今週のAFC東:Week14

Dolphins vs. Steelers

とにかく誰かイルカを止めてくれ

久々に勝利したJETS。しかしイルカさんが負けてくれないと意味がありません。

そんなイルカさんの対戦相手はスティーラーズ。
そう、先週HCがフィールドにちょっとはみ出してリターンを妨害した、あのスティーラーズです。

しかしながら、イルカさんを止めてくれる可能性があるのは確か。
ここはスティーラーズの奮闘に期待したいところです。
[SPONSORED LINK]

 

▼ドルフィンズ 34-28 スティーラーズ
フィールド一面が真っ白で、マイアミっ子には不利な状況かと思っていたら、そうでもなかった。
タネヒルはポラマルにPIC6を献上するも、TE”チャールズ・クレイ”へ2TDパスを決め、自身も45ydのロングスクランブルを決める活躍を見せる。

試合は取られたら取り返すシーソーゲームとなるが、ドルフィンズが6点リードでスティーラーズO#の最中にタイムアップ。
あとはダメもとでラグビーのようにラテラルパスをつないでわずかな望みに賭けるが、なんとこれがTDまで行ってしまいスティーラーズが奇跡の大逆転を見せる!!

しかし、TDを決めた”アントニオ・ブラウン”の足がサイドラインから出ていた事が発覚し、TDは取り消し。

ドルフィンズがスティーラーズを倒し、プレーオフ進出へ前進しました。

逆にスティーラーズはほぼシーズンエンド。おつかれさんでした。

 

▼ペイトリオッツ 27-26 ブラウンズ
またもパッツの得体の知れない神がかりな力を見せたこの試合。
前半はまったくO#が機能せずパッツ無得点。さすがのブレイディもフィールド上でイライラをみせ、サイドラインでは頭を抱えて座り込む始末。

後半から反撃を開始するも頼みのTE”ロブ・グロンコウスキー”が足にタックルを喰らって今期絶望の大ケガを負う。

しかもパッツの追撃から逃げるようにTDを重ねるブラウンズ。
パッツは試合終了1分前にTDを決めるも21-26。決まったところを見たことが無い、バレバレのオンサイドキックに全てを託す。
がしかし!!なんとオンサイドキックに成功し、O#を奪う。

それでも残り1分でタイムアウトなしで敵陣40ydからのO#という厳しい状況。
だが、パスインターフェアラスも手伝って、最期はラスト30秒でWR”アメンドーラ”へTDパスを決めて奇跡過ぎる大逆転勝利!!

相変わらず後半からの巻き返しが神がかり的なパッツ。
しかしグロウンコウスキーのシーズンエンドという代償は大きすぎたか。

 

▼ビルズ 6-27 バッカニアーズ
既にシーズンエンド同然のビルズはバッカニアーズと対戦。
バッカニアーズは地上戦をRB”ボリー・レイノン”、空中戦をQBグレノンとWR”ヴィンセント・ジャクソン”が支配し、前半で24点の大量得点。
逆にビルズO#はマニュエルがINTしまくり、さらにリーヴィスにサックされるなど見たこと無いプレーまで出されて沈黙。

結果、前半の大量得点を引きずりそのままバッカニアーズが勝利です。

  1. HJ より:

    Steeleresの最後は劇的でしたね。
    ああいうプレーであんなにうまくいったのはじめてみました。
    足さえ出ていなければ。。。もっと劇的でしたね。

    Patriotsの最後のインターフェアは解説者が「これは違う」と言っていました。あれがファールになったなんてディフェンスはかわいそうですね。
    こないだのお返しかもしれませんが。。。

    いよいよ大詰め、目が離せませんねー。

    1. JETS狂 より:

      HJさん>
      長いようであっという間ですね。残り3試合ですよ。
      スティーラーズもバイキングスも本当にあと1歩で負けてしまい、これが勝てるチームと負けるチームの差ってやつなんでしょうか。
      とにかくJETSはパンサーズ、ブラウンズを撃破して、なんとかドルフィンズとの最終決戦に臨みたいところです。

  2. ブーマー より:

    JETSはモバイルQB苦手だとおもいますが、
    パンサーズには勝てる気がしております。
    ブラウンズもなんとか行けるかな。
    そしてプレイオフの芽が出てきたところで
    イルカにボコられる気がしてなりません。
    そしてレイブンズ・チャージャーズも残り対戦相手が
    厳しいのでイルカの滑り込みみたいな歯がゆい思いをして
    シーズンエンドかな?
    いずれにしても毎年のことですが
    9-7で数チームが並びそうですね。

    1. JETS狂 より:

      ブーマーさん>
      そのとおり、動き回るQBは苦手のイメージがあります。
      ティーボーしかり、キャパニックしかりヤラレてきました。

      しかしシーズン終盤まで芽を残したとはいえ、JETSは絶望的ですね。
      ここまで来たなら、せめて勝ち越してシーズンを終える事に期待します。

  3. ミネソタの方から来ました より:

    ウチの不甲斐なさに言及がございましたので失礼いたします
    最後1分ぐらいでの大逆転負けは今季4回目なのでもう慣れました・・・
    ファンみんなして「やっぱり」「知ってた」の合唱でございます・・・

    1. JETS狂 より:

      ミネソタの方から来ました さん>
      やっぱフラッコは「持ってる系」という解釈をした方がいいですね。
      今シーズンもプレーオフに行ったら、ルーキーイヤーから連続プレーオフ出場記録をまた更新です。
      フラッコのくせに生意気な。

  4. duke13 より:

    ちなみに、ヴァイキングスはその後更にパターソンの79ydsレシーブで再逆転しているのですよ。
    ただし、45秒残したために再再逆転されましたがね。

    あれ見た時に、もう今季はどこにも勝てないと思いましたわorz

    1. JETS狂 より:

      duke13さん>
      あれまだ続きあったんですね。しかし、アレから再逆転してそれでも勝てないって、神がかり的な弱さですね。。。。

コメントを残す