混戦を制し12チームよ!デテクイヤ!!(AFC編)

なんだかんだでいつものメンツ

今年も勝手な気ままなプレーオフ出場チームのざっくり紹介をします。

非常に混戦となったプレーオフ争いだったのですが、しかしAFCはほぼいつもどうりのメンツがそろいました。

意外にもスティーラーズが3年ぶりに登場とのことで、ブレイディ、マニング、ロスリスバーガー、フラッコとSB制覇QBがそろい踏みです。

そこに対抗するは”アンドリュー・ラック”と”アンディ・ダルトン”の新世代のフランチャイズQB。彼らはSB王者相手に夢の舞台にたどりつけるのか?

AFCプレーオフ出場チームよ!デテクイヤ!!
(まだ、高田ネタ)

[SPONSORED LINK]

 

プレーオフなんざ出て当たり前

2012-Playoffs-Bill-Belichick-Tom-Brady-Sideline-450x275

第1シード

ニューイングランド・ペイトリオッツ

シーズン序盤はドルフィンズやチーフスに大敗するなど不安を覗かせるも、いつもどうりシーズン中盤から攻守にわたり安定して、鬼の7連勝で第1シードをGET。

ブレイディ&ベリチック体制ならばプレーオフ出場は当たり前で、高校サッカーの国見高校のスーパーシードのように、もうプレーオフから開幕戦でいいんじゃないかという状況。
(オイ!)

しかし、近年は全くSB制覇に届かず、それはTE”ロブ・グロンコウスキー”のケガが再発するかどうかで決まると言っても過言でない。

今シーズンこそブレイディは、モンタナに並ぶ4つ目のリングを手に入れることが出来るのか!?

 

忘れ物を取りに行く

Denver.Broncos.Break_.Scoring.Record-rs

第2シード

デンバー・ブロンコス

昨シーズンは第1シードでスーパーボウルにたどりつくも、肝心の決戦の1stプレーからミススナップでセーフティーを犯してしまい、そのまま流れを掴めずシーホークスの前に歴史的大敗を喫したブロンコス。

“ペイトン・マニング”は何としても引退するまでに弟イーライに並ぶ2個目のリングを取らねばならぬ執念で、今シーズンは”ブレット・ファーブ”が打ち立てたNFL史上最多のTDパス508本の記録も抜き、その力は健在。

D#では検尿すりかえ野郎の(まだ言う)”ボン・ミラー”の強力なパスラッシュと、CB”クリス・ハリス”の好カバーが存在感を増す。

今度こそマニングは、念願の2度目のスーパーボウル制覇なるか!?

コメントを残す