投票の宴>結果発表:なぜジャガーズは不人気か?

以前に行いました投票企画「なぜジャガーズは不人気か?」の結果を発表いたします。

そもそもの企画の発端が、全米のアンケートによるとジャガーズがリーグ1不人気チームだという事が判明したことからです。
なぜ不人気なのか、その理由を日本のファンに問いたいと思いました。

分かっていると思いますが、別にこの結果をジャクソンビルに送信したりはしないので、あしからず。

[SPONSORED LINK] ▼投票結果
1位:中途半端な強さでドラフトも成功しない
    27.5% (19票/27.5%)
>’99シーズンにSB制覇してりゃあねぇ…
>歴史がないってことも大きな理由かと。強さか歴史どちらかがあれば、ダサいジャージも愛しく思えるのでは。
 
2位:不人気のくせに、なぜ地元の星ティーボウを獲得しなかった?
    23.2% (16票/23.2%)

3位:スター選手が少ない (追加)
    11.6% (8票/11.6%)
>ジョーンズドリューとスコビーしか活躍してないイメージがある
>MJ以外にスター選手と呼べる選手は・・・ガラードのカットも不可解だしエースがギャバードじゃあ、ねぇ?

4位ジャクソンビルってどこですか? (追加)
    10.1% (7票/10.1%)
       
5位:トラでもライオンでもないジャガーという中途半端な生き物
    7.2% (5票/7.2%)

6位:都市圏が小さい上にジョージア州に近すぎる (追加)
    5.8% (4票/5.8%)
>都市圏の問題と、地区内での成績の要因もありそうです。

■少数派
・緑か青か分からぬジャージに黒メット
    2.9% (2票/2.9%)

・やっぱり、あのジャガーロゴ。
    2.9% (2票/2.9%)

・ラン偏重のコール (追加)
    2.9% (2票/2.9%)
>パスが通らないのでラン、負けているのにのラン、八方塞の感じで面白くなかった。

・大学アメフトが強すぎる (追加)
    4.3% (3票/4.3%)

・悠記派 (追加)
    1.4% (1票/1.4%)

■総評
因果な事に中途半端な強さためにドラフトの目玉を獲得できない上に、上位で獲得しても何かインパクトが無いんですよね。

ジャクソンビル・ジャガーズと言われて思いつくのがまずMJ。次にクビになったギャラードに、昨年ドラフトで注目されるもシーズン中は話題にもならなかった”ブレイン・ギャバート”ぐらいでしょうか。
(2010年獲得のDE”タイソン・アルアル”って名前はインパクトあるのに全く話題にもなりませんな)

今年のドラフトは5位でWR”ジャスティン・ブラックモン”を獲得し、ギャバートとのホットライン構築に力を入れております。これが成功するのか楽しみですね。

2位に関しては、ティーボウよりギャバートを選択したのは当時の評価では間違いは無いのですが、地元のスターであるティーボウを採っていれば間違いなくジャクソンビルの活性化につながったでしょう。
ファーブ、トムリンソン、ティーボウと名だたるカリスマをマッハで獲得する商売上手のジェッツをちょっとは見習うべきですな。(実力はジャイアンツの方を見習ってね)

3位の「スター選手が少ない」というのも1位2位と関連してますね。

4位と6位は都市の問題。ジャクソンビルってフロリダにあるんですね。フロリダ州といえば個人的にはドルフィンズやバッカニアーズのイメージが強いです。
ジャクソンビルのウィキペディアには「1991年にエクスパンションによって誕生したジャクソンビル・ジャガーズ(NFL)があり、市内には熱狂的なファンが多い」とありますが、頻繁にブラックアウトしてますw。

5位は私が入れた選択肢ですが、ジャガーってライオンやトラ、パンサーに比べて猫科の動物でも微妙な立ち位置かなと思います。
ついでにジャガーズのマスコットが可愛く無さ過ぎるのも不人気の原因じゃないでしょうか。(マスコット全般的に可愛くないですが)

さてさて、この企画。決してジャガーズをバカにしてるわけではございません。むしろダークホース的な存在であるジャガーズがなぜ不人気No1であるかを分析した次第です。

この記事を書いてる最中に、「ジャガーズファンの日記」意外に新たなジャガーズブログを発見しました。
リンク:日本ジャクソンビル・ジャガーズ協会
そう、日本にも応援ブログが複数あるぐらいファンはいるのです。現時点で4月で更新が止まっているのですが、とりあえずサイドバーのブログ一覧に追加したので、更新されたら上がってきます。

同地区から絶対的な力を持つ兄者は消えた。かつ、もしかしたらラックはBUSTかもしれない。テキサンズの”マット・ショーブ”は昨年負傷したし、まだまだ中堅の粋を出ない。タイタンズも兄者獲得に動くほどQBに不安がある。

それに対してジャガーズのギャバートは実は足を負傷していたらしいしので、昨シーズンのパフォーマンスが実力では無い可能性が高いですし、さらにブラックモンとの連携が上手くいけば、MJも機能して攻撃力が格段に上がり、混戦が予想されるAFC南では地区優勝の可能性はあると思います。

オーナーも変わったし、今年こそジャガーズ復興のシーズンだとにらんでおります。+  ( ・`Д・´)+キリッ

コメントを残す