今週のAFC東:Week04

国復活
49ersにボコボコにされたJETSですが、未だ2勝2敗。
ペイトリオッツvsビルズの同地区対決でビルズが勝利すれば、ビルズが3勝で単独首位に立ちます。

一方、連敗が珍しいパッツはビルズに負けると3連敗。パッツの3連敗って何年ぶりだ!?

ノリノリのビルズとは逆に、落ち目のパッツ。これはビルズに勝機あり!
ビルズに首位を取らせてでも、パッツは蹴落としとかないと後が怖い!!やってまえビルズ!!

[SPONSORED LINK]
▼ペイトリオッツ 52-28 ビルズ
パッツが1stドライブでテンポよくTDを取って、このままパッツのペースかと思いきや、ビルズQB”ライアン・フィッツパトリック”が見事なTDパスを2本決めて、逆転して前半を折り返す。

後半もWR”ドナルド・ジョーンズ”にTDパスをヒットさせ 7-21 。ビルズが2ポゼッション差リードで、勝機が見えてきた。

しかし、ビルズD#はパッツのTE”グロンコウスキー”やRB”スティーブン・リドリー”を止めれない。
パッツはウッドヘッドの相手D#の間をぬうような見事なラン・アフターキャッチでTDを決めて差を詰める。そして、次のドライブではブレイディ自らのスクランブルで同点TDを決める。

21-21の降り出しに戻った第4Q。ここからパッツO#が爆発。一気に3TDを決めて、突き放す。
ビルズも1TD返して追撃するが、パッツのO#が止まらずTDを奪われ、突き放される。

さすがのフィッツパトリックも、ふがいないD#にやる気を失ったのか、不用意なパスを投げてしまいINTされる。

結果パッツが後半だけで45点を取る球団記録を立てて圧勝。ハイパーO#が復活です。

パッツの勝因はブレイディのパスでなく、とにかくランが出ることでしょう。
強化されたハズのビルズD#は何をやってるだというぐらい、穴が空いて中央から抜ける抜ける。
大型契約したマリオへDLが嫌がらせしてるのでしょうか?(そんなアホな)

だが、パッツは、先の試合でも決勝FG外れ、今回も2本外しています。
パッツの不安要素はSTにあるでしょう。

 

▼ドルフィンズ 21-24 カーディナルス
無敵カーディナルスを止めれば、ドルフィンズも勢いに乗れるかと思うが、今シーズンのカーディナスは「持ってる」ようです。、

序盤はドルフィンズがリードするも、第4Qラスト3分にタネヒルが致命的なファンブルロストしそれを基点に、同点においつかれ 21-21。またもOTに突入。

最後はカーディナルスにFGを決められ、ドルフィンズがまたも惜敗です。

注目すべきはタネヒルが431yd獲得というダン・マリーノを超える新人記録を打ち立てた事。決して弱いチームでは無いが、やはり最後の最後に致命的なミスを犯して負けます。

まだシーズン1/4が終了したばかりで首位とも1勝差。まだまだ分かりません。

 

▼AFC東
1位:ペイトリオッツ 2勝
2位:ジェッツ 2勝
3位:ビルズ 2勝
4位:ドルフィンズ 1勝
→勘違いしておりまして、同率でもペイオリオッツが首位となりました。まぁ互いにライバル2勝で直接対決してないので、タイに等しいです。
最下位とも1勝しか差が無い、緊迫した状態が続きます。

 

▼Week05
・ジェッツ vs テキサンズ
→JETSはホームズは検査待ち以外に、CBとFBと契約し、ミスったTEやまたWR”パトリック・ターナー”をカットしたり、戦力維持に忙しい状況。

4連勝のテキサンズとはまともに戦える戦力では無いでしょう。でも、こういう試合に限って、なぜか勝ったりしちゃうのがJETSなので、そこに期待。

 

・ペイトリオッツ vs ブロンコス
→ブレイディvsマニングの因縁の対決がチームを代えて再び。
ブロンコスとしては、昨年のプレーオフでボコられたリベンジを果たしたいところでしょう。
Week05必見のカードです。

 

・ビルズ vs 49ers
ビルズは強豪49ersと激突。これは厳しいがなんとかD#を立て直して、踏ん張れるか?
(まぁ同地区なので、本心は頑張れ49ers)

 

・ドルフィンズ vs ベンガルズ
ドルフィンズの次の相手は好調ベンガルズ。首位争いから脱落しないためにも、ドルフィンズは負けられない戦いだ。
(まぁ同地区なので、本心は頑張れベンガルズ)

コメントを残す