Divisional Playoffs4:コルツ vs ブロンコス

payton maning andry luck 2014 playoff
継承者

ディヴィジョナルプレーオフ、最後の試合はコルツからブロンコスに移籍し既に3年目の”ペイトン・マニング” が、今や古巣コルツの顔となった”アンドリュー・ラック”と対戦。

コルツの運命を背負うラックとしては、ここで何としてもマニングを越えなければ未来はないでしょう。

マニングとしても、昨シーズンはスーパーボウルにたどり着きながらも惨敗しただけに今度こそ2度目のスーパーボウル制覇を成し遂げたいところ。

果たしてラックはマニングを超えて、コルツファンからマニングの影を払拭することができるのか?

[SPONSORED LINK]

簡単な内容

[引用:NFL JAPAN]※個人的な感想は「総評」で。

インディアナポリス・コルツは現地11日、敵地でのディビジョナル・プレイオフでデンバー・ブロンコスと対戦。ディフェンスがブロンコスの名クォーター バック(QB)ペイトン・マニングを苦しめ、24対13で勝利した。これでカンファレンス・チャンピオンシップでは、第1シードのニューイングランド・ペ イトリオッツと対戦する。

 コルツは最初のディフェンスでいきなりマニングに1ヤードTDパスを決められ先制点を献上。しかし第2Qに持ち越したオフェンスでランニングバック (RB)ダン・ヘロンが6ヤードTDランを決めて追いつくと、直後のディフェンスではラインバッカー(LB)ジョナサン・ニューサムがマニングをサックし てファンブルを誘発。これをリカバーして敵陣から攻撃のチャンスを得ると、QBアンドリュー・ラックが3ヤードTDパスで締めて逆転する。前半終了間際に はラックのインターセプトからFGを返されるが、前半は14対10とリードした。

 第3Qも約8分半にラックが15ヤードのTDパスをワイドレシーバー(WR)アキーム・ニックスにヒットして追加点を挙げたコルツ。次のドライブでは ラックが2度目のインターセプトを喫したが、ディフェンスが踏ん張ってFGどまりに。第4Qには残り約12分からたっぷり8分近くかけたオフェンスでFG を決め、24対13と再び2ポゼッション差とする。直後のディフェンスでは後がなくなったブロンコスの第4ダウンギャンブルを阻止し、そのまま逃げ切っ た。

 コルツはQBラックが2INTを喫するも、パス43回中27回成功、265ヤード、2TDをマーク。WRのT.Y.・ヒルトンはレシーブ4回72ヤー ド、RBヘロンはラン23回63ヤード、1TDを挙げた。ディフェンスはニューサムのファンブルフォース以外にビッグプレイはほとんどなかったが、マニン グをパス211ヤードに封じる効果的なパス守備で勝利に貢献した。

 敗れたブロンコスは頼みのQBマニングがパス46回中26回成功、211ヤード、1TD、1ファンブルロストと不発。RBのC.J.・アンダーソンがラン18回、80ヤードと奮闘したが、チーム全体で288ヤード獲得に終わるなど、オフェンスが機能しなかった。

 

スコア&ダイジェスト

2015年01月12日 @スポーツ・オーソリティー・フィールド・アット・マイルハイ

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
コルツコルツ (11-5-0) 0 14 7 3   24
ブロンコスブロンコス (12-4-0) 7 3 0 3   13

次ページへ続く

  1. NJ在住 より:

    後に、世代交代やコルツの新時代の始まりなどの象徴と言われそうな試合でしたね

    1. JETS狂 より:

      NJ在住さん>
      元コルツと現コルツのフランチャイズQB対決という構図が、まさに世代交代の象徴となりました。
      マニングらしからぬ内容も、手伝ったと思いますね。
      次にパッツを破るとさらに新世代と言われそうですが、それは難しいだけに試合が楽しみです。

  2. nogi より:

    いつも楽しく拝読させていただいております。
    マニングのブロンコスですが、去年の第7週、コルツのホームでラックに既に敗北済みですね。
    寒さに弱いとされるマニング対策にドームの屋根開放したり、「マニングの時代は終わった」などとディスるオーナーのせいで折角のコルツファンのマニング歓迎ムードが台無しでございました(汗)。

    1. JETS狂 より:

      nogiさん>
      既にラックは勝利していましたか。負けたイメージが強いので失礼しました。訂正しておきます。
      マニングに散々世話になっておいて、クビのケガで1シーズン抜けて、ラックを手に入れたらディするとはひどいオーナーですね。
      そこは尊敬の念を持って戦ってほしいものです。

  3. ブロンコサー より:

    お疲れさまです

    なんだか、レギュラーシーズン序盤から恐れていた結果になってしまいました。
    残念です。

    SBはどちらを応援するかなぁって感じです。

    1. JETS狂 より:

      ブロンコサーさん>
      去年のチャンピオンシップでブロンコスが快勝したパッツが今年はブロンコスに勝ったコルツをボコボコにして、本当に強さって分からないですね。
      私はパッツを応援してはならないので、シーホークスよりでございます。

コメントを残す