プレビュー:嵐を呼ぶ頂上決戦!Week07

nfl_mnf_pats_jets_576

ーズン前半の山場
ジェッツ圧勝、パッツ惜敗でなんと勝率で並び、首位をかけた直接対決という非常に盛り上がる展開となりました。

過去にこういう試合って確実に負けてきた経緯があります。
[参考リンク1]
[参考リンク2]

しかし、先週のコルツ戦でJETSの不安要素は全てひっくり返った。
しかもパッツの方は悪天候だったシアトルの遠征から帰ってきて、お疲れだろうし、もはやジレットスタジアムはレギュラーシーズン無敵の聖地では無い!!

今回はもらったぜ!!

[SPONSORED LINK]
▼インジャリーリスト

NYJ
Kenrick Ellis DT Knee Did Not Participate In Practice Doubtful
Edmond Gates WR Shoulder Limited Participation in Practice Questionable
Stephen Hill WR Hamstring Full Participation in Practice Probable
Dustin Keller TE Hamstring Full Participation in Practice Probable
Jeremy Kerley WR Finger Full Participation in Practice Probable
LaRon Landry S Heel Did Not Participate In Practice Probable
Nick Mangold C Ankle Did Not Participate In Practice Questionable
Joe McKnight RB Ankle Did Not Participate In Practice Questionable
Brandon Moore G Hip Full Participation in Practice Probable
Calvin Pace LB Shoulder Full Participation in Practice Probable
Sione Pouha DT Back Limited Participation in Practice Doubtful
Bilal Powell RB Shoulder Did Not Participate In Practice Doubtful
Mark Sanchez QB Back Full Participation in Practice Probable
Bart Scott LB Toe Limited Participation in Practice Probable
Matt Slauson G Knee Full Participation in Practice Probable
Eric Smith S Knee Did Not Participate In Practice Doubtful
Bryan Thomas LB Hamstring Limited Participation in Practice Probable
NE
Brandon Bolden RB Knee Did Not Participate In Practice Out
Ron Brace DT Back Limited Participation in Practice Questionable
Patrick Chung S Shoulder Limited Participation in Practice Questionable
Julian Edelman WR Hand Limited Participation in Practice Questionable
Steve Gregory S Hip Did Not Participate In Practice Out
Rob Gronkowski TE Hip Limited Participation in Practice Questionable
Aaron Hernandez TE Ankle Did Not Participate In Practice Questionable
Dont’a Hightower LB Hamstring Limited Participation in Practice Questionable
Kyle Love DT Knee Full Participation in Practice Probable
Logan Mankins G Calf Did Not Participate In Practice Questionable
Nick McDonald C Shoulder Limited Participation in Practice Questionable
Sterling Moore CB Knee Limited Participation in Practice Questionable
Sebastian Vollmer T Back Limited Participation in Practice Questionable
Wes Welker WR Ankle Limited Participation in Practice Questionable
Tracy White LB Foot Did Not Participate In Practice Out

相変わらずDLにDoubthulに続いて、さらにRBのパウエルとマクナイトの二人が負傷!!!
マクナイトがQuestionableまで回復してますが、STの要だけあって心配です。

あとマンゴールドのQuestionableも気になるところ。パッツのウィルフォークにタイマンはれるのは彼しかいません。

加えて故障が続くFB”ジョン・コナー”を、ロースター枠をあけるべく故障和解金を払って泣く泣くカットです。
怪我が治ったら直ぐに再契約を考えてますが、新労使協定でシーズン終盤まで契約し直す事が出来ないそうで、RBが全くいない状況です。

ライアンはティーボウをRBに起用する可能性があると言っております。

対するパッツの方は相変わらずのインジャリーリスト詐欺を働いておりますね。Questionable多すぎ。

 

▼どうなるペイトリオッツ戦
パッツは堅守のシーホークス相手に、バカ勝ちしたラン重視ではなく、パス重視のO#プランにした事が敗因の1つだったとも言えます。
好調のランO#をあえてしない事でシーホークスの裏をかくつもりが、逆にブレイディの負荷を増大させて、後半のミスを生んだようです。

って、事でJETSのランD#は修正しきった感がないので、パッツは再びリドリーのランO#中心で攻めてくるでしょう。

ランD#の鍵を握るのは、先輩DLの負傷で出番が多くなったドラ1のコプルスです。
コルツ戦では、ラックのファイスマスクを掴んだまま振り回す悪質なプレーもありましたが、パワーとハンドテクは優れています。
中央にデカイ穴が空いて、ランが抜けると思った瞬間に、穴を埋めるようにコプルスの腕がニュっと出てきて、RBを引っ捕まえて引きずり倒すシーンがありました。

老朽化LB陣にリドリーやウッドヘッドの相手は荷が重そうなので、若いDL陣で捕らえる事に期待です。

しかし、やっぱり問題はブレイディのパス。クロマティvsロイド、カイル・ウィルソンvsウェルカーのマッチアップになると思いますが、ウェルカー封じにウィルソンでは荷が重いように思えます。

何より巨人TEを止める手段が無い。S”ラロン・ランドリー”のパワーが巨人に対抗する武器になるかと思いますが、リーヴィス無き今、あまり後方の守備を空けて思い切った事ができないのが痛いです。

加えて、ノーハドルのハイスピードO#を勝負どころで繰り出してくるのはミエミエ。止めれる自信が全く無い!!

そこでJETSはランO#で時間を潰しつつ確実に得点に結びつけて、ブレイディの出番を少しでも減らしたい所。やはり今回もランが出なければ勝利は無いでしょう。

RBが実質グリーン一人なのですが、かつてのRB”トーマス・ジョーンズ”は”レオン・ワシントン”がシーズンアウトした後は補強なしで、一人で突撃しては、また直ぐにセットして黙々と突撃するという繰り返しをひたすらやっておりました。今考えるとクレイジーなぐらいタフな男でした。
まぁJETSのRBを継ぐということは、そのぐらいのタフガイで無いといけない訳で、グリーンにも頑張ってもらいましょ。

そして、ランで引きつけつつ、DBに難点があるパッツに、サンチェスのロングパスが炸裂というのが理想です。
ツィッターからの拾いネタですが、ロングパスの成功率だけならサンチェスはリーグトップクラスを誇るそうなので、これも一種の強みです。

あとはティーボウをどのように使うかにも注目ですね。
何でも出来るティーボウがフィールドに出たら、相手D#はあらゆる事を警戒しなければいけません。このジョーカーをどこで切るかが勝敗に左右するでしょう。

 

・今週の勝利への金言
ブレイディが退屈でデリヘルを呼ぶくらい攻撃をさせるな!
(このネタ、前にも使ったよ(´д`lll))
以上

  1. YM5 より:

    DBが数少ない弱点であり、昔からロングパスが穴というNEに、ロングパスが武器のサンチェスという理論の上ではNYJ有利ながらも必ずしもそれが結果に繋がらない。

    それがまた面白いのですが、インチキしながらもロングパスを投げさせないよう相手を追い込む工夫をするなど弱点をカバーするところはさすがでしたね。

    1. JETS狂 より:

      勝負の世界に「たられば」はないのですが、ミスが非常に痛い。クロマティのINTしそこない、ヒルの落球、最後のNEのドライブのカーリーの反則。他にも1つ結果が違えば勝利していたのに、そういう点を全部つなげられて、ギリギリ負けました。
      逆転して詰んだハズなのに、負けてしまうとはゲンナリです。なんか次のイルカにも負けそうな空気。。。。

コメントを残す