Conference Championships -NFC-:49ers vs シーホークス

CORRECTION NFC Championship Football

CORRECTION NFC Championship Football

雌雄を決するライバル対決

NFCのチャンピオンシップ(以下、CC)は、昨年に続きスーパーボウル出場を狙う49ersと、HC”ピート・キャロル”が率いる最強D#のシーホークス。

AFCのCCが2000年代を引張ったベテランQB対決に対して、こちらはキャパニックvsウィルソン という新時代のQB対決という対照的な図となりました。

そして、AFCのCCは両者ミスの無い締まった試合だった事に対して、こちらは初っ端からモメンタムの行方が分らないターンオーバー連発の荒れ模様。

果たして、夢の舞台へのチケットを手に入れるのはどっちだ?
[SPONSORED LINK]

 

▼簡単な内容
もうコレで統一
[引用:NFL JAPAN]
シーホークスは最初のオフェンスでいきなりQBサックから のファンブルロスト。自陣深くでターンオーバーを献上し、先制FGを許す。さらに第2QにもTDを決められ、前半を3対10とリードされて終了。第3Qに 入ると、前半不発だったランニングバック(RB)マーション・リンチが40ヤードTDランのビッグプレイを決めて同点とするが、直後のシリーズでTDを許 してしまい、13対17と追う展開のまま第4Qに突入する。

 勝負の第4Q早々、シーホークスは敵陣35ヤード地点からFGを狙いに行くが、ここでタイムアウトを取ると第4ダウンギャンブルに変更。クォーターバッ ク(QB)ラッセル・ウィルソンからワイドレシーバー(WR)ジャーメイン・カースに35ヤードTDパスが決まり、この試合初めてリードを奪う。

 さらにシーホークスはINT奪取で得たチャンスからFGを決め、リードを6点に拡大。その後、49ersに残り30秒で自陣18ヤード地点まで攻め込ま れる危機を迎えるが、ここでエンドゾーン内に投げられたパスをコーナーバック(CB)リチャード・シャーマンがはじき、それをラインバッカー(LB)マル コム・スミスが拾ってインターセプト成立。激戦に終止符を打った。

 シーホークスは、QBウィルソンがパス25回中16回成功、215ヤード、1TD。計4サックを浴びるなど相手守備の激しいプレッシャーにあいながら、 試合最初のファンブルロスト以外はターンオーバーなしの手堅いプレイで勝利に貢献。RBリンチはラン22回109ヤード、1TDと攻撃をけん引し、守備陣 も最後に連続INTと勝負強さを発揮して同地区ライバルを撃破した。

 49ersはQBコリン・キャパニックがラン11回130ヤードと機動力で大活躍も、パスは24回中14回成功、153ヤード、1TD、2INT、1 ファンブルロスト。3つのターンオーバー全てを第4Qに献上と、ここ一番でミスを連発してしまった。また、RBゴアがラン11回14ヤードのみと完全に抑 えられたことも響き、2年連続のスーパーボウル出場をあと一歩で逃した。

 

▼スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
49ers49ers (12-4-0) 3 7 7 0   17
シーホークスシーホークス (13-3-0) 0 3 10 10   23

  1. YM5 より:

    コメントが遅くなってすみません。

    Facebookでも書きましたが、本当にSEAはディフェンスは見ていて楽しい!何度も言う通りGGD以外でオフェンスよりもディフェンスの方が楽しみなチームに出会えるとは思いませんでした。

    シーホークスの強さは何なのか?
    後半を見れば十分分かるでしょう。

    キャパニックが罠にはめやすい相手だった事も大きく影響したと思いますが、ビックみたいに予想外のプレーで数回やられても他の奴は抑えればいい。

    それを徹底していましたね。

    キャパニックにはランでやられてもゴアのランは許すな、別にパスは上手くないから投げられても必要以上に恐れるな。

    コーチのメッセージがチームに浸透していれば崩れない、それを感じました。

    ちなみに、前半で4サックも受けたウィルソンですが、後半はノーサックでしっかりと修正しているし、ここも評価すべきですね。

    それに、サックを食らったシーンも大半はコールが悪かったからだし、ブリッツ対策という課題は残りますがスーパーボウルまでに修正してくれると期待します。

    泣いても笑ってもあと一週間!最後の決戦を楽しみましょう!

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      まさに最強D#が兄者の老獪なO#にどこまで張り合えるか楽しみです。
      若いチームを逆手に取った策を仕込んでくるでしょうね。
      気持ち的にはどっちも勝利して欲しいんんですけど、やっぱりAFCだし、残念ですが私はブロンコス寄りですかね。
      とにもかくにも寒波は避けて、BESTな試合を見せてくれる事に期待するのみです。

コメントを残す