【2015:Hall of Fame】バイキングス vs スティーラーズ

夜明けは近いぜよ

猛暑の続く中、開幕はまだかまだかと待っていたら、もうHOFですよ。
あんまり興味がない試合ですが、いつもどうり試合レポの試運転として、軽くお伝えいたします。
(※例によってロースターカタカナ変換マシーンも試運転なので、誤表記にはご勘弁を)

 

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

2015年08月10日 @ファウセットスタジアム

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
スティーラーズスティーラーズ (0-0-0) 0 3 0 0   3
バイキングスバイキングス (0-0-0) 0 7 7 0   14

総評

いつもなら先発には1stチームを入れてくるHOFですが、今回はロスリスバーガーもピーターソンも抜き。あー,つまらん。。

注目は、バイキングスQB#05″テディ・ブリッジウォーター”とドルフィンズから移籍したWR#11″マイク・ウォレス”のコンビネーションぐらいでしょうか。

そのQB#05″テディ・ブリッジウォーター”ですが、スタッツだけ見るとパス5/6回44ydとまずまずに見えますが、チェックダウンやスイングなど ちまちましたパスばっかりから、ラン・アフター・キャッチで稼ぐスタッツ詐欺で、D#を切り裂くような気持ちよいパスはありませんでした。

かつ、決まれば1stDonw更新であろうWR#11″マイク・ウォレス”へのプレイアクションパスは、低すぎる悪球でパス失敗。バイキングスは今シーズンもO#は苦労しそうな感じです。

 

バイキングスはQB#05″テディ・ブリッジウォーター”が最初のドライブだけ投げてQB#04″マイク・カフカ”に交代しましたが、スティーラーズはQB#03″ランドリー・ジョーンズ”が1試合丸まる全部投げました。彼の方がブリッジウォーターよりもいいパスを投げていた気がするのですが、頑張りは実らずTDなし。

しかし、カットがキレキレのRB#13″ドライ・アーチャー”のランには目を見張るものがあり、期待できそうです。
逆にWR#18″C.J・グッドウィン”は両手でボールをガッチリ抱え込んだ体制でなぜかファンブルするという、手品のような不思議なプレーをやってのけました。

あと、スティーラーズといえば、中継の途中でスティーラーズから離脱した選手の紹介をやってましたが、DE”ブレット・カイゼル”、S”トロイ・ポラマル”、CB”アイク・テイラー”などNFL暦10年以上の大ベテランが一気に抜けております。

特にポラマルというスティーラーズD#の象徴がいない事は、今シーズンどのように影響するか気になるところです。

コメントを残す