2013年2月26日放談:映画の原作使用料ってバカ安いのね

こんちは、放談の時間です。
みなさんは、お金が好きですか?私は好きです。(当たり前)

お金といえばJETSは新GMが前GMのアホ契約の数々を整理すべく、奮闘していますが、次はホームズのエージェントと接触して、契約の見直し交渉をすると見られています。
前シーズンはほぼ全休みたいなものですし、重症を負ってホームズの価値もかなり下がりました。かつ問題児の上に年齢が年齢なだけにホームズ側も強く出れないでしょう。

て、事で今回はお金の話。

[SPONSORED LINK]

 


以前にJETSのチアリーダーの小池絵未さんも出演したバラエティ番組「ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」が面白いです。
いろんな業界の著名人を呼んで裏話的を発表する番組なのですが、結構ぶっちゃけてます。

そこで、一番興味を惹かれるのは、やっぱりお金の話。日馬富士も相撲のお金の話をしてましたし、かつて小池さんもチアの給料の安さをぶっちゃけてました。

で、先週の回で話題になったのが、興行収入58億円の大ヒット映画「テルマエ・ロマエ」の原作者、ヤマザキマリさんのぶっちゃけ。
その内容は、こんだけヒットした原作の使用料がたったの100万との事です。

最近、漫画が原作の映画やドラマが多いので、私も気になっていたところなんですけど、生みの親である原作者に払われる金額がこれだけ安いとは驚愕でした。

 

しかも映画がどんだけヒットしようが、金額upもなし。それどころか映画のキャンペーンでノーギャラで営業に行かされるなど、散々な目にあったとの事。

しかも100万円の原作使用料の決め方が、ある日突然「原作使用料として100万円ぐらい入金されるからよろしくね」と出版社に言われ、金額も勝手に決められていたと語っていました。

 

漫画業界をぶっちゃけてしまった漫画「バクマン」では、脱サラしたリーマンが始めて書いた漫画がヒットして貯金が1億円をすぐに超えるという夢のあるエピソードがありましたが、テルマエ・ロマエはその逆で、暴利をむさぼる出版社や業界の恐ろしさを垣間見ました。

まぁ映画化したら単行本が売れて、印税が入るので儲かるんでしょうけど、それでも原作者の命であるアイデアが100万円で勝手に売られるのはヒドすぎますね。

 

そして、この全国へのぶっちゃけがネットでもかなり話題になってるようです。
http://news.livedoor.com/article/detail/7442593/

かつ、テルマエ・ロマエは続編が作られるとの事。
http://news.livedoor.com/article/detail/7363020/

この出版社を敵に回すような原作者の命がけのぶっちゃけが、少しでも還元されることを祈っています。

 

ところで、この「JETS狂の宴」も、有名ブログなどをまねて広告バナーなど張っています。
これで、どれだけ儲かるか聞きたいですか?

・・・・・夢を壊すので言わないほうが、いいでしょう。(´д`lll)
せめてブログを維持するためのサーバー代の足しにでもなっておくれ、って感じです。

給料が大幅にupしたグッデルさんが「JETS狂スバラシイ!」とか言って、1億ぐらい寄付してくれないだろうか・・・・

  1. 好きなチームは特にないです より:

     使用料のリンクですが、下の続編のリンクになってます。
     原作使用料の少なさはひどいですね。原作者を通さず、映画製作側と出版社側で勝手に話を進めてるケースがほとんどのようですね。

    1. JETS狂 より:

      好きなチームは特にないです さん>
      ご指摘ありがとうございます。修正OKです。
      この件に関してはさらに、海猿の原作者の佐藤秀峰さんが詳細な事情をつぶやき、以下のNEVERまとめで見れます。
      http://matome.naver.jp/odai/2136162769072278901
      原作使用料の安さは本当の話のようで、佐藤さんは行政書士を雇って交渉を行い、使用料が10倍になったとの事。

      佐藤さんは以前にも海猿に関して、テレビ局側が許可なく勝手なことをやったので、もう映画の続編を作らせないと主張。
      他にも作家の権利守ったり、相談相手になったりと作家の生きる道を助ける活動をし、まさに漫画界の海猿となってます。

      映画の原作使用料も印税みたいに、興行収入に比例して何%をプラスするとかにするべきでしょうね。

  2. Passive Aggression より:

    はじめまして。いつも楽しくブログ見せてもらっています。

    少し前のがっかり・オブ・ザ・イヤー関連でネタが浮かんだので、かなりブラック(?)・ジョークですが、よかったら読んでください。

    最近めっきり見なくなった、前M党とうしゅがSキョ中によく言っていたセリフ
    「皆さん、S治に必要なのは、ケツダン5です。」

    あ、てっきりサンチェスは背番号5だと勘違いしていました。にわかファンですみません。普通のネタになってしまいましたが、一応コメントで送らせてもらいます。

  3. YM5 より:

    十両以上の関取に対して協会から支払われる給料に加え出場給(=ファイトマネー)に、人気力士に有名企業から出される懸賞といったボーナスを加えると力士はかなり儲かりますが、給料が支払われない幕下以下の力士は7試合(取り組み1番で1万)×6場所で42万しか稼げない厳しい世界でもあります。(部屋に住み込みだし親方を初め援助してくれるので生活費の心配はありませんが)
    それに、引退しても親方になれば弟子の成績が悪くても解任はないし、不祥事さえ起こさなければ定年である65歳の誕生日まで安泰という結果が出なければ即解雇というNFLのコーチから見たら夢見たいな職場です。

    一方、NFLチアの給料が恐ろしく安い事やハーフタイムショーはどんな大物でもノーギャラ(但し支給される「交通費」がいくらかは不明)というのは我々ファンから見れば常識ですが、そういうところはやはり知られていないのでしょうね。

    しつこいですが、儲けるならTシャツやキャップなどの哀れ!クレメンス!グッズをサンチェスを初めとするJETSの選手に着て貰って、そのクールなデザインがバカ売れし、ついにはメットライフで行われる第48回スーパーボウルで日本人で初となるコイントスを務めるくらいの事をエイプリルフールで書いても罰は当たらないでしょうw

    デショーンがピンクのイルカという意味不明日本語アパレルを愛用してるんだから、哀れ!クレメンス!も受ける可能性はある……はず、多分。

    スーパーボウルは夢としても、JETS狂さんがメットライフでコイントスをする姿は結構期待してますよ。

    1. JETS狂 より:

      YM5>
      素敵な計画ありがとうございます。
      しかし!アリエナイ!!!それにしてもクレメンスってまだラムズに居られるんでしょうかね?

      私がメットライフでコイントスって、この1年弱の間にいったい何が起きるんだ!?ヘ(゜∀゜*)ノ

コメントを残す