2015年8月30日放談:ウルフルカーニバル ヤッサ2015 に行ってきた

ヤッサ 2015
ウルフルズ恒例の野外ライブ

富士山のふもとで男 「長渕剛」 が歌うなら、西では関西代表の男「トータス松本」が歌うしかない!

ってなことで、ウルフルズが毎年恒例で大阪の万博記念公園で行う 「ウルフルカーニバル ヤッサ2015」 に行ってきました。

[SPONSORED LINK]

なぜゆえにウルフルズ?

このイベントはウルフルズ休止中を除き、2000年から毎年行っているもので、今回は13回目。なぜ私がそんなオッサンバンドを見に行くかというと、私もオッサンだからです!!

いやいや、トータス松本はCMなどでタレントとしても活躍し続けてるので、予想外に若い人も多く来てました。

 ウルフルズ ヤッサ 2015

「ガッツだぜ」「ええねん」「大阪ストラット」など、未だにTVでBGMに使われるほどの鉄板の曲の多さが関西人にはここちいいです。どれも馴染みのある曲ばかりで、安心します。

 

そして、トータス松本の関西人ならではのグダグダのMC。予定に無いメンバーいじりは当然として、お客に「最後の曲って、聞いたら腕時計見るな、お前!」「お前の裸なんか誰がみたいねん」と客イジリまでする まさに関西色まるだしのライブでした。

トータス松本 ヤッサ 2015

 

あと、関西らしいのがメンバー休憩の幕間に流れる映像。これがゾンビ映画と思いきや、最後にはゾンビ退治にも効果があるという ライブ会場で売られてる物販のCMというオチ。商魂たくましいです。

 ヤッサ2015

 

私は前から10~15列目ぐらいの良席で、全編わたって楽しめました。水着のおねーさんの集団も至近距離で見れて、夏の最後の思い出となりました。

IMAG1245-rs

なんと撮影OKの初ルール

そして、このライブで初めて遭遇したのですが、カメラでの撮影はダメだがスマホの撮影はOKというルール。

携帯が発達しすぎて、もはやカメラ持込み禁止なんて不可能の時代。逆にSNSなどにUPしてもらい宣伝してもらったほうが良いと考えたのでしょうかね。。時代の流れを感じます。

IMAG1276-rs 

IMAG1286-rs

いやー、選曲もロケーションも最高のライブでした。やはり魂ゆさぶる男トータス松本ですわ。

しかし、ライブ会場の万博記念公園を出るときは必ず太陽の塔の前を通らないといけないのですが、闇夜に目だけ光る太陽の塔がめっちゃ恐ろしかったです。。 これはテンション下がりましたよ。
(´д`lll) 

太陽の塔 夜

 

おまけですが、久々にウルフルズらしい新曲のPV「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」をお送りします。
ダンサブルなナンバーに乗せて最後にたたみかける50代の持病のオンパレードにハラがよじれます。

これこそ、もうじき50代を迎えるベテランにしか作れない曲ですわ。。。。

え?、、早くプレシーズンの試合のレポートを書けって??あ、忘れてた!
Σ(・ω・ノ)ノ!

コメントを残す