2013年1月19日放談:G+がTNAを放送し始めた

こんばんわ、放談の時間です。
って、フレーズも久しぶりですね。最近はNFL絡みの事をここで書いてたので。

今回はNFLと全く関係ない話 。

[SPONSORED LINK]

 

▼G+でTNAの放送が始まった
G+といえばNFLの試合やNFL倶楽部というダイジェストを放送し、NFLファンにとってはお世話になっているCSチャンネルですね。
(NFLの解説陣に不満が多々上がっておりますが)

説明するまでもないですが、本来はプロ野球の読売巨人軍の専門チャンネルなので名前が「G+」です。NFLが好きな阪神ファンはG+を見るのは苦痛なんでしょうかね。

で、そのG+で今日からアメリカンプロレス TNA の放送が開始されました。
もとより日本のプロレス NOAH を放送していましたが、WWEに次ぐ第2勢力のTNAをG+で放送するとは意外でした。

昔、格闘技専門のサムライTVで放送していたらしいですが、予算の都合で打ち切ったそうです。
今後G+は毎週土曜に2時間。月に1回(毎月では無いらしい)の3時間のPPVを流すとのこと。まるで昔のJ-SPORTSのWWEの放送と同じ形態ですね。
(昔はPPVもJ-SPORTSで見れた事は、最近の人は知るまい)

で、私はTNAを初めて見ました。その内容なんですが、ロゴやオープングの天井からの花火、さらに解説になんとタズがいて、初期型スマックダウンを思い出させるパクり具合でした。

GMになんと、ハルク・ホーガン!話ではTNAに出ている事は聞いてましたが、この人は本当に年を取らない。かつて対戦した猪木はおじいちゃんなのに、このツヤツヤの肉体は何なんでしょう。
入場曲もNWOで昔を彷彿とさせます。

で、第1試合がWWEで活躍したカート・アングル vs  ダッドリーズの人気の無い方だったティーボーン。
(さすがにカートは入場曲を変えて、だれも「You suck!You suck!」と言わない)
ティーボーンの兄貴のババレイもブリー・レイという名前で出てきます。

さらにジェフ・ハーディーにRVD。加えてチャボ・ゲレロ。ここはWWEのパラレルワールドと化しています。

TNAは第2勢力といっても、WWEには集客力や演出、資金力など到底かなわないのです。しかし、セットや芝居のチープっぽさが昔のWWEみたいでいいですね。何か安心します。

 なぜG+がTNAを放送するのかその経緯はわかりませんが、まぁG+をNFLのシーズンだけせっかく契約しているので、楽しませてもらいましょ。

  1. ニシ より:

    日テレが“サポートしていた”某プロレス団体がアレなコトになっているのでTNAに白羽の矢が立ったようです。
    去年の某団体の興行に何の前触れもなくTNAの選手が参戦したのも今回へのテストだったとか言われています。
    ちなみにサムライTVがTNAのPPVの放送を止めたのはG+による独占放映権の放棄によって収入が減った某団体の救済の為だったのは皮肉としか言いようがありません…

    ※他の小ネタ
    ①ダッドリーズはTNAではTEAM 3Dだったンですけど解散済み
    ②ホーガンのテーマはNWOオリジナル曲はWWEが権利と持っているので、良く似た新日で使っていたNWO JAPANのテーマです
    ③TNAはTV放送が始まるまでは独自路線で面白かったのですよ…

    1. JETS狂 より:

      ニシさん>
      フォロー、ありがとうございます。
      日米の団体が共闘体制で厳しいプロレス業界を乗り切る姿勢は素晴らしいですね。カートやジェフも某プロレス団体にサプライズで登場に期待ですね。
      ダッドリーズはシングル路線にしても上手い事いかないと確実に思うんですけどね。必殺技3Dになどに見る連携技がウリだったので。それにしても、3男のスパイクはどこへ行ったのか。。
      しかし、WWEで全盛期のすごいカートを見ていたせいか、カートが年を食った感じが残念でした。気のせいかちょっと足が悪いような感じを受けましたね。
      少しでもWWEに脅威と思わせる団体に育って、またWWFvsWCW のような熱い時代が戻ってくれば幸いです。

コメントを残す