Why!?CB”エリク・ランクスター”カット!&容赦なきドラフト切り

15326890-mmmain-rs
ただでさえCB不足なのに?

開幕ロースターが決まったと思ったら、1日経つと各チームでロースターの入れ替えが激しく行われております。

しかし!CBが枯渇してるJETSにおいて、納得いかない動きがありました。

バックアップとしてDBを支えてきたCB”エリク・ランクスター”がカットです!

[SPONSORED LINK]

CB”エリク・ランクスター”カット

 CB”エリク・ランクスター”と言っても「誰やねん?」という反応が普通だと思います。

ランクスターはJETS4年目の選手で、STのリーディングタックラーです。

今年のプレシーズンでは先発も勤めておりましたが、戦力的には正直なところ先発レベルにはモノ足りないです。

しかし、若手が多く層が薄いCBの中での存在は重要だと思っていましたが、この度、突然のカットとなりました。

彼の抜けた穴に入ったのが、ILB”A.J. Edds” 。ここにきてILBの層を厚くする理由は、壮絶な地上戦が予想される初戦のレイダース戦のためでしょうか?

あと、先日カットしたCB”LeQuan Lewis”をプラクティス・スクワッドに入れました。

 

ドラ6WR”クインシー・エヌンワ”カット

ドラ6QB”タジャ・ボイド”がカットされましたが、またもドラフト組をカットしました。ドラフト6巡WR”クインシー・エヌンワ”をカットです。

そして彼と交代するようにロースターに入ったのが、CB”Phillip Adams “。

彼は2010年ドラフト7巡で49ersに獲得されましたが、その後はパッツ、シーホークスなど渡り歩くパッとしない選手。どうやらGM”ジョン・イジク”がシーホークス時代に彼と面識がある関係で、JETSに引き入れたようです。

しかしながら、ミリナーがレイダース戦に出場できない場合の先発候補であった”エリク・ランクスター”をカットして、こういう中途半端なCBを引き入れるところに納得できない部分が大きいですね。

 

ドラ5ILB”エレミヤ ・ジョージ”をカット!

まだまだ動きます。ドラフト5巡のILB”エレミヤ・ジョージ”をカットしました。PICKが多かったとはいえ、これだけ直ぐにドラフト組を切るのは初めてです。
これが新GM”ジョン・イジク”の手法なんでしょうか。

彼の抜けた穴に代わりに入ったのがWR”Walter Powell。
彼はカーディナルスがドラフト6巡で獲得し、いきなりカットされました。そして、ウェーバーで流れてきたので獲得しました。

 

まとめ

バラバラに伝えられたニュースをまとめてお伝えしたのですが、整理すると、、

 

IN:WR”Walter Powell” ← →  OUT:ドラ6WR”クインシー・エヌンワ”

IN:CB”Phillip Adams ” ← → OUT: CB”エリク・ランクスター” 

IN:ILB”A.J. Edds” ← → OUT:ILB”エレミヤ・ジョージ”

プラクティス・スクワッド:CB”LeQuan Lewis”

 

・・ということで、3ポジションを入れ替えたワケなんです。
うーん、長きに渡るキャンプの存在意義は。。。

 

追記

その後、WR”クインシー・エヌンワ”と、ILB”エレミヤ・ジョージ”は、プラクティス・スクワッドとして契約。

 

コメントを残す