2013年3月8日放談:汚染列島、猛威を振るう飛散3兄弟

こんにちは、きまぐれコーナーの放談の時間です。
最近、暖かくなりました。春ですねぇ。ランニングもやりやすくなりそうです。

と、思っていたら、今年の春はもう最悪のようです。

[SPONSORED LINK]

 


ご存知かと思いますが、中国からやってくる大気汚染「PM2.5」の脅威で、西日本は大迷惑をこうむっております。
政府は「ただちに影響は無い」と言っており、これには「後で影響あるんじゃねーか!!」とツッコミたくなります。 政権変わってもやっぱり先送り体質。

そしてチャイナ自体も大気汚染問題は深刻化しており、何でも北京に1日いるだけでタバコ1日21本吸ってるのと同じくらい体に悪いと言う話もあります。(まぁそんだけタバコが体に悪いと言う意味にもなりますね。)

東は放射能、西はPM2.5と日本列島に逃げ場がもう無いですな。

これに加えて、毎年飛んでくる黄砂の問題もあります。PM2.5+黄砂のチャイナ汚染コンボは、発ガン物質を生み出すとかというウワサもあり、無視できぬ存在。

暖かい春なのに、洗濯物も干せないし外で遊ぶときもチャイナ汚染を警戒せねばならない。
しかも、大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君」のサイトは重くて全然つながらない。もっとサーバー増強しろよ。。

 

さらに、花粉の季節。私は花粉症では無いですが、花粉症の人を見てると本当にツラそうです。近代においても対策が対処療法しか無いなんて、どんだけ恐ろしいのでしょう。

春で本来ならウカレポンチになる季節なのに、日本列島はPM2.5、黄砂、花粉の「飛散3兄弟」に汚染されまくっております。

春なのに~~春なのに~~♪(´д`lll)

コメントを残す