昨年ドラ1”クイントン・コプルス”をOLBへコンバート

ny_g_coples_cr_576

これが狙いだ!

ティーボウが見事にウェイバーを通過いたしまして、FAとなりました。
本当にみんな要らないんですね~。せめてWWEから声がかからないものか。

で、今回の話題はドラフトで取り損ねたLBの話。
[SPONSORED LINK]

 

 


JETSのD#は強固とはいえ、近年の悩みがパスラッシュの弱さ。特にOLBにキープレーヤーを欠いております。

チャージャーズからOLB”アントワンン・バーンズ”を獲得し、”カルビン・ペイス”が戻ってきたとはいえ、やはり若いパスラッシャーが必要。
なので、ドラフトでOLBを獲得すると思っていましたが、DT”シェルドン・リチャードソン”を獲得するもののLBは獲得しませんでした。

「おいおい!まだゴルストンの影を引きずってのかい?」と思っていたら、昨年のドラ1DE”クイントン・コプルス”をOLBへコンバートするニュースが報じられました。

 

たしかにコプルスは身長198cmの巨体に関わらずコンバインで40yd走4.7秒を叩き出したアスリート。おまけにハンドテクに優れており、かつRBを片手で捕まえて引きずり倒すパワーも持ち合わせており、OLBとしても活躍を期待できます。

さらに言うと両腕にエゲつない焼印があり、顔も怖い。昨シーズンはコルツ戦にて脅迫まがいの悪質なフェイスマスクで天才ラック君に圧力かけてました。
 (((((((( ;゚Д゚))))))))

そういえば”カルビン・ペイス”もカーディナルス時代にDLからOLBにコンバートした途端にブレイクした経緯がありまねす。

ただパスカバーも重要な仕事になるのでコプルスは現在の体重132kgから絞る必要があります。

 

JETSのDLは”サイオン・パウア”と”マイク・デヴィト”が抜けて弱体化が予想されましたが、コプルスがOLBに入るとなると、DLの布陣は”モハメド・ウィルカーソン”、”ケンリック・エリス”の2011年ドラフトコンビに加えて、今年獲得した”シェルドン・リチャードソン”。

そしてILBは重鎮”デビット・ハリス”と、昨年ドラフト3巡の”デマリオ・デーヴィス”。そしてOLBに”アントワン・バーンズ”と”クイントン・コプルス” & バックアップに”カルビン・ペイス”という布陣になります。

一人コンバートするだけで、ドラフト上位ばかりの強力なフロント7が誕生です。
こりゃ頼もしい。

Sもこんな具合になんとかならないか。
(ならねーよ。)

  1. カート小判 より:

    やはりジェッツの勝ちパターンは強力ラン&堅守だと思います。

    今年のOLとRB(かなり不気味でもある)でランが出るのか心配ですが、D#はミリナーとコプルスの活躍次第で面白くなりそうですね。

    1. JETS狂 より:

      カート小判さん>
      まさにそのとおりですね。特にブレイディを倒すにはO#の時間削って、かつD#を疲労させる。そして、こっちのD#を体力全快の状態でぶつけるしかないです。
      本当に昨シーズンの1戦目は勝ってましたよ。あれは本当にプレーコールのミス。
      今シーズンこそ2勝してみたいです。

  2. pb29 より:

    ところで、ブレイロン・エドワーズはどうなったのですか?

    1. JETS狂 より:

      pd29さん>
      ちょっと前に前向きに契約を検討しているニュースがでましたが、その後何もないですね。
      毎日ティーボウ、ティーボウです。。

      1. pb29 より:

        ありがとうございます。
        そうですか、今年もオフェンスはどうなることやら。
        昨年は、ヒルに期待していたのですが・・・

        ティーボウは、TEとして安くで再契約ですね・・・

コメントを残す