加入したのはエージェントの力もあったわけです。

▼サンチェスは?
追われる立場となったメル友のサンチェス君。記者会見を受けて、彼は「自分のポジションを失う事に関して、何の心配も無い」「HC”レックス・ライアン”とGM”マイク・タネンバウム”は完全に支えてくれており、何も変更は無い」と、自信を見せております。

加えて、ティーボウが来たのは、リプレースの為でなくチームを助けるためで共に勝利するためだと、共闘という姿勢を全面に出しております。

まぁ内心ビクビクだろうなぁ。(´・ω・`)

▼ついでにサンチェスの友達も帰ってきた。
ついでですが、昨シーズンのドラフト7巡で獲得したWR”スコッティ・マクナイト”と再契約しました。彼はサンチェスのハイスクール時代からの親友です。

昨年はプレシーズンに1TDレシーブするものの、アクティブロースターには入れずプラクティス・スクワッド入り。昨年11月にACL(前十字靭帯損傷)でインジャリーリザーブとなりました。

しかしながら、ティーボウの記者会見後に1年JETSと再契約いたしました。エージェントの話によるとACLの手術を行いリハビリも順調。トレーニングキャンプまでにはフルスピードで走ることが可能との事です。

彼との契約は戦力以外にサンチェスの支えの意味もあるのでしょうね。

コメントを残す