元JETS LB”バート・スコット”が引退&その他

20747_NpAdvSinglePhoto

転職Can’t wait

元JETSのILB”バート・スコット”が引退を表明。そしてCBSスポーツの番組に出演する事が報じられました。

[SPONSORED LINK]

 

▼元JETSのLB”バート・スコット”転職
2009シーズンから2012シーズンまでJETSのD#の要として活躍し続けたILB”バート・スコット”が引退を発表。
そしてCBSスポーツで放送される 「CBS pre-pregame show」に出演する事が報じられました。

 

2011シーズンからJETSのランD#が弱体化し、その一因がバート・スコットの衰えでした。2012シーズンには既にトレード要員でしたがトレード先が見つからずそのままチームに残り、2013シーズンにキャップスペースを空けるためにカットされました。

これまで他のチームから声がかかる事を待っていましたが、一転して引退し、CBSの番組出演する運びとなったわけです。

 

スコットのTV番組の出演は以前、日本のJ-SPORTSでも放送している「The・Real」の「多発するプロスポーツ選手の破産」に関する回でスーツ姿で登場。私はそれを見ましたが、柔らかい物腰で語るところを見ると、結構TV慣れしてるみたいでした。

 

バート・スコットの経歴に関して説明しますと、彼は2002年にドラフト外でレイブンズに入団。
入団後4シーズン目にLB”レイ・ルイス”がMaddenの呪いで負傷し、その代役として活躍し2006年にプロボウルに選出されます。

2008シーズンは全16試合に先発し、LB”レイ・ルイス”に次ぐチーム2位の82タックル、1.5サック、2ファンブルフォースの成績でリーグ2位の守備力を支えて、レイブンズのAFCチャンピオンシップ進出に大きく貢献しました。

そして2009年にレイブンズDCだった”レックス・ライアン”がJETSのHCに就任するやいなや、ライアンはまず彼を引き抜いてJETSに招集しました。

つまりHCになり立てのレックス・ライアンを助け、D#のスキームをチームに広める腹心的な重要な役割だったわけです。

 

そして一気に注目されたのが2010シーズンのディビジョナルプレーオフで怨敵ペイトリオッツに勝利した後のインタビュー。
チャンピオンシップのスティーラーズ戦への意気込みを聞かれた時に言い放った「Can’t wait (待ちきれん)」というフレーズがyoutubeでアホほど再生されました。
http://www.youtube.com/watch?v=QJshw2Axsqc#t=11
このフレーズはJETSの練習中のかけ声やライアンの記者会見、そして球団職員まで多用し、ブームとなります。
ちなみにこのフレーズで本人も冷やかされまくって、「ブームが去るまで、気にしないようにする」とコメントしていました。

 

まだまだプレー出来るんじゃないかと思うのですが、引き際というのも大事です。バート・スコットの今後の活躍に期待しております。
長い間、お疲れ様でした。

 

▼その他のニュース
・第3戦のQBは”ジーノ・スミス”の先発が濃厚。
・FB”レックス・ヒリアード”がIR入り。FBの先発はドラフト7巡”トミー・ボハノン”。
・ジャガーズを先日カットになったWR”モハメド・マサクワ(Mohamed Massaquoi)”を獲得。
→2009年ドラフトにて2巡でブラウンズが獲得した選手。

コメントを残す