2012年6月13日放談:サッカー日本代表戦でも疑惑の審判

こんにちは。3日連続放談の時間です。
前回のPOST ではボクシングの疑惑の判定について書きましたが、昨日のサッカー日本代表 vs オーストラリアも審判のせいで、スッキリしない内容となってしまいました。

[SPONSORED LINK]
ご存知のとおり、1-1で引き分けたのですが、日本の失点というのがPK。ペナルティエリア内で内田が相手を不正に掴んだらしいのですが、スローで見ても両手で軽く触れただけで、ファールを取るようなシロモノではない。
その証拠に敵であるオジェックまで「あれはファウルではなかった」と指摘されるものであった。

しかしオーストラリアも審判の被害者。DFミリガンが後半11分で2枚目のイエローで退場となり、日本の栗原が2枚目のイエローもらって退場する33分間は、一人少ない非常に不利な状況だった。

そして極めつけが最後のフリーキック。日本はロスタイムにゴール手前でフリーキックのチャンスを得たのに、蹴る前に試合が終了してしまった。
普通ならば、フリーキックの後に相手がクリアした時点で笛が鳴るものなので、これにはサッカーをあんまり見ない私も驚いた。

この審判”カリル・アル・ガムディ”は、前回のワールドカップでも チリvsスイスでイエロー9枚、レッド1枚とカードをバンバン出したいわく付きの審判だったとの事。

オーストラリアはたしかに強かった。しかし好ゲームを審判に台無しにされ、強豪相手にアウェイで引き分けといえど、非常に後味の悪いものとなってしまいました。
やはり審判の主観での判断が絶対的であり、そのシステムの改善を行うことのないサッカーというものは100%好きになれないと、思ってしまいました。

NFLでもQBが投球の際にファンブルした場合、パス失敗?or ファンブル?という微妙な判定のシーンもあります。あと、ボールを捕球しているがコントロールできる状態かどうかってのも、判定が難しい部分ですよね。

しかし、テレビではリプレイのスローVTRが何度も流れ、チャレンジシステムもあり、判定に対してコーチのみならず我々も再確認し、議論により介入できる部分が大きいです。
(「微妙に線を踏んでる」とか、疑惑の判定のスローVTRを繰り返し流す時って、めっちゃ盛り上がりますよねw。)

「審判が絶対ではないスポーツ」。前回の繰り返しになりますが、これもNFLの好きな部分であります。

参考:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/2012/text/201206130003-spnavi.html

  1. kotoha より:

    審判のせいで日本も豪州も振り回されましたね。
    疑わしい判定をする審判で有名な人は、資格が本当に有効か議論してほしいものです。

    1. JETS狂 より:

      選手どころか会場のファンも視聴者もみんな振り回された感じです。FIFAは荒れたジャッジに対して査定はしないのでしょうか。
      本当にこいつにはもう日本戦とドイツ戦には出てきて欲しくないです。(屮゜Д゜)屮

  2. YM5 より:

    僕はオーストラリア代表監督のオジェックを尊敬しており、この試合もオーストラリアを応援していた訳ですが(見ると応援するチームが何故か負けるので)PS3で去年のJETS戦を見ながらTLを見ていましたが、FKやばいかと思ったら試合終了には色々な意味で笑ってしまいました。

    しかもこれで国際レフェリーだから何だそれですよ。

    それもサッカーではありますが、こういうシステムはどうにかならないですかね。

    そういえば、週末の予定はどうですか?

    村田斉潔が王子スタジアムにやって来る!

    1. JETS狂 より:

      本当に不安定なジャッジをする審判でした。サッカーって審判の顔色伺いながらやるスポーツなんでしょうか。
      だが、試合内容よりもショルダータックルでファールを取られた時の本田のジム・キャリーのような顔芸の方が心に残った試合でした。
      16日はすんごい微妙です。これでも子持ちなので、自由に動けないんですよ。
      ああ、村田さん。本当に来てくれるのかい?(´・ω・`)

コメントを残す