現状デプスチェック&クリロナがやってきた

Portugal’s with Newyork JETS

 Portugal’s with Newyork JETS

W杯が終わればシーズンですな

毎日、必死に練習しておりますが、いちいち記事を読むのがしんどい。
そこで、今のJETSのデプスというお手軽な記事があったので、これを紹介します。

[SPONSORED LINK]

2014年一発目のデプス

とあるサイトで勝手に作った現状からのデプスチャートです。 これをブレイクダウン(分析)してみましょ。

2014-depth-NYJ

まずQBですが、これは事前情報どうりジーノ1番、ヴィック2番。3rdは推しメンの”シムズ” vs コネ入団野郎の”ボイド”となっております。

この表は親切にも選手の先発の可能性も色分けしており、ヴィックは当然ジーノよりレベルが上と評価され、このような矛盾もデプスははらんでおります。

 

そして、一番気になるWR争い。練習でも評価が高い”エリック・デッカー”は「Good Starter」の評価ですが、反対側の”スティーブン・ヒル”が「Poor Starter」の赤信号。

このままだと全く成長せぬヒルは2番手に下げて、昨シーズン途中加入の”デビット・ネルソン”が先発する可能性は大です。

 

HBは”クリス・ジョンソン”の加入で層が厚くなりましたが、昨シーズンにドラフトで獲得したFB”トミー・ボノハン”が頼りない。
2009,2010シーズンのJETSの躍進の影には、”エイドリアン・ピーターソン”に新人王を獲らせたと言われる名FB”トニー・リチャードソン”がいましたから、FBというポジションは、絶滅危惧種と言われても意外に重要だと思ってます。

 

OLはLG”ブライアン・ウィンタース”が欠点だと指摘。サンチェスにオケツに突っ込まれた”ブランドン・ムーア”が空いた穴はデカイです。
(オケツだけに)
加えて、2番手がほぼデータ無しの灰色。層の薄さが怖いですね。

 

D#では、DL最前列の3人は鉄壁。2列目のLBは自分が思うより評価低いです。ILB”デマリオ・デーヴィス”をちゃんと見てるんですかね?

 

 そして弱点のDB。2番手がほぼ灰色。FAで入ってきたクロちゃんの代役 CB”ディミトリ・パターソン”の評価が高いので期待してます。

FSにドラ1″カルビン・プライアー”、その下にグロンコウスキー封じの”アントニオ・アレン”。その下にはイーグルスのドラ2ながらバスト扱いされて移籍したきた”ジャンクワン・ジャレット”。脆弱なDBですが、FSだけはミラクルを予感させる布陣です。

  1. YM5 より:

    僕はサッカーがアメリカでもメジャースポーツとして浸透する事を願っている人間なので今回の交流は大歓迎です。

    公式サイトの写真を微笑ましく眺めつつ、TwitterでJETSが新しいキッカーが加わったようだとか、クリス(Cristianoを僕は英語的にクリスと呼んでいます)の写真を見てティーボウよりいいフォームだという意見に笑ったりしていました。

    クリスはポルトガルのマデイラ諸島の出身で訛りも強いとの事ですが、マンチェスターで長くプレーしていたから英語は普通に話せるしJETSの選手とのコミュニケーションに苦労しないというのは大きいですね。

    ちなみに、Twitterにも載せましたがJETSとサッカー選手の交流は初めてではなく、40年近く前にネイマスとペレがお互いのボールを交換して頭でバランスを取っている写真がFacebookにありました。

    オフの間はネタに走るのが伝統なのか、サッカーが好きなのかはさておき、来年からMLSに参戦するニューヨークシティFCにスペイン代表のエースとして名高いダビド・ビジャが加入するのでメットライフにご招待とかありそうですね。

コメントを残す