Conference Championships -AFC-

AFC Championship Football

AFC Championship Football

ベンジの時
AFCチャンピオンシップの対戦カードは昨シーズンと同じ、レイブンズvsペイトリオッツとなりました。

昨シーズンのラストのカンディフの大胆なFG失敗は、ツィッターのサーバーが堕ちるぐらいの衝撃だったのは記憶に新しいですね。
http://jets94.com/2012/01/5711.html

今回のレイブンズは”レイ・ルイス”が今シーズン限りで引退を表明しており、団結力で格段にチーム力がUP。
特にルーキーイヤーから5年連続プレーオフに出場するQB#05″ジョー・フラッコ”は、5年目の正直でとうとう覚醒し、ニュー・フラッコとなり、チームを勝利へ導いております。

さぁ、SBへ到達できるのはどっちだ?注目のリベンジマッチの結末はいかに!?

[SPONSORED LINK]

 

▼前半
序盤からペイトリオッツが仕掛ける!
4thDown-2ydのパント体型。パーソナルブロッカーの位置にQB#15″ライアン・マレット”がいると思いきや、突如体型をショットガンへ変えて、奇襲のギャンブル!!
 ∑(゜ Д゜)

レイブンズはタイムアウトを使い、結局はパントに終わるが、これはまさに「なりふり構わずやってやる」というパッツからのメッセージのようだ。

ペイトリオッツはFGで先制するもCB#31″アキーム・タリブ”がパスカットの際に足を痛めてサイドラインに下がる。

第2Qから調子を上げたレイブンズQB#05″ジョー・フラッコ”はお株を奪うノーハドルでWR#82″トーリー・スミス”へロングパスを通し、最後は敵陣2ydからRB#27″レイ・ライス”の真横にスライドするような鋭いカットでD#を2枚かわして、TD!!
レイブンズが逆転する。
3-7

だが、パッツもすぐさま反撃に出る。本家ノーハドル連発のハイスピードO#で攻め上がる。
WR#83″ウェス・ウェルカー”へのスクリーンパスでロングゲインし、敵陣1ydからまたもWR#83″ウェス・ウェルカー”へのパスでTD!
このコンビはやはり強い。
10-7

前半2ミニッツも容赦なく責め立てるパッツ。敵陣33ydにて4th-1ydのギャンブルを仕掛ける。
ここでブレイディ、ヘルメットを両手で指差して「コールが聞こえない」のジェスチャーをする。
と、思いきやFBへダイレクトスナップ!!虚をつかれたレイブンズD#はこれに対応できず、1stDownを更新。
 ∑(゜ Д゜)
前半からあらゆる引き出しを使ってレイブンズD#に挑戦を仕掛けるパッツに勝利への執念を見る。

お次は敵陣10ydにてブレイディがスクランブルを仕掛けてスライディング。
当然、D#はラフティング・パサーの反則を取られたくないので、タックルに行く最中でもブレイディをかわさなくてはならないのだが、事もあろうに勢い余って突っ込んできたFS#20″エド・リード”にブレイディは足を出してアリキックをかます!!

そして、このキックがFS#20″エド・リード”の足にヒット!!どこまでも卑怯なりブレイディ!!!
(屮゜Д゜)屮

このドライブをFGで終了し7-13 とパッツリードで後半へ進む。

 

▼後半
前半は強風の影響でロングが定まらないレイブンズQB#05″ジョー・フラッコ”だったが、後半からパスが通り出す。
執拗なノーハドル・ショットガン連射で確実に前進。
トドメも敵陣5ydからTE#88″デニス・ピッタ”へピタっと決めてTD!!(タージンネタ)
フラッコがニューフラッコに覚醒し、逆転を決める!
TDキタ━━━━━∩(゜∀゜)∩━━━━━!!!!
14-13

第3Qのレイブンズの猛攻は止まらない。次のシリーズではWR#82″トーリー・スミス”にロングを通し、敵陣に入る。
RB#27″レイ・ライス”とRB#30″バーナード・ピアース”のランも出て敵陣5ydに進み、最終Qを迎える。

第4Q開始早々にニュー・フラッコがエンドゾーン奥へD#の頭を超える見事なパスをWR#81″アンクワン・ボウルディン”にヒット!!貴重なTDで2ポゼッション差にリードを広げる。
TDキタ━━━━━∩(゜∀゜)∩━━━━━!!!!
21-13

すぐさま1本取り返さないとマズい展開のパッツ。
しかし、RB#22″スティーブン・リドリー”がSS#31″バーナード・ポラード”のタックルを喰らった際に頭の横にヒットを受けたため、気を失いぐったり倒れてファンブル!!
これをレイブンズがカバーし、勝負を決めるともいえるターンオーバーが発生する。

ここで勝負をつけたいレイブンズ!覚醒したニューフラッコは止まらない。
WR#82″トーリー・スミス”へロングを通し、自らのスクランブルで14ydもゲイン!

最後は敵陣11ydから、またもWR#81″アンクワン・ボウルディン”にTDパスをヒット!!
TDキタ━━━━━∩(゜∀゜)∩━━━━━!!!!
残り11分あるが、28-13の3ポゼッション差は、もはやリーチ!!

こんな状況をひっくり返す力があるのがブレイディなのだが、味方の落球に足を引っ張られ、さらにギャンブルにも失敗。

次のドライブでWR#83″ウェス・ウェルカー”のロングゲインで敵陣深くに進むも、パスをDE#90″パーネル・マクフィ”にディフレクトされ、フライとなったボールをレイブンズILB#59″ダネル・イーラブ”にINTされてしまう。

もはやパッツに打つ手なし。
昨シーズンは接戦であったが、今回はレイブンズが3ポゼッション差をつける圧勝でした。

2013年01月21日 @ジレット・スタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
レイブンズレイブンズ (10-6-0) 0 7 7 14   28
ペイトリオッツペイトリオッツ (12-4-0) 3 10 0 0   13
  1. Darrel を売りに出しているらしいぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  2. Darrel を売りに出しているらしいぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  3. パッツ敗退よりもそっちの方が、やっぱ気になりますね。
    まさか新GMのナタがリーヴィスに行くとは。。。あくまで話半分でマジでトレードは辞めてほしいです。

    1. ブーマー より:

      浪花人情的にはリーヴィストレードは
      日ハムファンが糸井の放出同様に関して懐く
      失望感に似たものを感じてしまう。
      しかし、合理的でかつ非情冷淡が
      優秀とされることの多い米プロ球団のGMとして
      考えそうなこととして、理解が出来る。
      今季、早々にリーヴィスoutでその後のD#は
      中々のパフォーマンスだったと思う。
      そして来季オフにFAもある故障明けの大物選手は
      売り時といえば、間違いじゃない。
      そしてその見返りで今季の弱点であったQB、WR等のO#の補填に
      当てるのでしょうね、たぶん。で、旬を過ぎたマイケルビックを
      獲得したりするのかもしれませんwせめて、アスミスにならんかな?
      加えて、高額QBサンチェスを売却できずに塩漬けにするのかな?

  4. パッツ敗退よりもそっちの方が、やっぱ気になりますね。
    まさか新GMのナタがリーヴィスに行くとは。。。あくまで話半分でマジでトレードは辞めてほしいです。

  5. ブーマー より:

    SBは遂に初の兄弟HC対決、
    ハーボウルの実現で脚光を浴びる中、
    AFC、C.Cは両チームのDEがArthur,ChanderのJones兄弟対決
    でJones Bowlになりました、って、誰も言ってねーかw
    来年のN.Y.SBはそれこそマニングボウルになるかもしれませんね、
    って、おいおいwww
    2ndQのライスのムーブは真横よりも
    更に上のステージとなる、『下がりながらスライド』しているようにも見えますね。(そんな動きはヒト科としてありえない!?)
    試合内容としては、NEにとってグロコウンスキーというピースが不足していたのが痛かったかな?ま、仕方のないこと。
    とにかくレイブンズD#が頑張りましたな。
    あの失神タックルターンノーバーで完全にモメンタムが
    レイブンズサイドに留まっているようでした。
    ともかくブレイディをSBで見るよりは新鮮味が増幅する結果となって
    俺としては嬉しい。しっかし、プロボウルをSB前週に挟むのは
    何とかした方が良い。

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      来シーズンはNYだけにJETSがジンクスを破ってくれる事を期待してますが、のっけからリーヴィス放出論とかテンション下がるような話題が出てますね。
      試合の方は相変わらず肝心なときにグロンコウスキーがいない。主力なのにプレーオフに入るとケガして何も出来ないというのは、トムリンソンを思い出させます。

      しっかし、リドリー失神のシーンですが、あれはヘルメットtoヘルメットにならないんですかね。まるで人形のように崩れ落ちるリドリーを心配しました。
      かつ、反撃のドライブではディフレクトされたボールがINT。逆転できる力を持つブレイディもさすがに不幸の連続には呆然でしたね。

      さて、お楽しみのSBの前には敗戦者の宴であるプロボウル。今年も辞退者続出で、オールスターもへったくれもありません。
      今年の出来で廃止される可能性があるので、ある意味注目ですけどね。

      1. ブーマー より:

        >リドリー失神のシーンですが、あれはヘルメットtoヘルメットにならないんですか

        解説の川口氏が「(リドリーの)頭が下がっていたから
        反則にならない」みたいなこと言ってませんでしたっけ?
        要するに頭を下げて頭頂部から当って行くほうが
        (逆に大きなダメージがある場合もあるにもかかわらず)
        むしろ罪は重いので、失神したからといって
        D#の反則のならない、ということだとおもいます。
        ただ、それは川口氏の論理で
        正確にはわかりません。
        そもそもヘルメットtoヘルメットのルールは
        あまり明確ではないですよね、特にRBに関しては。
        私はそもそもそのルールが出来る前にプレーしていた時代が
        あるのですが、申し訳ないけど、その点はつまらないと思ってます。あ、もちろん、選手の健康への侵害等異論が
        ある方は沢山居られるでしょうが、議論をするつもりはありません。一個人の感情としてつまらんルールだとおもいますね。
        そもそもハードヒットで大きなリスクがあるスポーツだから
        こそ興奮を覚えたのが、このスポーツとのファーストコンタクトですから。

        1. JETS狂 より:

          ブーマーさん>
          フォローありがとうございます。河口氏の話は全く聞いてなかったのですが、後でスローシーンを見たときにモロにヘルメットから行ってたので、気になりました。
          たしかに、あれが反則になるなら、RBが頭下げてわざとヘルメットtoヘルメットをもらいにいけば、いいわけですもんね。
          健康被害や選手の引退後の話が大きく取り上げられておりますが、そもそもが格闘技の要素を含んでますしそれが魅力ですから、ハードヒットに関しては私も競技の性質上仕方なしと思っています。

          ルールよりも防具や医療とアフターケアの向上で、健康被害を無くす方向が好ましいですね。

  6. YM5 より:

    ウェルカー嫁の人殺し発言でも波紋を呼んでいますが、素直に裁判で殺人事件に関与した事を認めて収監だけは免れたレイ・ルイスと言い逃れが出来なくなるまでとぼけてムショ暮らしになったビックの二人はその後のNFL人生でも大きく明暗が分かれてしまいましたね。

    まあ、人を殺そうがタックルを量産しようが殿堂入り確実なレンジェンドだし、超つまらない試合だったとはいえスーパーボウルMVPの称号が彼のキャリアの全てですが、ビックもそうですがビックは勿論、レイ・ルイスみたいな事件を日本で起こしたらその時点でキャリア終了でしょうね。

    セカンドチャンスというか、過去は簡単には清算出来ないけれど、人殺しと言われながらスーパーボウルMVPを勝ち取った12年前のように、地獄を乗り越えれば映画や小説の脚本以上のエンディングを迎えられるんですね。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      ケガ人が多い多いといえど、ちょっとパッツが精細を欠きすぎまして、内容的には昨年のレベルには行かなかったですね。
      私もレイ・ルイスを応援してますが、なんせ相手がSBは5勝0敗の祭典無敗のアンダーテイカー的な強さを誇る49ers。
      もうフラッコは信用してもいいのか、悩むところです。

コメントを残す