ブレイディ契約延長!JETSに与える影響は?

nfl_u_brady_gb1_576

nfl_u_brady_gb1_576

ごとでは無い
コンバインやってますね。みんな足がバカ速いのが目立ちます。

そんなさなか怨敵ペイトリオッツにてブレイディが3年契約を延長し、パッツに40歳まで所属する事が内定しました。
JETS側としては、衰えというものを知らない魔人が2017年までパッツにいる事は嬉しいやら、悲しいやら。

この契約がJETSに与える影響はあるのでしょうか?

[SPONSORED LINK]

 

1.当然、脅威
まずはブレイディが40歳になるまでパッツに所属するということは、ブレイディ&ベリチックのAFC東首位を指定席としているコンビが2017年までAFC東に居座り続けるという事で、JETSのSB制覇が遠のきます。
(このコンビから首位を奪う!という考えに及ばぬネガティブ思考)

かつ、この契約のもう1つの効果は2013年と2014年に合計15Mものキャップスペースを生み出し、FAの引きとめに影響します。

その対象となるのが当然、WR”ウェス・ウェルカー”。肝心なところでの落球が増えたと言っても、ブレイディのメインターゲットとしては欠かせぬ存在。
ウェルカーとも再契約で、パッツはますます磐石となるでしょう。

 

2.エリートQBにしては安い
これまでの契約だとブレイディのキャップは2013年と2014年は各21.8Mで合計43.6Mだったが、これらの年俸を30Mのボーナスに切り替えて3年延長。

ブレイディのキャップの計上額は5年間で毎年13M~15M(2015年以降のベースサラリーは10M以下の見解)となって、2013年と2014年に15Mのキャップスペースをあける事になり、ブリーズやマニングの1年約20Mなどと比較すると、安い年俸となります。

さらにブレイディは向こう3年の報酬が全額保障。かつボーナスとして30Mを前倒しでもらい、結果的に旧契約より3M増額。
チームの悩みも解消され、ブレイディ個人もウハウハ。当然、かなりの信頼が無いと出来ない契約です。

ここで引き合いに出されてしまうのが我らがマーク・サンチェス君。
アホな前GMタネンバウムが2012シーズン開幕前に3年40.5Mの契約延長で、計5年総額58.25M(保障20.5M)の無謀な巨額契約をしました。

同じ契約3年延長でもブレイディは27M。ブレイディが高齢とはいえ、これまでの功績やパフォーマンスをサンチェスと比較すると、サンチェスとの契約は笑いものです。

ブレイディの契約はこれを見直す材料となるか?

  1. ブーマー より:

    ご無沙汰です。
    解り易く解説頂きまして感謝です。
    しかし、私が愛するJETSのGMは、私がこれまた愛する
    阪神と類似点が多いです。ファンが過激であることも
    さることながら、契約内容と成績が合致していないw
    誰とは言いたくないがハイサラリー、ローパフォーマンス。
    ローサラリー、ハイパフォーマンスは殆どなし。
    なぜなら、高給者を使わざるを得ないので。
    JETSの場合は高給者だからといって
    サンチェズに拘らず、今年のシアトルみたいに
    ツカエルQB選択して欲しいです。
    それはそうと、2013ドラフト9順指名でしたっけ?
    MLBが第一候補なんですかね。ジーノスミスって
    RG3を超える逸材なんですかね?それとも
    ジャマーカス級のバストなのかなw

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      ゴルストン大失敗以来にひさびさに10位内に食い込みましたね。9位となりゃあれもこれもGET可能でウハウハって感じ。
      しっかしチーフスがアスミスを取ってドラ1がQBで無いと、9番目とはいえジーノ・スミスが落ちてくる可能性もありそうですね。
      ポケット・パサーなのにコンバインで40yd走4.59をたたき出したとか。
      こういうのってバスト臭がしますな。
      ジーノ・スミスをカーディナルスに取られても、次点のマット・バークレーが必ず来ますね。しかしUSCはちょっとねぇ。
      まぁJETSに関してはGMが変わったので、ベタにOLB採りになると予想しています。

コメントを残す