【2015プレシーズン04】vs イーグルス

イーグルス事情の方が気になる

プレシーズンも最後の4戦目。ラストは毎年恒例のご近所、イーグルスとの対決です。

4戦目は基本的に2軍試合。選手にとっては開幕ロースターに残るための最後のアピールタイムとなります。

気になるはJETSよりもイーグルスの、ティーボウvsマットバークリー のイーグルス3rdQBの座を賭けた対決。これまでのプレシーズンの内容を見ても、二人の実力はどっこいどっこい。

生き残るはどっちだ!!?

[SPONSORED LINK]

スコア&ダイジェスト

    1Q 2Q 3Q 4Q OT total
イーグルスイーグルス (0-0-0) 3 9 0 6   18
ジェッツジェッツ (0-0-0) 7 10 7 0   24

 

オフェンス

初めてQB#05″マット・フリン”が登場し先発。ダテにロジャース不在のパッカーズを救った男だけあって、2軍相手なら好パフォーマンスを見せて、2TDを記録。

ただ、自陣2ydでのINTは痛かった。これがなければ文句なしだったのだが。

 

意外なパフォーマンスを見せたのが第3Qから登場した謎のQB#08″ジョシュ・ジョンソン”。2008年ドラフト5巡でバッカニアーズに獲得され、いくつものチームを渡り歩いたベテランで、なんでも”マショーン・リンチ”の いとこ らしいです。

なーんも期待せず ボケーっと見てたら この男 すごい。軽く手を振っただけでグーーンと弾丸のようなミドルパスを投げ、コントロールもいい。さらにスクランブル能力が優れていて、判断も早い。 なぜ、こんな逸材が花開かずにいるのか不思議で仕方ない。

2rdチーム相手だから通用したのかもしれませんが、ポテンシャルはなかなかのものです。

スタッツは パス7/12 82yd、ラン7回76ydと好成績。最後、エンドゾーンを目前にヴィクトリーフォーメーションしなければTDを奪っていたでしょう。ジーノと同じタイプに見えて、彼の方がグレードが全て上に見えました。

 

RBではプレシーズン全試合に渡り輝きを見せるラムズからトレードで獲得したRB#38″ザック・ステイシー”。

マメタンクな体型ですが、穴を見つけるのが上手く、横にスライドするようなカットがすばらしい。まるで”レイ・ライス”です。(そういえばDV事件の後、どうなった?)

WRでもプレシーズンで株をあげるWR#18″ウォルト・パウェル”が活躍。さらにWR#17″クリス・オウース”が5レシーブ72yd獲得1TD で猛アピール。

特にWR#18″ウォルト・パウェル”に関してはレシーバーのみならずリターナーとしても優れているので、ロースター入りは確実でしょう。そういえば”ジェレミー・カーリー”はどうした??

 

そして今日も隠れた殊勲者はOL。LB”キコ・アロンソ”も出してきたイーグルスD#相手に、被1サックに抑えてます。

  1. YM5 より:

    アメリカにいる日本人のフォロワーさんがイーグルスのキャンプ見学に行ってティーボウからサインを貰うという快挙をなしとげ、来年の帰国後に見せてくれると約束したのでそういう意味では残念ですが大学レベルのパフォーマンスしかプロでも出来ないならカットもやむなしですね。

    キャンプの時から人気は凄いけど下手との報告を受けていたし、ファンの目から見てそう思うなら首脳陣は尚更こいつはダメと判断するのが自然ですからね。

    取り敢えず、1年後にティーボウのサインと練習中の写真を拝める日を待ちたいと思います。

    1. JETS狂 より:

      YM5さん>
      満を持しての復帰で盛り上がりましたが、やはりパフォーマンスは褒めれたものではありません。
      まずターゲットを探すのに時間がかかりすぎる。そして下手にスクランブルの選択肢を使えるため中途半端なタイミングで仕掛けてロス。
      で、調子に乗ればやぶれかぶれでカバーだらけのところに投げてINT。

      TDパスを決めるシーンもありましたが、味方D#のINTで得た敵陣4ydからのチャンスをO#をTDできず、レッドゾーンまで攻めてINTされモメンタムの波を潰すとなるとマイナス評価は仕方ないでしょう。

      とりあえず記録より記憶に残る男ということで、サインを拝んでおいてソンは無いかと思います。

コメントを残す