DL”モハメド・ウィルカーソン”に5年目契約オプションを行使

Muhammad Wilkerson

キャップの正しい使い方

近年のドラフト1巡でのDL連続獲得は効果が出ており、サック数は伸びないものの強力なフロント7を築いております。

そして、この度は3年目終了のDL”モハメド・ウィルカーソン”に5年目への契約オプションが行使されました。 [SPONSORED LINK]

 


2011年ドラフト組は3年目が終了し、今シーズンはルーキー契約の最終である4年目に入ります。

なので、普通ならば2014シーズンが終了後にFAになるのですが、新労使協定が施行された2011年より、ドラフト1巡の選手に関しては3年目終了後に5年目の契約オプションがあり、つまり5年目を契約するかしないか、チームは選択できるのです。

そしてこの度は、JETSが2011年ドラフト1巡(全体30位)で獲得したDL”モハメド・ウィルカーソン”に5年目のオプションが行使されました。

これによりウィルカーソンには5年目にあたる2015シーズンに696万ドルのサラリーが保障されます。

 

思えば2011年から始まったJETSの暗黒時代ですが、ウィルカーソンはその中でもファンブル・リカバーTDを決めるなど際立っていました。

さらに、2012年では”クイントン・コプルス”(後にOLBにコンバート)、そして2013年はDLの活躍のみならずRBとしてもTDを決め、新人王を獲得した”シェルドン・リチャードソン”と、ドラフト1巡で獲得したDL陣が活躍しており、リーグトップクラスのランストップを誇っています。

彼らの活躍があってこそ、QBレーティング8.3を記録するようなクソQBでも、勝率5割以上をキープできるのでしょう。

2014シーズンも前シーズン同様のパフォーマンスが期待できそうです!

(その分、DBは不安ですが。)

  1. NJ住み より:

    ランに関しては攻撃も守備もリーグ屈指の活躍が期待できますね!
    問題はやはりパス攻守ですね
    ジーノにも二年目の進化があると信じたいですけどたぶんないでしょうから思い切ってヴィックでいくのもいいかもですね

    1. JETS狂 より:

      NJ住みさん>
      私の心は既にヴィックか、マット・シムズの2拓です。
      ジーノは昨シーズンのWeek01で、D#とフォーク様のおかげで勝ったのに、「俺は神だ」みたいなポーズが気に食わないのが尾を引いております。
      それ以前に、サンチェスが健在だったら確実にジーノは先発争いに負けていた身。未だに彼をパット・ホワイト2号と思っています。
      それにヴィックはケガさえ無ければ全然いけると思います。
      あとの戦力はもうドラフト頼みですね。

  2. スパイガラス より:

    スタジアムに、巨大扇風機を設置しましょう。
    回しっぱなしなら文句も出ないでしょう(?)

    1. JETS狂 より:

      スパイガラスさん>
      もうどっちもパス投げれない状態にすれば、JETSの勝利間違いなし!
      しかし、即刻グッデルが飛んできて、扇風機禁止法が可決されるでしょう。

コメントを残す