【ジェッツ】活躍したレシーバーを含み12名をカット

絞っていかねば

プレシーズン3戦目で好パフォーマンスを見せたJETS。しかし、同地区のライバルも好調で好シーズンも死闘が予想されます。

現地火曜日までに75名にロースターを絞らねばならないため、まず試合後に12名のカットを発表しました。

[SPONSORED LINK]

JETS、12名をカット

以下の選手のカットが発表されました。

CB Javier Arenas
OT James Brewer
CB Curtis Brown
C Dalton Freeman
WR TJ Graham
WR/KR Saalim Hakim
WR Austin Hill
WR DeVier Posey
WR Jonathon Rumph
LB Bryan Johnson
TE Matt LaCosse
CB Keith Lewis

→メジャーどころはいませんが、個人的に驚いたのが、昨年にマンゴールドの代わりに先発にも出場したC”ダルトン・フリーマン”のカット。良い印象だっただけにマンゴールドの後釜になるかと予想していましたが、非情のカットです。

プレ3戦目でチームトップの4レシーブで活躍した”DeVier Posey”も非情のカット。意外にレシーバーが多いので、FAやドラフト組を優先した序列でのカットでしょう。

こういう実績以外の序列のつけ方で、先のライオンズ戦で逆襲された”グレッグ・サラス”みたいな良レシーバーが敵に渡るのですな。

  1. びるずだいなすてぃ より:

    フリーマンいただきました。。。(^_^;)

    シムズといい、IKといい、ジェッツ狂さん的には苦虫を噛む思いかと。

    1. JETS狂 より:

      びるずだいなすてぃ さん>
      またビルズ!!!私が目をつけた将来の有力候補を次々と拿捕するとは・・まぁ、リリースしたから仕方ないですよね。。

コメントを残す