2013年3月10日放談:進研ゼミのマンガがw。

こんにちは。基本フリーダムな放談の時間です。
勉強してますか?私は嫌いです。

拾いもののネタですが、進研ゼミのマンガのひとコマが面白いのでPOSTします。

[SPONSORED LINK]

 

 


「うそ69点・・・」という事で、主人公は69点という点数は誰にも言えないぐらい恥との事。

「恥ずかしくて言えないのは数字の方じゃないのかい?」と、すぐにシモネタに走ってしまいそうですが、「平均点ぎりぎり」と言っているので、この点数は成績として恥という理解が正しいでしょう。
(他に点数のチョイスは無かったのか?)

69点が誰にも言えないぐらい恥ずかしいレベルなら、その平均以下のクラスの半分の人らを、普段いったいどういう目で見ているのか、非常に気になりますね。
かなり見下しているイヤなやつのような感じがしますが、まぁ通信教育のマンガなので、そこはご愛嬌。

 

進研ゼミのマンガって私が小学生の頃からも勝手に家のポストに入っていましたし、誰でも見たことがあるものですが、これを「NAVERまとめ」で見返すと、進研ゼミをやって幸せになれるのは、元からある程度の学力と優しい先輩や友人、もしくは彼氏彼女的な異性が必要のようです。
参考リンク:【これで受験も恋愛も大丈夫!】進研ゼミの漫画まとめ

つまりアホで友達がいない奴は、そもそも救われないんですね。私を含めて、世の中の大半がそんな感じかと思いますが。

やはり世の中、ある程度の才能や環境ありきでないと成功しないんですな。(´д`lll)

 agon:JETS狂的イメージ図

  1. Passive Aggression より:

    アイシールドの阿含とかブリーチの藍染そう介のキャラは、個人的には惹かれてしまう性分が、僕にはあります。
    (ちなみに僕はPATSファンではありませんが、ベリチック&ブレイディの鬼のような虐殺ダメ押しは、戦術や能力からいって結構評価しています。{ネタにもなるしね。} 逆に兄者なんかをもどかしく感じることはあります。)

    つぶやきを見て、「シード権が上の方に選択権を与える」ですが、とても共感しました。『面子が決まった後で対戦相手を選べる』ぐらいの特典は、第1シードと第3シードに与えてもいいと思います。直前のプレイオフでも、DENはレイレイ引退表明でまとまってきているBALよりも、シーズン終盤で勢いが落ち気味かつプレイオフにそんなに強くない印象のHOUを選びそうな気がします。

    さらにいうと2~3日後に発表ってことにして、他の3チームに揺さぶりや準備に余計な労力を割かせるってくらいのことをしてもいいと思います。

    まあ、選ぶ方には責任が生じ、選ばれる方には(選ばれなかった方にも)モチベーションに出来るという利点が生じるという点もありますが、見ている側としても盛り上がれると思います。

コメントを残す