プレシーズン04:vs イーグルス

敗でも気にしない
通常は1stチームお休みのプレ4戦目。バックアップのティーボウすら出場せず3rdQBのQB#14″グレッグ・マッケルロイ”が先発をつとめます。

ここで輝けばロースターに生き残れる最後のアピールタイム。果たしてその結果は?


[SPONSORED LINK] ▼結果
2012年08月31日 @リンカーン・ファイナンシャル・フィールド

1Q 2Q 3Q 4Q OT total
ジェッツジェッツ (0-0-0) 0 10 0 0 10
イーグルスイーグルス (0-0-0) 0 14 0 14 28



▼総評
・O#
やはり気になるのは1stチームに上がったT#77″オースティン・ハワード”のパフォーマンス。
2ndチーム相手とはいえ、今回も見事なパスプロを見せてくれました。なんせ押し負けることが全くないくらい強く、スピンなど小細工で抜こうとしてもキッチリ対応します。
彼の実力に疑う余地はないでしょう。終盤で交代したG#75″ロバート・グリフィン”が逆に頼りなく見えるぐらいでした。

2週間前まで弱点であったRTに、もう心配はいりません。

QB#14″グレッグ・マッケルロイ”はランを中心に組み立てつつ、小刻みに前進し最後はRB#42″テランス・ギャナウェイ”にJETS今シーズン初のTDパスを通しました。初のTDが3rdQBとはこれまた複雑ですな。

後半から出てきたフィル・シムズの息子QB#09″マット・シムズ”に関しては、下手すぎてもはやカットでしょう。

WRに関してはドラフトで獲ったWR#17″ジョーダン・ホワイト”が落球する一方で、ナゾのWR#19″Eron・ライリー”が良いパフォーマンスを見せました。長い腕で結構難しいパスもキャッチし、4レシーブ。
これは磨けばスロットに使えるんじゃないかと思います。

RBに関しては生粋のスラッシャーRB#25″ジョー・マクナイト”にリターナーのみならずRBとしても期待がかかります。
ラン9回38ydとスタッツはアレなんですけど、途中するどいカットでランが抜けるシーンに、現シーホークスの”レオン・ワシントン”を重ねてしまいます。
まぁワシントンの方がスリ抜けるように抜く技術があり、もっと洗礼されてましたが。



・D#
さて4TD取られたD#なのですが、なんせ相手QBが元ビルズのエース”トレント・エドワーズ”で、しかもキレてたので仕方なしと見てます。

脳震とう事件をきっかけに彼のキャリアは下降していきますが、イーグルスでは、最初は誰だか分からないぐらい髪の毛を伸ばしたのが良かったのか、D#が見えておりパスも的確でした。

特に2本目のTDはエンドゾーンに山なりのボールを掘り込んで、D#3人に囲まれた所に見事なTDパスを決めます。

ヴィックがまた負傷しても、エドワーズが勝利に導けるんじゃないかと思います。
しかし、記憶ではエドワーズってあと1回でも脳震とうを起こしたら、選手生命終わりとか言われてた気がします。その辺りはどうなんでしょ。

ドラ1のDE#98″クイントン・コプルス”が今回も出ずっぱりでした。OLを押しのけランを潰す爽快なシーンがあるものの、外のランを許すシーンが何度かありました。
しかし、これも1stチームなら老朽化の激しい先輩LB達が何とかしてくれるでしょう。

Sではドラ7のSS#39″アントニオ・アレン”がよい動きをしていたと思います。CBではDB#35″アイゼイア・トゥルファント”がぴったりWRにくっついてビッグプレイを阻止するシーンがあり、期待が持てます。

STでは毎年、競争させられるも、またも生き残ったバクチキッカーK”ニック・フォーク”が前半終了間際に58ydのFGをど真ん中に決めます。
これにはライアンが笑顔でガッツポーズ!!今シーズンは簡単なのを外すなよ。



いよいよ、木曜日にジャイアンツvsカウボーイズ というビッグマッチでNFLが開幕。
JETSの初戦はライバルかつ、シーズン序盤はなぜか強いビルズが相手です。マジでWeek01で対戦したくなかったです。

プレシーズンを全敗してしまいましたが、プレはプレ。
いつもシーズン最後まで楽しませてくれるJETSを信じましょう。
今シーズンも応援、よろしくお願いいたします。
m(_ _)m

※ロースターのニュースはまた後日。

  1. YM5 より:

    恐らく、一つの記事で全裸という言葉を使った回数が一番多い日本人な気がするYM5ですこんにちは。

    透明人間で服が着れない(着たら不自然に浮く)から全裸で食事、全裸で島内観光、全裸で自分を心配する友達の会話を立ち聞き、全裸でタクシーに無賃乗車……と、別にそんな趣味がある訳でもないのに……。

    まあ、それはともかくプレシーズンお疲れ様でした。

    PHIの2nd QBはルーキーのニック・フォールズなのでエドワーズは恐らく3rd QBになると思われます。

    で、脳震盪経験者から語らせていただきますが、まず脳震盪にはセカンドインパクトという厄介な奴があって、治らないうちにまた頭部に衝撃を受けると前回以上の症状に見舞われ、下手をすれば死に至ります。

    次やったら引退かどうかは分かりませんが、脳震盪になってからしばらく辛いものが食べられなくなったり(現在は大丈夫)コーヒーを飲んだら、いきなり脳震盪直後のような激しい頭痛に襲われて吐いたりと大変でした。
    あれから、あの時のように死を覚悟するような頭痛はありませんが、今でも頭痛には敏感(痛みを拾いやすくなった)になるなど後遺症はあります。

    そういう事を考えたら、頭痛と戦いながらプレーするエドワーズを応援したくなりますね。でも、無理はしないで欲しいです。

    結論……だから僕は地震より脳震盪の方が恐いし、地震よりも脳震盪で死ぬ可能性の方が遥かに高いのです。

  2. YM5 より:

    続けて失礼します。

    また改めて僕も試合を見たいと思いますが、ギャナウェイにクリス・ポークにRG2とアラモボウルで活躍したベイラーとワシントンの選手がそれなりに結果を出したのが嬉しいですね。

    ギャナウェイはRG3よりも好きというか期待しているので、是非ともブレイクして欲しいですが今日はどうでした?

    JETSサイドから見たギャナウェイの評価を伺いたいです。

    1. JETS狂 より:

      エドワーズがとにかくイーグルスファンを盛り上げてましたね。キャリアもあり3rdQBにはもったいないですが、2ndの教育係といったところでしょうか。
      NFLでも問題になってますが、脳震とうとは凄まじい後遺症ですね。3rdQBならよほどの事が無い限り試合には出ないですが、0%じゃないので、心配です。

      ギャナウェイに関してはJETSの初TDを決めた以外は、それほど印象が無いです。
      脆弱な2rdチームのOLですしランが全く出ませんでした。
      RB陣の中では一番体格がいいのでゴリ押し要員として、今後の成長に期待といった感じですかね。

      ベイラーといえばRG2がRTに入って、パスラッシュを漏らすなど精彩を欠いてカットされました。
      ギャナウェイとワンセットでの活躍を期待していたのですが、残念です。

  3. mmx より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。

    さて、記事内容と全く関係のないコメントで恐縮なのですが、ブログリンクのリニューアルの際、リニューアル前には登録されていたINDのファンブログ「Full Gallop」(http://harbaugh.exblog.jp/)さんが抜け落ちているようです。

    余計なお世話かとも思いましたが、念のためご報告させていただきました。

    1. JETS狂 より:

      Full Gallopさんは長期間、更新が止まってたみたいなので、あえて外したのですが復活されてるみたいですね。
      リンクに加えさせてもらいます。ご指摘、ありがとうございます。
      JETS狂の宴は皆様に支えられております。

コメントを残す