激戦を勝ち抜いた12チーム!デテクイヤ!!(AFC編)

独断と偏見のコーナー

またもJETSのいないプレーオフとなりましたが、それは仕方なし。
NFL JAPANで既にチーム紹介の特集が組まれているので、別にやらなくてもいいんですけど、今年も一応プレーオフ進出チームの紹介ネタをやっておきます。

やはり今シーズンの特徴はルーキーQB の台頭でしょう。ラックにRG3に、予想外するぎるラッセル・ウィルソンのルーキー3名がプレーオフに進出し、台風の目となっております。

迎え討つは、マニング、ブレイディ、ロジャースらのSB制覇を経験しているベテラン勢。
ダルトンやポンダーの2年目QBの勢いにも注目ですね。

今回はAFCのチームの紹介です。
では、「激闘を勝ち抜いた戦士達よ!!デテクイヤ!!!」
(高田ネタはいつまで通用するのか・・(´・ω・`))

[SPONSORED LINK]

 

者はここにいる!!
Broncos Raiders Football

第1シード

デンバー・ブロンコス

※1回戦免除
ペイトン・マニング(兄者)は、コルツを常勝軍団に仕立て上げたとはいえ、首の怪我で昨シーズンは全休し、さらにルーキー時代から慣れ親しんだチームを離れて、別のチームでいきなり第1シードを取るなんて、誰が予想できたであろうか。

移籍先を見つけるべくオフに全米各地のチームを次々と回ったが、ブロンコスに決めたその目に狂いはなかった。

もとよりD#が強力で、CB”デマリアス・トーマス”、CB”チャンプ・ベイリー”を有し、さらに2011年ドラフト2位でサックを量産するOLB”ボン・ミラー”と、ベテランDE”エルビス・デューマービル”のパスラッシャー二人の存在が大きい。

昨シーズンはティーボウのヒドいO#でも、D#が粘ってプレーオフに行けたのだが、ペイトリオッツにティーボウのO#が全く通用せず、自滅もあり撃沈。
http://jets94.com/2012/01/5594.html

だがマニングを得た今、SB制覇も夢ではない!
実弟イーライは昨シーズンSBを制覇し、2個目のSBリングをゲット。兄としては弟に負けるわけにはいかず、2個目のSBリングゲットに執念を燃やす。

 

王、再発進
Tom Brady

第2シード

ニューイングランド・
ペイトリオッツ

※1回戦免除
昨シーズンは後半から毎試合30点以上をたたき出す強力パスO#で地区優勝するも、プレーオフでは苦戦する。
敵のミスにも助けられ、スーパーボウルに出場するも、やはりレギュラーシーズほどO#は機能せず、ジャイアンツに敗れる。
http://jets94.com/2012/02/5995.html

相手の弱点を徹底的に研究し、十分な準備をしてくるプレーオフでは、一辺倒のO#では勝てない教訓を得て、今シーズンはランO#を強化し、トータルオフェンスのUPに力を入れる。
かつてドラフトでまとめて獲ったRBが芽を出し、RB”スティーブン・リドリー”が新パッツのランO#を支え、もちろんRB”ダニー・ウッドヘッド”も健在。

ブレイディのパスO#も相変わらずウェルカー及び、ケガに悩まされるが巨人TE達の活躍で、昨シーズン以上の多彩さと威力を見せる。

D#に置いても、シーズン終盤に2010年ドラフト1位のCB”デヴィン・マッコーティー”をSにコンバートする事でDBの強化に成功。
ブレイディ4度目のSB制覇は目前か!?

  1. Paracelsus55 より:

    >マニング時代からのコルツの特徴であり、・・・。

    一応、補正しておきます。

    Jim Harbaugh(現SF HC) 時代からですネ♬。

    なんたって、

    『キャプテン・カムバック』

    でしたから♬♬。

    1. JETS狂 より:

      >Paracelsus55さん
      私はリアルタイムに触れてませんが、愛称がまさにそうですね。
      リアルタイムで見ていたマニング逆転劇の前に必ず、点差を広げさせないD#の粘りが印象的でしたので。
      QBというのは、どんな状況でもチームに希望をもたせて、パワーを与える存在でなければなりませんね。

  2. ぷんじん より:

    遅ればせながら、新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
    NFCに比べるとAFCはあまり入れ替えがありませんね。そんなところもこのところNFCがSB制覇している原因のひとつなのかな?
    でも、やっぱりコルツは反則だと思うな。

    1. JETS狂 より:

      ぷんじんさん>
      あけましておめでとうございます。
      今年もダラダラと気ままにやっていきますが、宜しくお願いいたします。
      たしかにAFCはいつものメンツって感じですね。パッツ、レイブンズ、コルツ(昨年除く)らが鉄板なせいでしょう。
      変わったのはチャージャーズが弱体化してブロンコスが2年連続首位ってぐらいでしょう。
      ベンガルズもスティーラーズも2年に1回はPOですし、もう出場チームはほぼ決まってますね。

      しっかし、どう考えてもコルツの地区首位=>リーグ最下位&ドラ1=>PO出場 って、出来すぎです。
      窮地から逆転勝利するマニング魂がチーム自体に乗り移ったんでしょうか。。

      なにわともあれ、本年も宜しくお願いいたします。

  3. 好きなチームは特にないです より:

     あけましておめでとうございます。今年も楽しく読ませてもらいます。

     兄者が第1シードとコルツがワイルドカードとはいえプレーオフ残ったのは予想外でした。
     個人的には今までつらい思いをしてきたテキサンズに頑張ってほしいです。

    1. JETS狂 より:

      好きなチームは特にないです>
      あけまして、おめでとうございます。本年もゆるーく宜しくお願いいたします。
      何かそれぞれのチームのバックグラウンドを考えると、どこにもSBに行って欲しいのですが(パッツ以外)、そういかないのが現実。
      テキサンズは2回目なんですけど、昨シーズン負傷していたショーブ自身は初のPOなので、どこまでパフォーマンスが出るかが気になるところです。
      だんだん1回戦が待ちきれなくなってきました。

  4. YM5 より:

    明けましておめでとうございます、早く19年目のシーズンが始まって欲しい気持ちとプレーオフを楽しみたい気持ちが同居する複雑な気分です。

    (ツイート的にJETS狂さんも見ていたと記憶している)2年前のローズボウルで演じたドールトンとの死闘や、35-0で愛するOSUビーバーズを粉砕されて魂が昇天するような思いをさせられた時の事はよく覚えていますが、カレッジ時代から注目していた選手がNFLで活躍するのは嬉しいです。

    そんなウィルソン擁するミサゴ(シーホークの正式名称)さんへの期待はNFC編に書くとして、興味深いマッチアップ目白押しでもJETSが出ないAFCプレーオフには2年前まで持っていたような情熱が持てませんね。

    実のところ、ブレイディ、おでこ、ぬるぬるのスーパーボウルローテが今年こそ崩壊すればそれで満足ですが、TOP2シードなので期待も出来ないし、恨みはないけどこうなったら兄者お得意のプレーオフ初戦敗退に期待するのみです。

    18年前からアンチDENでありアンチNEなので、このAFC決勝は自分としては最悪な組み合わせなのですよ。

  5. YM5 より:

    失礼、2010年までウィルソンはNCステイト(リバースの母校)にいたのでローズボウルには出てませんね。

    その時のウィスコンシンのQBは現SFのスコット・トルジエンでした。

    でも、まさか同じ誕生日だったとはびっくりです。
    同じ11月29日生まれとしてNFLを席巻して欲しいです。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      あけましておめでとうございます。
      迷走するチームのファンとしては、早く次シーズンに行きたい気持ちはあるものの、当然POは見過ごせないないですね。
      どこを応援しようか、悩みます。
      わたしはカレッジを全く見ないのですが、カレッジファンからしたら、思い入れは深そうですね。
      AFCのチャンピオンシップはDENvsNEへの期待が集まりそうですが、テキサンズやレイブンズもチーム背景からSBに行って欲しいです。
      もちろん、ラック君のPOでのパフォーマンスにも期待しています。

      とにかく正月連休最後はPOでフィニッシュは決定ですね。
      本年も宜しくお願いいたします。

コメントを残す